So-net無料ブログ作成

わんこの健康レベル低下...? [わんちゃんの健康]

みなさま、前回の記事にはたくさんコメントありがとうございます☆
そのことに関連したことは、後半に書きますね。


最近さむ~い日が続いている月ちゃん地方。


002_375x500.jpg


去年寒波が来たときにあわてて買ったウールのセーターをお家では着せてます。
このセーター、デザインが好きで手に取ったのですがオーガニックウール100%、フェアトレードのものでした。
染料も自然素材を使っているらしく、ふんわり優しいにおいがします。

セーターを着たまま寝転んで、初めてのブタミミおやつを眺めてる月ちゃん。


006_375x500.jpg


うちはたまにしかおやつはあげないので、パフィーの大好きだったブタミミ、よろこぶかと思いきや。
大きすぎて噛むのが面倒みたい[たらーっ(汗)]
はさみで少し切ってあげるとようやくおいしさを認識しました。


月ちゃんは好き嫌いがかなりはっきりしてて、普通のわんこであれば喜んで食べるじゃがいもとかもあまり好きじゃないのですが...


001_500x375.jpg


この間作って失敗した[ふらふら]ニョッキ。
どうも、マッシュドポテトにした時点で水分が多すぎたみたい。
ゆでてると溶け出して半分になっちゃいました。
これはゆでてないものを焼いてあげたら喜んでました[揺れるハート]
全部月ちゃんの好きじゃない素材(じゃがいも、小麦粉、卵)なのに... 
へーんなの。   


004_500x375.jpg


人間用の分は、ナルトさんの知恵でチーズをかけて焼いたらお焼きみたいでおいしかった[るんるん]


残り物活用の時、こうして月ちゃんに食べてもらえると得した気分[かわいい]
前回の記事にいただいたコメントにあったように、昔はほんと、お味噌汁とか残り物を食べてても結構わんこは丈夫で長生きでしたよね。
健康な子は、いらない塩分もちゃんと排出できるんだし。


やっぱりたくましかったのかな、と思っていたら、一理ありそうです。
ここから先は、わんこの健康トピックに関係ある方だけどうぞ~。


「特定の外見を追い求めてせまい遺伝子プールの中でヘビーに交配させてるから、現代のわんこは遺伝的な疾患の多い子がものすごく多い」という内容の1994年のタイム誌の記事を見つけました("A Terrible Beauty", Time, December 1994)


1101941212_400_375x493.jpg


血のつながったわんこどうしで交配させるってことは、遺伝的な問題がずっと引き継がれ、その特徴が強化されていくということ。
もうひとつ記事を見てなるほどな~と思ったのは、犬種の特徴とされる外見(耳や鼻の形、足の長さや尻尾の形などなど)をつきつめていくと、その特徴を表すための遺伝子が特定の疾患とセットになっていることもある、ということでした。


この記事は、今読んでいるわんこのホリスティックケアの本に引用があってインターネットで探して見つけたのですが、この本でも現代のわんこの健康レベルがいかに低いかが、せつせつと嘆いてありました。
この本ではその二大理由として、近親交配と粗悪な商業フードをあげています。


082_500x375.jpg


というわけで、遺伝子上のことを考えると、特定の犬種がかかりやすい病気はいろんなところで情報があるので、見ておいた方がいいですね。
特に、親戚わんこが周りに多いという場合、遺伝子プールが狭い可能性があるかも[ふらふら]


記事にも書いてあるんですが「どんな外見が望ましいか」はケンネルクラブなどがスタンダードを決め、アメリカでは「純血種としての登録」をすることが可能になっています。
ただ、その際に遺伝的な問題や健康上の問題はまったく加味されないのだそう。
ブリーダーさんも、なかなかつらい状況であると記事には書いてあります。


こうした問題を根本的に解決するには、純血種へのこだわりをなくすということが挙げられてはいますが、現実的ではないだろう、とも。
(たしかに、特定の犬種の性格的な魅力は、私もあると思うしゴールデンが懐かしい時もありますから...)


そして、雑種なら安心かというと、今は純血種の血の入った雑種(?!)も多いため、まったく安心ではないそうですが、リスクは一般的には低くはなるみたいです。


073_500x375.jpg


カリフォルニアなんかだと、保護犬雑種の方がいい!というカルチャーがあって、裕福な人ほど「明らかに雑種」というわんこを連れていて、それがステータス。
(「私は保護犬雑種のママです」っていうTシャツもお店で発見[あせあせ(飛び散る汗)]
将来的にはそういう方向に進む人たちが増えることが、わんこ全体の幸せだけじゃなく健康にとってもいいことだと言えそうです。
というわけで、これからわんちゃんを迎えようという方は、ぜひ保護犬雑種もご検討を[かわいい]

やっぱり、昔のわんこは残り物で強く生きられたのは一理あるのですね~。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています
nice!(73)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 73

コメント 9

まはな

セーターかわいい~~♪
nice!欄になぜか入りません…でも、「nice!を行っています」と、表示されます…なぜでしょう…
by まはな (2011-01-14 20:07) 

まはな

あれっ!?入りました~
by まはな (2011-01-14 20:08) 

terrybear

ホントにそうですよ!
やたらかけて小さなワンちゃん作ったり、親と子供かけたり
信じられないことして奇形が生まれたらすぐに殺す!
ふざけるな!って言いたいです
この犬が今ブームって言えば親犬がボロボロになるまで生ませて親犬はそのままダメになって
でも、かけることによって温和なワンちゃんになるっていうのはいいと思うけど
マミーはトイプードル飼っているから大きなことは言えないけど・・・
今みんなが考えていかなくてはいけない時だと思いますよ
by terrybear (2011-01-14 20:21) 

わんわん

私はアニーが初めてブリーダーさんから買った犬なんです。それまではお友達のうちで産まれたのを譲ってもらったり、迷い犬を保護したり、里親になったりしていました。なので、そういう実態を初めてブリーダーさんから聞かされちょっとショックを受けました。
今はやたらめったら掛け合わせることが出来ないよう、資格の無い人は仔犬を繁殖できないと聞きました。だから、自分の犬だからと言って気軽にかけ合わせられないらしいですね~いい事だと思います。
by わんわん (2011-01-14 22:15) 

ZZA700

なるほど、近親交配と粗悪な商業フードですか。
思わず納得してしまいました。
by ZZA700 (2011-01-15 00:09) 

ケリー

ここにお仲間入りさせていただいてから
いろいろと勉強させられています。
仲良しの散歩友達グループの中に
保護犬雑種が2匹います!!
by ケリー (2011-01-15 01:31) 

名犬ゴン太・・・の兄

沢山のワンコが幸せになるには、色々課題も多いですね。
少しずつ解決して、幸せな世界になっていきますように・・・
by 名犬ゴン太・・・の兄 (2011-01-15 23:46) 

AngieMom

昨年初めていった英クラフツドッグショー。入り口にHealthy, Happy Dogとバナーを見て、うん? 素人にはHappy、Healthy DOGが普通の語順だろうと思ったので主催者ケネルクラブの意思を感じました。 クラフツといえばずっと毎年BBCがショーの実況中継をしていましたが、2年前にドッグショーが助長する乱交配に警鐘を鳴らし, クラブの適切な対処がないという理由で、放送を中止。 今では民放がドッグフード会社のスポンサーで放映しています。 視聴率競争でなく道義的責任をもつ国営放送にさすがと思いました。
by AngieMom (2011-01-18 21:05) 

youzi

月ちゃんのセーター、とても可愛いですね。
犬種によっては、生まれつき奇形を持っている子たちも
多いようですね。
耳の形と言うと、耳がたれている猫ちゃんは奇形の一種の
ようですね。
本来の形とは違った形にしているので、無理がでるのでしょうね。
柴ちゃんは日本犬だし、犬種に多い病気とかもないものだと
思っていましたが、実はアレルギーの子が多い犬種と聞いて
ビックリした事を思い出します。
これも遺伝によるもののよですね。
by youzi (2011-01-27 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。