So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

大事なこと 信じること [ナチュラルケア]

さて、パフィーズの「はじまり」の続き。

先代犬パフィーのお話の続きです。


RIMG0002 (Copy).jpg


肝臓にとても大きな腫瘍ができ、もう手の施しようがないという獣医さん。

人生、あの時ほどショックと悲しみに打たれたことは、他にそう何度もありません。

小さな頃のかわいかった姿、もういい歳になってもまだいたずらする今の姿、一緒に行ったいろいろな場所、そんなことを思いだすと、寿命が人間より短いとわかってはいても、やっぱりショックなことに変わりありません。

見た目には何も変わりないようにみえる、いつもの、お気楽な、陽気でフレンドリーなパフィー。

これまでずっと、近くにいても離れていても、私を元気づけてくれた存在が、消えてしまうかもしれない。

涙がぽたぽたと落ち、どうしようもない気持ちになりました。



でも、私が打ちひしがれていたのは数日間。(も、あったかな?私は悲しかったり嫌なことをすぐすっかり忘れてしまう方なのでこのあたりあまり覚えていません... というと周囲からものすごくあきれられるのですが本当です...)

何度も逆境に遭遇してきたことがこんなところで役に立ったのかもしれないなあと、今振り返って思います。

そのころ私は、毎月あるいは各月で(たまたま、なんですが)サンフランシスコ(SF)へ出張がありました。

そのころはSFにいた Mike さん(よく考えたら自分は Mari と改名したので、こちらも合わせることにします!)に連れられ、たくさんあったホリスティック系ペット用品のお店でいろんなハーブ系のサプリメントを入手。


RIMG0062 (Copy).jpg


ホリスティック系では世界最先端に間違いないカリフォルニアです。


「体というのはとても複雑で、医者でも科学者でも予期できないことはまだたくさんある」という Mike さん。

そのころはバリバリの人間用抗がん剤研究者だった彼が言うのですから、それは私に希望を与えました。

(というより彼は、「これだけ薬をおびただしく開発してもガンがなくならない」ことに疑問を覚え、その道とは違う道で役に立つことを選んだわけですが... この話はまた改めて...。)

そしてこの時に私は、いつも逆境にあうと唱えている「Believe no one.... unless....」(自分が理にかなうと思ったこと以外信じるな」というブッダの言葉を再び思いだしていました。

この言葉は、パフィーズのカレンダーにも入れたことがあります。

そして、あまりにも有名な、ガンジーの「Be the change」(自分が変化になれ)。

変化になるには、信じることが必要です。

この世界の何もかもは、思考を持つ存在である人間にとっては、「信じる」ところから始まっていると私は思うからです。

覚悟はする。でも、変化になれるか、やってみる。そのためには、信じることが前提。自分が納得しなければ何かを本当には信じられない。


RIMG0018 (Copy).jpg


実家の両親も、パフィーとワタシを知る周りの人も、みんなみんな、あきらめモード。

それは性格や、これまでの生きてきた軌跡や経験、社会における位置、などなど、いろんな要素があって、信じない人には信じろと命令しても無理なことです。

その中で、信じ、その信じることを実行できるか。

私の人生とは、いつもこんなです(笑)。

この頃近しい人では Mike さんだけが、「この世に絶対XXということは、倫理上のことを別にすると(つまり人を傷つけてはいけない、とかそういう本当に基本的な正しいこと)、そうたくさんない」と言ってくれました。

この時私は、(伝統と天気の重みがついてくる)長い長いロンドン生活を経て、カリフォルニア/サンフランシスコという場所の、他にはない明るさと自由で新しい思考、それに触れ感銘を受けました。


RIMG0097 (Copy).jpg


上の写真は、私がSFで仕事をすませた後、週末、Mike さんとキャンプへ行った時の写真。後に月ちゃんとも行った、Big Sur です。

そしてこのとき、この明るいカリフォルニアという場所、そこに暮らす自由で先進的な人たちに触れる機会があったことが、この頃の私とパフィーを助けてくれたと感じます。

あら?

これを書いていて気づきました。

私はこれまで、パフィーがシニアだというのに、せっかくロンドンからやっと戻ったというのに、また海外出張を毎月していたことにちょっぴり罪悪感を感じていたはず。

でも、そのことが私とパフィーを助けてくれた、と感じたと書きましたね(笑)。

癒しのプロセスは続きますね。

そしてもう一つ。「パフィーと私」のストーリーでなく、「パフィーと私と Mike 」のストーリーだったんだなあと、今これを書いて気づきました。

だからパフィーは、亡くなった時 Mike さんに電話をしたのです(!← 次回以降、ちゃんと説明します(笑))。



うーん、ここまでで、今日はおしまいにさせていただきます。

エネルギー使った(汗)。でも、自分の癒しにもなるんだなあと、改めて思います。

その機会をくださった、これを読んでくださるみなさまに、お礼を申し上げます。

そして、私とパフィーの話が、病気の動物(人も)と向き合っている方の参考に少しでもなれば、こんなにうれしいことはありません。


ins_icon.gif


Mike のつくる、犬・猫のオーガニックサプリメント ↓

RIMG0089(1) (Copy).jpg

nice!(325)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

大事なこと [ナチュラルケア]

さて、この記事を書こうとして何度も挫折し、すっかり遅くなってしまいました。

乗り越えたつもりでも、やっぱり心はそう簡単には忘れないものですね。

先代犬パフィー。

パフィーズの「はじまり」のことです。



ちょうど、「記事を書かなきゃな」と思っていた日。

ゴールデンの8歳の子とお散歩で会いました。

大切にされていた、ラッキーくん。



2017-01-06 14.17.30 (Copy).jpg


飼い主さんは、年を取ったらどうなるんだろうということをとても心配されていました。

「大型犬の寿命は10歳くらいって言われたから... 」という飼い主さんに、「そんなことはありません」というところから始まって。

実は私も、パフィーが7歳のころ、「ゴールデンは10歳が寿命」と言われてショックだったのを思いだしました。

でも、人間もそうですが、動物だって寿命はそれぞれ。個体はそれぞれ。個性もそれぞれ。

そういう可能性もないことはない、でもそうとは限らない、が、シニアと暮らす精神かなあ... と、思います。



パフィーは、それまでほとんど病気をしませんでしたが、12歳くらいから急にいろいろな症状が出てきました。

12歳のころ ↓

112-1288_IMG (Copy).jpg


(今思えば)膿皮症もあったし、ホルネル症候群という理由も治療もないと言われた症状も。

そのたびに、ただおろおろし、病院へ駆け込んでいた私。

そして13歳、定期健診的に血液検査をしてもらったところから、肝臓に「大きな腫瘍があります」。

「肝臓は必要なのでこんなに大きかったら取れないですね...」。

本当に、よくある、「ショックで手足がしびれる」ということを経験しました。

「あと1か月一緒にいられるかもしれないし、とにかくわからない」という獣医さん。

獣医さんもきっとそういうことを言うのはつらいだろうと、今になって思います。

でもこの頃、私は「もう獣医さんにお任せではパフィーを最後までベストに守れない」と決心していました。

高齢なのはたしかです。

でもそこで、どう出るか。

「はい、そうですね。。」と泣き暮らすか、「そうですか、では自分でできることをやってみます」とやってみるか。

それが意外にも、もしかしたら、ですが、ペットの(あるいは人間でも)「寿命」を左右することもあるのかもしれない、いえ、あると思います。

現に私とパフィーの場合がそうだったからです。

今の私に唯一、悔いがあるとしたら、もっと早くから、若いころから、そういう気持ちでパフィーのケアをしていたら、もしかしたらパフィーがもっと穏やかに静かに過ごせてたかもな、と思うことです(あとは、ふかふかのベッドを買ってあげたかった)。

ただ、私もこの話をするのはつらいことも一緒に思いだすエネルギーがいるので(汗)、続きは次回にさせていただきます。

私たちの場合はでも、ハッピーエンドです。


Japan July-August 2003 049 (Copy).jpg




「あきらめずに。お家でできることがある」。

人間もそうですが、言葉が通じないペットはなおのこと、お家でできる限り長く穏やかに過ごしたいと願っているはずです。

それには、自分が強くなり、ペットの健康管理をある程度自分でもやる、という覚悟を決める必要があります。

パフィーズは、そういう想いを込めてサプリメントをつくっています。

ペットの健康管理に対して飼い主さんが抱く不安な思いが、少しでも減るように、という気持ちです。

素材が、品質が... というのも、もちろんですが、なぜそれほど品質にこだわるのか、と言えばやっぱり、すばらしいことを教えてくれるペットたちとの暮らしを、楽しい、悔いのないものにしてほしい、という気持ちが根底にあるからです。

人生、本当に大事なことは、そうたくさんないと思います。

自分にとって本当に大切な存在と、質のいい時間を、どれだけ過ごせるか。

それが、自分が幸せな人生を送ったかどうかの鍵となると思っています。


RIMG0132 (Copy).jpg


だから、やっぱりパフィーズのしていることは、大事なことだと思っています。

それに、幸せな人は周りに寛容です。

そうやって幸せの輪を増やすことが、他の存在(途上国の人や動物や地球という私のライフワーク)を守ることにもつながると思うようになりました。

パフィーのお話、続きます(がんばって書いてみます)。


ins_icon.gif


ずっとお家でケアしたいから♡ 犬・猫のオーガニックサプリメント ↓

RIMG0089(1) (Copy).jpg


nice!(258)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ウィークエンドのガールズ [月ちゃんと三ちゃん]

みなさま、新年のコメント、引き続きたくさんありがとうございました♡

なんだかいいことありそうな、2017年。

月ちゃん家は、ちょっと大きな変化がありそうです。

先週はアスタミアの到着もあり、週末はずーっとバタバタし...

とりあず、写真だけ一枚アップしますね ↓


IMGP4951 (Copy).jpg


新アスタミアでの初の月ちゃんごはん。

忙しかったので(月ちゃんごめん!)かなり手抜きの、きびなごと玄米。

しかしこの忙しい時にこのアスタミアが救世主なのです♡

ひたすらマイペースのこの方にならい、今日はこの辺で失礼します ↓


IMGP4929 (Copy).jpg


ins_icon.gif


ずっとお家でケアしたいから♡ 犬・猫のオーガニックサプリメント ↓

RIMG0089(1) (Copy).jpg

nice!(281)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | -

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。