So-net無料ブログ作成
検索選択

猫の耳、犬のスープ [ナチュラルケア]

前回の、お耳への反応が思ったよりあったので(笑)...

今度は猫バージョン♡


IMGP5459 (Copy).jpg


三ちゃんも、きれいです。

実はうちに来てから一度も耳掃除はしたことがありません。

これまた、セルフクリーニング。まだ若いしね(2歳くらい♡)。

昔読んだ本によると、肝臓が自然にする仕事を人工的にやろうとすると、工場何個分に値する、というような説も見ましたが、体ってすごいですね。


毛並も、先日家に来た10年来の仕事仲間が「おー、栄養が... 行きわたってる感じ...」と表現したくらい、つやつやと光ってます。

(ただし彼の言うのは「ちょっと太ってない?」という意味だったらしく、今日からダイエット実施中。)


IMGP5461 (Copy).jpg


とはいえ、この子は「治らない」猫風邪ウィルスに冒されている身ではあり、そのせいか?時々涙目になったり、けほけほ言ったり、心配させることもあります。

ノラちゃんだったから... というよりは(←猫風邪ウィルスに関してはノラ時代があったことが理由ですが)、生きものは、そんなものなのかもしれませんね。

どんなに管理して健康体にしようと思っても、人間には予測もできない、コントロールしきれない部分もやっぱりあるのが自然の生きもの。

それは人間含めて、です。

だから、毎日を大切に、大切な存在と一緒にいる時間を大切に、過ごしたいと思います。


とはいえ、バウンシーをあげているのでそんな安心感はあり、なおかつ猫風邪症状は来た当初に比べるとほとんど治まってきました。

猫ちゃんで気になる腎臓系や泌尿器系も、バウンシーの得意な分野。

食べない時は我が家ではお口に押し込んでしまいます。


IMGP5146 (Copy).jpg


モデル(三ちゃん)がいいせいか(笑)、キャッツも徐々に人気が出てきているようで、先日はお一人がこんなにご注文いただいたそう ↑

ありがとうございます♡ 猫ちゃんたちのその後が気になります。



食事の後の月ちゃん ↓


IMGP5350 (Copy).jpg


気合が入ってます!



さて、前回書いたアレルギー・皮膚病の件ですが、今年はなんと、昨年の猛暑のせいで花粉が2.7倍になるというではありませんか(ほんとかな?)。

「アレルギーは、毒素を排出しようとする体の反応の現れだ。」は、Mike さんの説ですが、「毒素」の一つとなってしまう花粉の量が増えるということは、体が処理するものがそれだけ多くなってしまうということ。

今年は気を付けた方がよいかもしれません。

人間もそうなんですが、アレルギー含め、多くの症状が根気強く「ファスティング」をすると時間はかかりますが治まってきます。

(ただ、良くなったのはわんこの例しか見たことがありません。アレルギーを持つ周囲の人でそこまで意思の強い人がいないため(笑))。

ファスティングとは、「絶食」ですが、それではハードルが高いという方々のため、パフィーズでは「デトックスマンデー」と称して月曜日にはお魚 OR ベジ OR スープでファスティング、を行っています。(猫ちゃんの場合は難しいのでほぼ犬&人間が対象です。)

こちら、昨日の月ちゃんのメニュー。月ちゃんはもう何年も続けているのでこの日は「スープ飲んだらさっさと寝る」習慣になってます。


Detox_pic_20170206 (Copy).jpg


やってみたいな...と思われていた方、今年こそ!チャレンジしてみませんか?

レシピに興味のある方は、下のFBページへどうぞ。


FaceBook-64.png


こちらは私の日常 ↓

ins_icon.gif


犬・猫のオーガニックサプリメント ↓

RIMG0089(1) (Copy).jpg
nice!(217)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。