So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

Original フードボウル [わんこご飯レシピ]

さて、パフィーズオリジナル、わんこ(&にゃんこ)ボウル第一弾がついに完成!

それぞれのオーナーさんのもとへ旅立ちました。

総勢約20枚!思ったよりたくさんのご注文があり、びっくり。w



日本に戻って来て以来お皿をとーきどき買っていた、「木木の葉雑記店」というお店。

福岡県朝倉市の秋月という城下町にあります。


RIMG0089 (Copy).jpg


「木木の葉雑記」は、店主の Aya さんがそのまま作家さんという、ありそうでない形態。

そこである時、わんこボウルを見かけたのがはじまり。

私は、もともとこんなお皿を使っていました ↓


2016-06-27 18.04.39 (Copy).jpg


それで、木木の葉さんがつくっている、私の好きな白い器の質感でこんなのが欲しいと思い、「こんなのはできません?」と落書き。

そして特注で作っていただいた月ちゃん用がこれ ↓


RIMG0196 (Copy).jpg


1年間ほぼ毎日のように使って今はディッシュウォッシャーでもガンガン洗っていますが、全然無傷です。



それで、「私もほしい」の周りからのリクエストを受け、パフィーズオリジナルを作っていただくことにしたのは半年くらい前(もっと前かも?)。

「こんなのはできます?」「それは難しいです」というようなやり取りを経て、やっとできあがった器たちです。


RIMG0091 (Copy).jpg


いかにも「犬用」という感じでなく、食べものが映え、毎日使ってもあきない見た目。

クラシカル&シンプル、という、イメージにぴったりの焼き上がりでした。



しかしAya さんには、後でわかりましたが非常な苦労をさせてしまいました。

まず、どんな中身も映えるよう、私が「できるだけ白い方がいい」とリクエスト。

これは実はとても大変なことなのです。

なぜかというと、白く柔らかい感じを出すために、「化粧土」と呼ばれる液状の白い粘土に焼いた陶器をくぐらせるのですが...

なかなか濃度は一定にならないそう。

しかも、「できるだけ白く」するには、集めに化粧土を載せる必要があるのですが、化粧土を厚くすると、焼き上がりによりとても細かいひびが生じます。

見えるかな? ↓


RIMG0418 (Copy).jpg


「粉ひき」と呼ばれる製法で、粉ひきファンはこのひびをこよなく愛しているのです。

その時の土の性質や釜の温度の差や外気温により、ひびは生きもののようにオンリーワン。

どう出るかもわからない。だから、これが好きな人からすると、世界にたったひとつ感は最高にあります。

柔らかくなりすぎると欠けることもあると聞きますが、私の持っている Aya さんの他の粉ひきは、そんなそぶりもなく丈夫です。

「一度水にくぐらせてから化粧土を掛けてます。少しでも素焼きの本体と白い土とがなじむように。」 だそうですが、あまり還元を強くするとカタイ質感となってしまうそうで...

「丈夫さ」と「見かけの柔らかさ」を両立するのは至難の業なのですね。

し、か、も。

木木の葉さんの場合、化粧土をかけ焼いたあと、再び釉薬をかけて焼いているのだそう。

だからもしヒビがあっても、表面は釉薬でコーティングされています。

つまり、3回も焼くのです!


RIMG0113 (Copy).jpg


私はもともと、(自然につきものの)不完全さを美しいと思うたちであり、家の中はそんなものがいっぱい。

手づくりの良さはそこなのですが...

もう一つ苦労させてしまったのが、お皿にスタンプしてもらった文字。

そうでなくても、まず形成→第一回目の窯→化粧土→第二回目の窯、と、非常に手間のかかる焼き物という代物。

さらに Aya さんのは、その上に釉薬→第三回目の窯。

そこに、形成の後でスタンプ押し、そして化粧土をかけた後、そのスタンプの文字部分は地の色がでるようにふき取ってもらっているのです。

「写真で確認した時、文字が多い方がかわいいと思った」という私の意見に「私もそう思いました。やりましょう」と言ってくれましたが、終わった後、「これ以上文字は増やさないでくださいね」w

それを聞いて、ああ~、苦労してしてくれたんだなあ~と、しみじみ思いました。

でも「楽しかった」と言ってくれた Ayaさん。ご本人は顔を出すのはしぶっていたけど、出来上がりを確認しに行った時のかわいい笑顔 ↓


IMG_2683 (Copy).jpg


スタンプは、ところどころ、不完全(に見える)押し具合はありますが、機械でなく手作りの良さであり、キレイなのはつまらないと思う人のツボ。

今回注文してくださった、「完全な不完全さ」を愛するテイストのみなさんにはたまらないようです。

気に入ってくださった方々は、ごはんづくりのプロセスをより大切に感じられているようで、パフィーズとしてはお願いして大成功だったと思っています。



そして、「ぜんぜん苦じゃない」といつも言ってくれるけど振り回した人たちが他にも。

まずはパフィーズのスーパーウーマン、Kanako さん。いつもの有能ぶりでこの遊びのようなプロジェクトをひっぱってくれました。

それからもう一人、モニターをしてくれた、 Emiko さん。器を個人的に気に入られ、丁寧なレポートをしてくれました。

張本人である(笑)Aya さんはもちろん、Emiko さん、Kanako さんというこまやかな気遣いのできる人のおかげで、初めて実現したボウルです。

なんとなくこの女子チームは雰囲気がよく、仕事を忘れた受注会でもありました。



RIMG0105 (Copy).jpg

取りに来られなかった人には一つ一つカードを用意してくれた Aya さん。

もともと「おともだち」ではなく本当に「作家さんとそのお客さん」だった私たちですが、今はなんとなく、ほんわかした同志的つながりを(私は!)感じます。

本当に、ありがとうございました。




さて、ちらほらと、「私もほしい」のリクエストをいただいたので、お皿の受注、第2弾を行います。

残念ながら、名前入りはリスクが大きいため、次回以降は名前ではなく食べた後に出て来て楽しくなる別のメッセージをお皿の底に入れる予定です。

また、粉ひき独特の質感や「完全な不完全さ」のリスクについてはちゃんと納得いただいたうえでの受注とさせていただきますね。

犬は土を食べるくらいがちょうどいい、というスタイルの方向きです。

でもこれ、洗いやすいし、中身を混ぜやすくもあり、とても機能的でもあります。


器は、まずは4月22日(日)、福岡市中央区の On the Leaf というグリーンのお店でやるワークショップで見ていただけます。

その日は、天神の商業ビルやオシャレな店舗を手掛けるオーナーさん直伝で、オリジナルのリースを作ります。


RIMG0257 (Copy).jpg


欲張って、わんこやにゃんこの健康について月ちゃん(つまり私w)に質問したいことがあれば何でも聞いていただけるという集まり。

それはそれはハイセンス、でもゆるやかな空間で、リースを作りつつ、お茶を飲みつつ(ワインもあったw)、そしてワンコも一緒に(マナー厳守できる子のみ)、という盛りだくさんなワークショップです。

オーナーさんも気さくな方ですし、私もとても楽しみにしています。

月ちゃんももちろん、連れて行く予定です。

サプリも持って行きますので、その時にご相談受けつつ、必要あればご購入いただけるようにします。

この空間にあのお皿が映えるだろうなーと、それも楽しみにしているワタシです。

こちらが詳細です。

それから23日(月)、福岡市東区のナチュ村千早店でのセミナーでも。

こちらは犬猫の自然療法食を勉強した Emiko さんによる、手作り初心者向けのセミナー。サプリの販売もします。



私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg



nice!(219)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

お知らせ [月ちゃんのこと]

さて、パフィーズのオリジナルわんこボウル。


RIMG0091 (Copy).jpg


早速いろいろな方から、「どこで買えるのですか?」「第2弾はまだですか?」と声をいただいています。

実は~...


手づくりのものというのは、一つ一つ色も形も仕上がりも、ちょっとずつ違う。

それが手づくりの良さで「オンリーワン」な「自然のしわざ」を楽しみたい人にはたまらない点です。

特にこのボウルは、私がわがままを言い「ごはんの映える白い器」を希望し、「粉引き」という仕上がりのスタイルが様々ある(らしい)タイプ。

粉引きファンにはたまらない細かいヒビや、この作家さんの特徴である土っぽさを残した仕上がりは、パフィーズの「犬は土をかじるくらい自然に近く」というコンセプトにぴったりです。

が。が。

作家さんもおっしゃっていますが、たま~に、それが不良品だと思う方がいるのだそうで、基本は器を見たことのある人だけの受注とさせていただいています。

どうしても遠方で、という方は、その辺をよーくご理解いただいた旨にサインいただいてから(笑)お受けする予定です。


幸い(!)福岡県近郊の方々は、パフィーズのイベントが4月22日、23日と続けてあり、ボウルを見ていただけます。

22日(日)は、On the Leaf というそれはそれはハイセンスなグリーンのお店でワークショップ。


RIMG0257 (Copy).jpg


わんこの頭に載せたり首にかけたりも選んでいただける、リースをオーナーさんに教えてもらってつくります。

カフェ併設なので、ほんとにの~んびりと、くつろいでやるワークショップです。

23日(月)は、ナチュ村千早店で、初心者向けわんこご飯づくりとオーガニックハーブの賢い使い方セミナー。

自然療法のわん・にゃん手作り食のコースを受講された熟練外部講師に、フードへのトッピングのアイデアから教えてもらえます。


IMG_0559 (Copy).jpg


どちらのイベントにもボウルを持参しますので、実際に見たい方はぜひ。

イベント参加は遠慮という方は、終了時間前に来ていただければ、終了後「ささっ」と見ていただけます(笑)。

ボウルの苦労話は次回!

イベントの詳細はパフィーズのスタッフブログでどうぞ。


私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg




nice!(205)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

インターペット [日常]

しばらくサボってた間の出来事や月ちゃん・三ちゃんの様子は、前回記事に書きました。

で、記憶が新しいうちに、先にインターペットのことを書くことにしました。

国内最大と言われる、ペット用品の展示会。

海外からも出店が増える傾向にあるというこの展示会(2017年は400社以上が出展)、何もわからない私たち、今回はブースを出したのではなくビジネス来場をしました。

もらったタグには、「メーカー」↓ とあり、ちょっぴりカッコいいような(笑)。



IMG_2804 (Copy).jpg


そうなんですよね。本来は私たちはメーカーであり、マージンがちゃんと出せれば(笑)代理店さんに小売店さんへの販売とかお客様への宣伝をある程度お任せして少しは楽をすることも可能。

しかしみなさん、ご存知かと思いますが、ペット業界のマージンは非常に高いのです。つまり原材料からして安すぎる。

大切なわん・にゃんに、最高のものをあげたいと思うとやはりいいものを使いたいし、ちゃんと研究はしなくてはだめ、あげ方やお食事のアドバイスに割く時間も必要、となり。

普通に右から左にモノを流したい代理店さんからは「そんなマージンあり得ない」と一蹴されるため、なんでも自分たちでやっているのです(涙)。



初日の午後、一般の人は基本いない会場で、比較的ゆっくりと様々な方とお話し、来年の出展をどうするかを考えようということに。

しかし、二人ともペット業界にはなじみがなく(笑)。

福岡で私たちのサプリを置いてくれているサロンさんの紹介で、アニマルズ・アユールベーダという犬用のハーブパックをつくっている会社の方を頼って行ったところ...

Mike さんと会ったHさんも、社長さんも、他の皆さんも、ほんとうに、ほんとう~に、親切にしていただきました。

「もう一人、英語も話せる研究者がいて話が合うと思う」と早速連れて行ってくださったのが、人用・犬用のメディカルハーブの製品を扱う会社の社長さんのところ。

インドに5年も住んでいたというただものではないHさんと3人のショット ↓ 福岡でサロンの新年会をオーガナイズした方が「この3人のショットは貴重!」とビデオを撮っていました。

Mike さんも、(狭いサークルだけど)名前が知られてきた?!


IMG_2803 (Copy).jpg


この方は医学博士という生粋のサイエンティストで、アメリカの大学で研究をしていたそうで、Mikeさんと話し込んでいたので私は二人をそっとしておいたところ... (で、終わった後に3人でコーヒータイム。私は分野が違うけどみな研究者なので学生時代に戻ったような楽しい時間でした。)

この方が、「紹介したい人達がいる」と、今度はまた別のブースへ私たちを連れて行ってくれました。

しかも、「ここです、じゃあがんばって」ではなく、話をする間ずっと付き添ってくださり(涙)。

その後でもまたHさんが「〇〇さんいないかな」と私たちのために探してくださったりで、とにかくびっくりでした。



おかげで、わんこと暮らしていたら名前は聞いたことがあると思うフードやおやつを製造している会社の社長さんや...

私もずっと以前から知ってはいた色々な製品やコースも展開されている会社の社長さんへも、紹介いただきました。

わんこと暮らしていたら、そしてあげる食べ物に気をつけているなら、かなりの確率で知っているような会社ばかりです。

みなさん、温かみがあり、本当に人格者だなあという印象を受けました。

私が一番びっくりしたのは、何かメリットがあるというわけでもないのに、時間を取ってかなり親密にアドバイスをくださった方々がいっぱいだったこと。

製品自体や、Mikeさんの経歴を「〇」と思ってくださったのはあるのかもしれませんが、「信頼できる人からの紹介」というところは大きかったのだろうと思います。



そのラインでいくと、最終日には私の10年来の仕事仲間と国連大学前のオーガニックマーケットをまた視察に行ったのですが...


IMG_2862 (Copy).jpg

Mikeさんと彼女 ↑


それは、すぐ近くにあるパン屋さんに、連れて行ってくれるというからでした。

彼女と私も含めた仲間でやっている「フェアウッド」という活動ではいつもお世話になっているというところなのですが、今度はパフィーズとコラボしたセミナーをここでさせていただくのはどうか、という話をしていたからです。

もちろんまだ紹介してもらったばかりで何も決まってはいませんが、この友人が「私たちとしてもコンセプトに共感して応援しています」というようなことを言ってくれました。

この友人は実は組織でも責任あるポジションにいて、本当はとっても忙しい人。(しかもこんなに仕事ができ私情を持ち込まない人はなかなかいません!)

だけどここでもまた、せっかくの休み、天気のいい土曜日の午後を、私たちのために都内に出て来てくれたわけです。




見返りを期待しない親切、そして「さらり」とそれをする、というのは、できそうでなかなか難しいこと。

そして、志が同じ方向を向いている人とは、瞬時にわかりあえる(ことが多い)。

それは、例えばライフスタイルとか、生き方、大切にしている価値観が似ているということで現れてくることが多く。

この4日間で思ったのは、そういう人を見つける能力を磨くことはとても大切だということ。

なぜなら、そういう人はお互いみんなで助け合おうとするからです。

ほとんど知らないような相手でも、すぐに信頼し、助けようとする。

これが人生において最も最高の財産だと、私はいつも思うし、そういう意味では環境の仕事というのは私に限りない財産を与えてくれるといつも思っています。

私は「群れない」タイプであることに間違いはないけどw そういう人達を見つけお互い助け合うネットワークを構築することは、環境の仕事のおかげでよくしてきました。

個々で独立し、必要な場面で助け合う信頼がある。

私たちにもそんな場所が、ペットの業界でもできつつあることを、うれしく思います。



こんなことを私が言うと語弊があるのかも、ということを承知で書けば(私のブログを普段読んでくださっている方にはわかると思うので)、私が人との交わりにおいて大切にしているのは、「犬(や猫)が好き」というところではありません。

生きものに対する根本的な尊重ができるというのは当然ベースラインですが、犬猫がいるかいないかは、あくまで、「あったら楽しい」のボーナス部分であり、私が大切にしているのは「こんな世の中になったらいいな」とか「こんなのが好き」のビジョンの共有。

犬が好きでも犬という種全体のことは気にしない(またはどうでもいい!)人より、犬が特にすごく好きでなくても彼らの福祉(しあわせ)を自然に気に掛ける人を、私は「近い」と感じるタイプ。

More Than Us とはそのような意味でつけた名前です。

でもこれは、長くなりそうなのでまた今度。

インターペット、よく考えたら宣言していろんな方とお会いできたと思うのですが、東京でイベントや展示会も計画していますので、ぜひその時に!



私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg



nice!(232)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | -

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。