So-net無料ブログ作成

ユーロ離脱とトランプ [日常]

さて、3月最後の日です。

フライブルグにたくさんあった石畳マークの Selfie シリーズ ↓


IMG_1868 (Copy).jpg



いっぱい撮ったので少しずつ載せようと思ってたらまだ数枚しか[あせあせ(飛び散る汗)]

しかし、これを見ていてどうしても考えてしまうのが...


離脱しましたね、イギリス...[がく~(落胆した顔)]

いや、する、とはわかってたけどこうして通告を手渡してるのを見ると、「あちゃ~[たらーっ(汗)]」という感想です。

ポンドが安くなるのもあちらの仕事がある場合には困るし、それより向こうの友人たちが心配です。

先日は Westerminster のテロがあったし... 離脱の大きな要因が移民を排除する空気だとすると(でもそれはロンドンではないのですが!)、テロと離脱はつながっています。

近くのシンクタンクに勤務している私の親友に「大丈夫?」とメールしたところ、「昨日テロがあったということは今日が一番安全なはずなのに、やっぱり地下鉄に乗ってる間すごく息苦しくて怖かった」「世界がこんなことになってしまってとても憂鬱」というメールが...

普段はとても冷静な彼女なので余計になんだか、私も涙が出ました。

いろんな文化を受け入れて、それが魅力だったロンドンだというのに、本当に、ほんと~うに、残念です。

しかも、機能してないとか理想主義とか言われても、EUの政策はやっぱり環境とか社会の面では群を抜いているので... (例えば化粧品の動物実験だって2013年に全面禁止です)。

イギリスは、これからどうなってしまうのかな... 第二の故郷でもあるわけで、私としても気になります。

ん?第二の故郷はアメリカであるべきなのか??(笑)

でもアメリカには3年くらいしか住んだことがなく、しかも「巨大なディズニーランド」であるアメリカは、私にはまだ測りかねないところはあるのです。

アメリカの本当に開放的で自由(だった)空気が、世界に類を見ない先進的なことをする人達を生み出すのも確かです。

が、今は...

連日トランプが(呼び捨て)やりたい放題、想定はしてたけどパリ協定までダメにしてしまったではないですか。

あんなに各国で苦労してまとめ、喜びを分かち合ったパリ協定...[がく~(落胆した顔)]

日本では報道されませんがパピーミルの再来を応援するような政策転換もしてしまったトランプ。

記録保持をやめ、第三者のチェック機能が働きづらい仕組みに変えてしまったのです。

これについては今後しっかりモニタリングしなければ。



実は、真面目な Mike さんからは「会社を経営しているのだから政治については書かないようがよい」と言われていました。

もちろん私がちょっぴりここに書いてたように、彼はトランプが当選した時はショックのあまりニュースを見るのを辞めてしまったのですから考えは推してしかるべき、です。

私も、政治の話は気を付けなければいけないとは知っています(特に欧米では)、が、トランプは「非常事態」。

見るところ、ほとんどの人はほぼ一様に批判しているのですから、そろそろ解禁かな?と。

いつも周囲から「いったいどんな人がトランプみたいな人に投票したの?!」と聞かれます。

特にメディア好きの母は Mike さんを見るといつも、「Mike, トランプってどういうつもり、もう!」と、文句を言ってます(笑)。

「アメリカ人、大丈夫?!」とも。

いやいや、私もびっくりしたのですが、「トランプに投票するってどんな人だろうね」と揶揄した私のコメントを聞いて、知性も理性も常識もあり環境意識も高い人が「トランプに投票した」と言ったのを聞いて、椅子から落ちそうになったのを覚えてます(笑)。

でも、投票したもののメイワクしている人も、どうやらいっぱいいるようですね。

この辺が、Brexit (ユーロ離脱)とすごく似てるなあ。。。

この「似てる」ことがまた、心配です。



トランプについておし黙っている方が、無責任のように思う、と抗議し(Mike さんに)、書いちゃいました。

マイルドに書いてるつもりですが、怒られるかも(笑)。

なのでまたすぐに違う記事をアップしようっと...



ワン&ニャンの写真は、まだまだ募集してますので、ぜひ、お友達にも拡散ください[かわいい]


パフィーズの instagram ↓

35980-O0G8Y9(rev) (Copy).jpg

IMGP5838(rev) (Copy).jpg


nice!(229)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

photos [日常]

明日からまた出張。

仕事をし、月ちゃんのお散歩に行き、明日からの用意や電話を済ませるともうすでに夜。

たまたま電話してきた母に「たまには冷凍ものでもいいわよ!」と励まされたのですが(冷凍もの苦手、味が濃いので)、これから外食(会食?)もあることだし、自分がヘルシーなものを食べたく、結局また料理してしまいました。

今バタバタと数日分の食事(人間・犬・猫!)を用意しつつ、うれしくなりこれを書いています。

うれしくなり、というのは、かわいいお写真がぽち、ぽち、と届いているからです♡

一つだけ勝手に紹介。猫ちゃんの一番乗りです!


2016-04-23 (Copy).jpg


So-net のリュカさん家のあおくん&うみちゃん。

これは二頭一緒のお写真ですが、別々のものもあり、私はついウットリ[ぴかぴか(新しい)]

品があります!しかも、お家がキレイ!(笑)

リュカさん、そしてすでにお写真送ってくださった方々、ありがとうございます~♡

友達も世界各地から写真を送ってくれたりして、いろんなわん&にゃんの写真やエピソードを見ていると、いろいろあるけど(笑)がんばろう!、と思えてくるから不思議です。




ついでに、我が家のワン・ニャンも♪


image6 (Copy).jpg


やたらと敷物があるのは、月ちゃんは上に何かを掛けてもらうのが好きだから。

その「ふわふわ」を狙って三ちゃんがよく侵入してます。


image7 (Copy).jpg


で、ついこんなことも。

猫ってほんと、面白いですね~。新鮮。


ワン&ニャンの写真は、まだまだ募集してますので、ぜひ、お友達にも拡散ください[かわいい]

実はこれを、今年こそはともくろんでるチャリティーカレンダーにも使わせていただこうかと。


パフィーズの instagram ↓

35980-O0G8Y9(rev) (Copy).jpg

IMGP5838(rev) (Copy).jpg

nice!(204)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

バウンシー到着しました! [日常]

品薄になっていたバウンシーですが、本日やっと[exclamation]

日本に到着したそうです[ぴかぴか(新しい)]


IMGP5754 (Copy)(rev).jpg


前回の貨物は11月に来たので、あっという間に無くなってしまってましたね。毎回ひやひやです[あせあせ(飛び散る汗)]

お一人様あたりのご注文数を少なくご協力くださっていたお客様、ありがとうございました!

上品な方ばかりでほんとに恵まれているパフィーズ。

いつも、お礼がしたいなあと思っているのです。感謝・感謝です。



いやあ~、ひさびさに、なりました。

「やること多すぎて憂鬱」病。

やることが多い=チャキチャキと片付けるべき。

なのに気持ちがそこに向かわなくてつい違うことをしてしまう = さらに憂鬱になる。

やること、というより、決めること、が多いとこうなりますね(汗)。

今日も朝から海外と会議してましたが、今それはもうたくさんの決断を毎日しなくてはならず、もともとキャパが広くないワタシは完全にバーンアウトに近い状態です。

ということで、気晴らしに(すみません、自分中心の記事で)、パフィーズの方で集めているリニューアルサイト用の写真をちょこっと紹介しますね。


DSCN0354 (Copy).jpg


パリで会った、かわいこちゃん♡

すっごい幸せそう[ぴかぴか(新しい)]

あの時は楽しかったなあ~。旅行なんて、今は夢の夢です。

でもがんばらないとね。


パフィーズの instagram も実は2013年くらいからあったのです(内緒にしてたわけではないのですが) ↓

35980-O0G8Y9(rev) (Copy).jpg

ほんとに少しの例外を除けば、歴代、SNSはあまり自分ではしない派が多いパフィーズなので、最近になってようやくFBページと連動しました(笑)。

とりとめのない記事、おつきあいいただきありがとうございました。

写真は、引き続き(たぶん継続してずっと)お待ちしてます!

nice!(173)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わん・にゃん写真を募集です [日常]

さて、前回の記事も、長いコメントをいくつかいただき、ありがとうございました。

前回、その前と、いわゆる「炎上」してもおかしくなような記事を書くのは実は私としてもドキドキの部分はあります。

でも、例えば前々回の「犬と赤ちゃんの事故」記事は立場上書かないわけにいかない、と Mikeさんと決めたもの。

そして前回の「商業繁殖・生体販売」の記事はやっぱり人間社会のためにも動物のためにも言い続けなければだめだ、という気持ちからです。

どちらかと言えばこういう記事を、重い腰をあげつつ書いているのですが、リスクの高いトピックは、本来はこういう気持ちで書く方がいいのかもしれないな、と書いてみて思っています(意味不明ですみません)。

感情をできるだけ排除し、相当な時間はかけたつもりでも、自分が論点の弱いところを一番知っているため、ドキドキ、となるわけです。

その分、このブログでは一度もいわゆる「炎上」がないことを思うと、みなさまにとても感謝しています。



真面目なトピックが続いたので、今日は、いつもと逆の写真。

コミカルは三ちゃんと決まっているんですが、今日のは月ちゃん ↓


RIMG0015 (Copy).jpg


月ちゃん、当初から歯が弱いため、こうして固いものをがんばって噛ませるようにしていますが...

あまり根性がなく、これって遺伝的なものなんだなあと思います。



いつもおもしろおかしいキャラの三ちゃんですが、「美しいな~」と思う瞬間ももちろんたくさんあります。


IMGP5730 (Copy).jpg



この写真は黄色がかって見えますが、目がエメラルドブルー。私の大好きな色です。



さて、パフィーズHP、立ち上げ以来(5年以上!)初めての全面リニューアル作業が行われています。

それで、徐々に載せさせていただくためのワン・ニャンの写真を募集中です。


IMG_1819 (Copy).jpg


どこにどんな風にかの採用はこちらにお任せいただくことになります。

「それでもいいよ」という方は、infoアットpuffyslife.com までお送りください♡ (「アット」を「@」に変えて送ってくださいね。)

サイトには写真だけしか載らないのですが、パフィーズ一同でほのぼのしたいので(笑)以下も、よかったら。

① ワン・ニャンのお名前
② 性別
③ 「好きなこと」などワンニャンについて一言

では、Cute & Cool なお写真お待ちしてます~


IMGP5838(rev) (Copy).jpg


FaceBook-64.png


こちらは月ちゃん・三ちゃん・私の日常 ↓

ins_icon.gif

nice!(274)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

商業繁殖・生体販売の意味すること [アニマルウェルフェア]

はじめに、この記事は、簡単に、短く書いてしまうと誤解が生まれる恐れがあるので、前回にも増して(かな?)長いです(笑)。

なのでおつきあいくださる方には最初にお詫びします。


前回の記事、関心が高いトピックのようで、とてもアクセスが多かったようです。

とても貴重なコメントをたくさんいただいたので、少しここにご紹介したく思います。

コメントくださったみなさま、ありがとうございました!個別にお返事しています(この記事を書く時点までのコメントに対しては)。

♡ まず、犬の周囲ではご自身やお子さんに気を付けるようにしているポイントを書いていただいたコメントがいくつかありました。大声を出さないとか、じっと見ないとか、犬と暮らす者にとっては基本的なことですが、意外と知らない方も多く、こうしてもらえると事故も防げます。

♡ 次に、犬に噛まれたり倒されたりという事故があったというコメント。まずは気を付けないといけないな、と改めて思います。そして、それでも(少し不安になる時もあるけど)犬は好き、というコメントもあります。例えばものすごく向こう側に行って(笑)犬をよけて歩く方の中には、「嫌い」ではなく「怖い」という気持ちでそうする方がいらっしゃること、私達としても忘れがちです。

♡ やっぱり犬や猫など動物と、特に小さな子どもとの関わり方は、考える必要があるということに同感ですというコメントも多いです。子どもさんがいらっしゃる方からのとても貴重なコメントがあり、私としても参考になりました。

♡ 動物は本来その動物である、ということを意識して気を付けているというコメントもいくつもありました。大型犬と小型犬の事故しかり、可能性を常にリスクとして意識してます、ということでした。

♡ 最後に、商業繁殖・生体販売、メディアでの動物の偏ったイメージについても、たくさんコメントいただいてます。猫ブーム、「カップサイズ」や小さな体格の犬の繁殖、ペットショップでの価格が上昇している傾向、TVでの赤ちゃんをあやす犬など特定イメージを強調した映像などについて、コメントいただいてます。

今日の記事はこの最後の点について書きたいと思います。


RIMG0866 (Copy).JPG



生体販売・商業繁殖。

まず、私が今日ここに書くことは、「愛玩動物」、いわゆる一般人のペット、についてに限定しています。

要点を先にまとめますと...

① 背景:アニマルウェルフェア(動物福祉=動物の幸せ)の概念は、日本でもここ数年で加速化。

② 倫理的考察1:商業繁殖・生体販売は、「動物全体の幸せ」を考えると、倫理的理由からしない方がよい、すべきことではないと言うことができる。

③ 倫理的考察2:どんなに善意に基づいていたとしても、愛玩動物を繁殖し商業利用することは、「死」という生きものにとっての最大の不利益のリスクをはらんでいるため、人間側の利益がそれを上回らない限り、正当化することができない。そして現状、上回るとは言えない。

④ 倫理的考察3:上記理由の中には、人間側にはより倫理的に望ましい選択肢(保護動物の引き取り)が存在するから、というものがある。「不必要な愛玩動物」がいなくなるまでは、繁殖モラトリアムを行うことが倫理的に正しいと言える。

⑤ 補足:ただし、管理センターへ業者が持ち込みをできなくなった現在、「保護動物」を引き取る善意に、商業繁殖・生体販売をする業者が支えられているという新たな構図も出て来ている。

以下、もう少し説明しつつ書いています。


RIMG0960 (Copy).JPG


① アニマルウェルフェア(動物福祉=動物の幸せ)の概念は、日本でもここ数年で加速化

商業繁殖・生体販売についてはずっと書き続けてきたことですが(このブログでのカテゴリーとしては、「every dog has a story...」に多く入ってます) ...

ちょうど来年2018年は、動物愛護管理法というペットを含む動物の取り扱いについて決めた法律の見直しが行われます。

また2020年のオリンピックに向け、生体販売の地域限定禁止や「殺処分ゼロ」を目指す運動もずいぶんと高まりを見せています。

さらにいうなら、ペットとは違いますが畜産動物のウェルフェア認証も、2016年夏からスタートしています(こちら)。

私がアニマルウェルフェアについてリサーチを始めた20年前から比べると、ここ5年で日本のAWは加速化しています。

法律の改正などの働きかけも経験がありますが、社会的に、そろそろ本気でこのトピックを抜本的に見直す素地は出来てきている、と私は感じます。




② 商業繁殖・生体販売は、「動物全体の幸せ」を考えると、様々な倫理的理由からしない方がよい、すべきことではないと言える

これは、いわゆる「功利主義」と言われる考え方を基礎にした、ピーター・シンガーの理論が基本ですが、とてもシンプルでありながら打破するのは難しい理論です。

(使役動物でなく)愛玩動物に限って言うならば、あえて思い切った表現をすると人間の「(癒しを含めた)娯楽」のため → 人間の「娯楽」という「利益」と彼らが商業繁殖や生体販売で受ける「不利益」を比較する → 動物の「不利益」が大きすぎる

この「不利益」は、死産、ショップに行く前に病気で死んでしまう個体、売れなかった個体、疾患などを理由に売れない個体が処分され死ぬことなどを指します。



RIMG0738 (Copy).JPG



③ どんなに善意に基づいていたとしても、愛玩動物を繁殖し商業利用することは、「死」という生きものにとっての最大の不利益のリスクをはらんでいるため、人間側の利益がそれを上回らない限り、正当化することができない。そして現状、上回るとは言えない。

つまり、人間の娯楽のためにあえて死ぬ個体が出るリスクがあることが分っている「繁殖」をすることは、倫理的に見ると正しいことではない、ということです。

それがどんなにその動物が好きで、自分の繁殖する個々の動物の幸せ(ウェルフェア)にコミットしていても、良心的に大切に繁殖をしていても、そしてどんなにその動物たちから幸せを感じる買い手がいるとしても、です。

動物倫理学的には、生きものにとって「生きて幸せを感じる」ことが利益であり、「死ぬ」ことは一番の不利益である、と考えられるからです。

さらに、繁殖する、そしてあえて繁殖された個体をペットショップやブリーダーから選ぶ理由の多くが、前回の記事で書いた「機能」と「見かけ」のため、あるいは「たまたま」であることも、その理由です。

そして驚くほど多くの場合、「見かけ」重視の購買・繁殖がなされています(大きさ、色、耳やシッポの形など)。

ちなみに大型店舗が中心となってきた生体販売では、個体価格が2倍になっているとの報告もあります。

そのために動物が払う犠牲の中に、その特徴を出すために類似の遺伝子を持つ個体をかけあわせることで生じる遺伝的疾患があることは、前回も書いた通りです。

股関節形成不全、視力喪失、アレルギー、臓器疾患、など、例を挙げるときりがありません。

猫でも、マンチカンは足が短くて(うちの三ちゃんもちょっと短足ですが( ´艸`))「かわいい」のが特徴ですが、その短い脚のために関節が動かなくなったり。

だから、動物を繁殖するということは、「死んでしまう個体」や「遺伝的疾患が出る」リスクを伴う行為であり、それだけの不利益を動物に負わせる正当な理由を人間が持っているとは、一般の私たちが一緒に暮らす相手としての「愛玩」動物の場合に限って議論すると、考えられないからです。

そして、そうした個体に愛情を持っていた人間の方も、悲しい思いをしなくてはなりません。



RIMG0703 (Copy).JPG



これは、すでにペットショップやブリーダーさんから動物を買って現在大切なパートナーとして暮らしている方々や、そのパートナーである動物たちを批判したり偏見を持つこととは違います。

現に私自身も、先代犬のパフィーはブリーダーさんから(両親が)買いました。

その頃はこういう考えに触れておらず、ただただかわいい仔犬を見に行き欲しくなった、というお気楽な選択でした。

ですから、同じように今のパートナーと出逢った人の気持ちもよくわかります。

もちろん、今はここに書いてるような考えを知ってしまったため、個人的に検討はしてほしかったな、という気持ちはなくはないです(笑)。でも、私は今は純粋に、幸せにしているペアを見ると、出処はどうあれ純粋に、愛を見つけられてよかったね、という風に思います。

それに、ある調査によると(週刊東洋経済、2016年9月10日号, p. 86)、ペットショップから動物を買った人のうち1/3強以上の人が、次はショップ以外から、と答えたそうです。


RIMG0946 (Copy) (Copy).JPG



④ 上記理由の中には、より倫理的に望ましい選択肢(保護動物の引き取り)が存在するから、というものがある。

今、「不要」とされる犬猫がいる以上、まずは余剰の個体を生み出すよりすでに存在する個体を引き取る、というのはどう考えても一番効率のいい考え方です。

下は、環境省の発表したH27年度犬猫の引き取り数(ただし下に書くようにここに出てこない個体数は、把握しきれていないため、実際の「不要」犬猫は、もっともっと数が多いです)。


Capture (Copy).jpg



「不要」犬猫がゼロになった時初めて、また繁殖、ということを考えればよい、というのが、一番理にかなっています。

年齢とか大きさとか細かいことはいったん置いておくならば、これは誰も否定しないことだろうと思います。

実際は完全に繁殖をゼロにするのではなく限られた一部の繁殖を認めることになるでしょうが(犬種存続や使役犬の存続を求める声があります)、まずは、私のようなごくごく一般大衆のための「商業繁殖」のモラトリアムはあってもよいのではないかと思います。

ただ、政府が突然、そうしたモラトリアムを設けるとは思いませんし、欧米型と異なる日本の「個人の自由」を尊重する法体系上も、産業界からの反発もあり、ほぼ不可能でしょう。

これはあくまで、「消費者」である私たちが、「何を選ぶか」ということです。

需要が激減すれば、今ペットを繁殖・販売しているビジネスは、他のビジネスモデルに移行できるよう、動いていくはずだからです。

消費者である私たち一般人が、意識して選択を重ね、声をあげていくしかないのです。

ただ、ここにまた複雑な構図が存在しています。


RIMG1133 (Copy).jpg


⑤ 「保護動物」を引き取る善意に、商業繁殖・生体販売をする業者が支えられている構図も出て来ている

例えば、犬猫の「引き取り屋」という商売が存在しています。

ペットショップやブリーダーからの「不要」犬・猫を持ち込めるところです。一頭あたり数万円の謝礼であるとされているそうです(週刊東洋経済、2016年9月10日号、p. 78)。

また、ブリーダー崩壊(多数の個体を抱えきれなくなる状態)などから出る個体を保護→譲渡する、「シェルター」を持っているペット業界協会があるそうです(同上、p. 81)。

さらにそのシェルターに、ペットショップからはペットフードの寄付があるとも書かれています。

「殺処分数が減った」という「事実」も、実は裏側に、以前であれば動物管理センターに持ち込まれていた動物が、いったん別の場所(上記や保護団体など)を通して引き取られていく、という新たな構図を内包しています。

もちろん、犬や猫を直接保護したり管理センターから引き出しをしているボランティアさんの貢献とセットです。

そして、ボランティアさんはいつもキャパオーバーです。

本当は、殺処分自体が減っても、犬猫のサプライチェーンが変わっただけで、死んでいる個体や「不要」個体については同じ、あるいはペットの増加に伴い増えていると考えることもできます。

本来は責任を取るべき業界の「不要」や「売れ残り」の犬猫が、長いサプライチェーンを通して様々な人の善意により「ロンダリング」されるという、皮肉な構図があります。

だから、まずは大元を絶たないとこの問題は解決しないのです。

今の「猫ブーム」「ネコノミクス」が心配なのは、これまでは猫は引き取ったり拾ったりが中心であったのが、ペットショップで大々的に猫を売り出すようになってきたことがあります。

そして、これまでより繁殖される個体が多くなったことです。


IMGP1784_fotor (Copy).jpg


「すべての動物(every dog & cat)」の「利益」を考えよう、というのがパフィーズの Every dog project です(名前は cat も入れないといけないので改訂考案中!)。

そして、これがパフィーズでは当初から、生体販売をしているお店には商品を置いていただかないようにしている理由です。

今商品を置かれているところはみなさん、最初から生体販売はされていないですし、契約の際はこの方針にサインをしていただいています。

ビジネスとしてなかなか大きくなりきれないのかもしれません。

でも、Mikeさんも同じですが、犬猫の幸せレベルを引き上げるために始めたビジネスで、彼らの幸せを損なうようなことには加担できません。


RIMG0023 (Copy).jpg



わかるけど... の「けど」に続くことを考えてみると、自分がどう生きて行きたいか、というクエスチョンにも繋がるトピックであるんだなあとも思います。

私自身のことで言えば、確かに月ちゃんは、愛らしく愛されて生まれてきた幸せパピーちゃんとは違い、予測不可能なこと、面倒な性質、そんな面も持ち合わせていて、いい意味でも私を驚かせっぱなしでした。

でも、そんな月ちゃんだからこそ教えてくれたことがいっぱいあり、私と月ちゃんの絆は深まっていったし私は成長できました。

これが、Giving is receiving ということなのだなあと思います。

三ちゃんの場合は、フレンドリーすぎて「もうけもの!」の一言につきます(笑)。これも、Giving is receiving。

でも、長くなったので、いったんここで終わりにしますね。

またまた長文におつきあいいただいた方、ありがとうございました。

そして、とうとうメディアでの動物の扱いについて書くつもりが、行きつきませんでした!

が、最後、月ちゃんのきれいな瞳で終了です。


265_500x375.jpg



IMGP5838(rev) (Copy).jpg


FaceBook-64.png


こちらは月ちゃん・三ちゃん・私の日常 ↓

ins_icon.gif
nice!(222)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬と赤ちゃんの事故のこと [アニマルウェルフェア]

掲題の事故について、ゴールデンをアイコンとしている私が何も書かないわけにはやっぱりいかないだろうと思い、やっとセミナーも終わったのでここに書くことにしました。

あえてアニマルウェルフェアというカテゴリーに入れましたが、動物の福祉(幸せ)を考える社会というのは弱者の幸せを考える、つまり人間にとっても優しい社会にもつながる、という意味で、こちらにしています。

大変長くなると思いますので、ご興味のある方だけ... お付き合いください。



まずは、この事故のことをご存知ない方のため、1週間ほど前に、ゴールデンレトリバー(4歳・オス・37kg)が10か月の赤ちゃん(女の子)を噛んで赤ちゃんが亡くなってしまったというものです。

ゴールデンは赤ちゃんのお母さんの実家の犬、その事故が起きた時は室内でフリーにしていて、おじいちゃん・おばあちゃんが同室で赤ちゃんと遊んでいる時、突然ゴールデンが問題の行動に出た、と記事にはあります。

普段は従順な犬だった、ということでした。

まずは、短すぎる人生を突然奪われてしまった赤ちゃんのご冥福をお祈りし、複雑すぎる悲しみを抱えていらっしゃるであろうご家族のため、心から哀悼の意を表したいと思います。



IMGP5829 (Copy).jpg



新聞記事やSNSの記事なども見て、今私が考えることは、まずは当事者でないと本当の理由や原因はわからないという視点に立ち、何かを言い切ったりすることはできないということ。

ですから、私の書くことはこの事故に特化したことではなく、この事故を踏まえたうえで、社会全体として私たちはどういうことを目指す必要があるのか?ということです。

主に以下の3点になります。

① 例えばそれが「ゴールデン」というフレンドリーとされる犬種であっても、犬は犬(Canis lupus familiaris)という生物種であって、人間社会では自制をしつつ暮らしているということを、私達人間は忘れがちであるということ。「〇〇は△△」というような、「犬種信仰」が強すぎることは人間にとっても、犬にとっても問題の原因となりかねないことをもっと意識する必要があるということ。

② 犬(や猫、動物全般)にとって人間の赤ちゃんや子どもというのは不可思議な動きをする小さな生きものと映る場合も多いと思われる。動物と赤ちゃん・幼児の関わり方について、もっと社会全体で考えルールを徹底する必要があるということ。

③ 犬や猫は、興味のあるなしに関わらず、すでに社会に存在しているため、彼らを取り巻く状況や関わり方を社会の構成員すべてが学び考える必要があるということ。


RIMG0043 (Copy).jpg


まず、①についてですが、この事故が犬好きの人にとってより大きなショックであったようなのは、これがゴールデンという、フレンドリーで人間好きと一般にはされている犬種であったことが理由のようです。

たしかに、ゴールデンと暮らしていた私自身も、そしてニュースを見てすぐに電話をかけてきた両親も、同じ反応は当初持ちました。

今から考えると、私も両親も、かなりお気楽にパフィーと暮らしていたと思いますし、よく小学生くらいの子どもたちが勝手に入って来てパフィーと遊んでいたこともあり、単に運が良かったのかもしれません。

より野性味の強い(凶暴ではありません)月ちゃんと暮らして私は初めて本当に、犬は犬であり、犬の本能を押さえつつ私たち人間社会で暮らしていることを教えてもらった気がします。

こういう暮らしは犬・猫本来の「自然な暮らし」ではなく、ただ何千年以上も人間と暮らして来て彼らは合わせる術をしっかりと身に着け脈々と受け継いできた、ということです。

犬は特に、人間のベストフレンドと言われる通り、人間を非常によく理解します。


IMGP5843 (Copy).jpg


でもそういう面と、本能的に、衝動的に動いてしまう動物の部分と、両方持っていることを、私たちは普段忘れてしまっているかもしれません。

そこに輪をかけるのがこの犬種へのこだわりと、「ゴールデンはフレンドリー」「秋田犬は忠実」「キャバリアは飼いやすい」「ボーダーコリーは仕事が好き」といったような定義だろうと思います。

たしかに、そういう特性を増長させるために、人間は同じ犬種どうしをかけ合わせブリーディングをしてきました。

ではゴールデンの個体のすべてが、そして彼らの24時間のすべてが、この定義に当てはまるかというと、実はそうではない、ということは、同じ犬種の違う個体と暮らしたことのある方にはわかるのではないかと思います。

私たちは、この Canis lupus familiaris という生物種を人工的に操作しつづけ、その結果得られると期待する特徴に、過剰な自信を持ちすぎていないでしょうか。


RIMG0082 (Copy).jpg


これは、特定犬種を売りたい側からの、「〇〇は△△ですよ」とする影響もあるかもしれません。

これがなくならない限り、犬は犬、猫は猫、ということを受け入れない限り、商業繁殖も生体販売も、なくならないのではないかと私は心配になることがあります。

そして、そういう目で見られることが、人間社会に合わせることを過度に期待されることが、犬猫にとっての福祉(=幸せ)に影を落としていることは、彼らの健康状態を見ればわかります。

私は犬猫の行動学エキスパートではないので、パフィーズで見てきた健康面でしか話ができませんが、遺伝的疾患を持って生まれる犬・猫(特に犬)が多すぎる、その結果薬漬けになり体調を取り戻せない犬・猫が多すぎる。

これは、人間が長い長い間かけ、特に犬に関して「機能(フレンドリーであることもあえて含めます)」を求めすぎた結果だろうと思います。

それが、その機能を過信させるという社会を作り上げたかもしれません。

ある程度は、前述の通り、犬猫を販売している側からの、売るために発信していることの影響だと思います。



次に、② の、 犬(や猫、動物全般)にとって人間の赤ちゃんや子どもというのは不可思議な動きをする小さな生きものと映る場合も多いと思われる、という点について。

これは月ちゃんと三ちゃんを見て毎回思うのですが、①で書いている「犬の本能」は、小動物を見ると追いかけたい、何かしてみたい、というのが基本である、と思っておいた方が良いのだろうな、ということです。

「三ちゃんを追いかけてはいけない」「噛んだり、手をかけてもいけない」ということを、1か月かけて教えましたが、外ではやっぱり猫を追いかける月ちゃんが、家ではそのルールを徹底できているのはすごい、と思うのです。


IMGP5152 (Copy).jpg


月ちゃんが三ちゃんとは基本遊ばない、と決めているのは、もしかしたら遊んでしまうと自制に自信が持てないと思っているからなのかなあ... と思う時があり、それは、私がカーペットに一緒に座っている時にだけ、二頭はエキサイトして遊ぶからです。

三ちゃんは用心深く、また、高い場所に逃げることができるので、今は二頭だけで留守番していても安心していますが、人間の赤ちゃんや幼児には同じだけの判別能力・運動能力はまだありません。


2016-07-29 16.08.07 (Copy).jpg


また、月ちゃんはかわいい見かけのため(( ´艸`))よく「あーワンちゃん♡」と、小さな子が触りたがります。

「ゆっくり来てね」とは言うのですが大抵はエキサイトして走ってしまう小さな子達。

中には手に何かを持って叫びながらやってくる場合もあり、今はたいてい、「あー♡」と興味を示される前にすたすたと通り過ぎるようにしています。

この私の行動は感じが悪いのですが(笑)、月ちゃんが怖くなり吠えてしまうというパターンが多いため、知っている子、保護者が一緒に場合だけ、じっくりと対面させることにしています。

つまり、月ちゃんを見ていると、本当に小さな赤ちゃんは、「どういう物体だかわからない」ようで(笑)怖くない、動き出し特に走り出すと「どう動くか分からない怖い生きもの」でも「追いかけてみたい」となるようです。

しかしそんな事情を持つ犬がいるなんて!と驚かれることも多い月ちゃん家近隣(小型犬がほとんど)。

よく、小さな子を連れたお母さん・おばあちゃんが、「ほらほら、ワンちゃんよ」と視線を促します。

で、「あーワンちゃん♡」となり... というパターン。

子どもが動物に興味を持つのは、本当に素敵なことなので、「ほらほらワンちゃんよ」までは大歓迎ですが、「まずは見るだけね。急に行ってはだめよ。」がセットになっていて欲しい。

これは、シャイな犬と暮らす人共通の悩みでしょうね。

たまに、「ね、触ってみる?」と激励する保護者もいて(笑)、それが聞こえた場合には「すみません、ごめんね」とお断りしますが、犬はみんなフレンドリーと思っているんだなあ... と、危なっかしい気持ちになります。

時々、「あのね、ワンちゃんは吠えたり噛んだりすることもあるからね、気を付けてね」と言ってみますが、たいてい小さなコはそういうことを突然よく知らない人から言われるとフリーズします。わかる!私もそういうコでした!

これはやっぱり保護者の方に知ってもらう必要があるなあと、今パフィーズのスタッフに小さい子に犬猫との交わりかたを教えるための企画書をお願いしているところです。

月ちゃんを、とんでもない犬のように書いてしまいましたが、相手が付き合い方を知ってくれれば、ほら、このように共存はできます ↓


m_DSC_1713_500x281.jpg


よく知っている子たち。月ちゃんが触られるのをあまり好きではないとか、「キャー」と叫ぶのも好きではないとか、いろいろ制約つきでも、つきあってくれました。



Mike さんによれば、カリフォルニアでは小学校低学年で、「犬猫はすべてフレンドリーと思ってはいけない」「正しい触りかたとは」という授業があるそうです。

つまり、飼い主がいない犬猫には触らない、そして飼い主がいたら「触ってもいいですか?」とまず尋ねる。

これは、月ちゃんとカリフォルニアにいた時、そういうアプローチを小さな子から何度もされたので私も知っていましたが、今思えば、月ちゃんが小さな子に反応するようになったのは、日本に戻って来てからです。

相手も、用心しつつアプローチしてくれたカリフォルニアでは、月ちゃんがちょっと「む?!」となると、子供の方で「ごめんね」と出した手を引っ込めてくれたり。

これ、以前からずーーーっと気になっているのでぜひ広めたいのですが、こういう付き合いができる家であれば、保護犬や保護猫を引き取ることも、ハードルは低いはずです。


RIMG0038 (Copy).jpg

↑ こちらも一筋縄ではいかない、保護犬なっちゃん。でもちゃんと、根気よくつきあえば共存できるのだと月ちゃんとなっちゃんは教えてくれました。


つまりこれが③ 犬や猫は、興味のあるなしに関わらず、すでに社会に存在しているため、彼らを取り巻く状況や関わり方を社会の構成員すべてが学ぶ必要がある、につながるポイントなのですが...

ヨーロッパやアメリカの一部(カリフォルニアとかNY)では、犬や猫を見る目が、日本とは根本的に違っているな、といつも感じます。

特にヨーロッパで、電車に犬が乗っているのをよく見ますが、これは他の乗客がそれを許容しているということです。

つまり、犬や猫というのは社会に存在するものであり、それを好きで一緒に暮らしたい・連れて行きたい人がいる。自分はそうでないけれど、(ある程度)どうぞご自由に、という捉え方です。

ただそれでももちろん、欧米でも同じような事故がよく起きています。



少し視点を変えます。

犬や猫と暮らす、ということは、あえて例えるなら車を持つのと同じ、と言えるかなと思います。

小さな頃から、そして運転し出してからはもっと強く、「走る凶器だからね」と両親から言われて育ちました。

犬猫を「凶器」というわけではありませんが、人間でないが故の事故のリスクは、どんな動物にもあることは、しっかり意識する必要はあるのかな、と思うのです。

また、逆の立場からすると、車を持っていない人も、車への対処の仕方(道路を渡ろうとする時に車が来ていたら立ち止まる、など)は基本事項として押さえています。

それと同じで、犬猫は、嫌いでも、興味がなくても、外を歩けばいるのですから、やはり関わり方は知っておいた方が、人間にとっても、いいはずなんだけどな... と思います。

また、例えばノラ猫が嫌いという人は多いようですが、ではなぜそんなにノラ猫が増えているのか、という議論には、そういう人は参加しない傾向があるかもしれません。

「他人の問題」「自分は関係ない」と押しやるだけでは、みんなでよりよい社会を作ることはできないの(この場合ノラ猫を減らすことはできない)だと、理屈では知っていてもついそこで終わってしまう傾向は、日本においては強い気がします。



まとめようとしてもまとまらない記事となりましたが、今回の事故を無駄にしないためにも、犬や猫と暮らす側の人間は、感情的にならず、決めつけをせず、そこから学べることを学びたいと思います。

本当に、悲しい出来事でした。

私が気づいてまとめることができたのは、とりあえず以上です。

長文を読んでいただいた方、ありがとうございました。



追記:最初に書いていますが、こうした事故というのは本当の本当のところは当事者以外には決してわからないものだろうと私個人は思っています。私の書いた「一般的に気を付けた方がいいと思うポイント」というのは、この事故には当てはまらないかもしれませんし、何が原因だったか、誰が悪かったか、ということを議論するのはあくまで私たちの推測にしかすぎず、簡単には部外者にはわからないことがあるだろうと私は思っています。ですからこの記事は、この事故の何かを判定するのではなく、これをあくまできっかけとして、時々起こってしまうこうした事故を将来的に防ぐために一般の私達みんながここから何を学べるかを考えたい、そしてそれによって人間社会に暮らす動物とのよりよい共存を探求したい、というつもりで書いています。ここでは、そのつもりで読んだり、コメントしていただければうれしいです。よろしくお願いします。


IMGP5838(rev) (Copy).jpg


FaceBook-64.png


こちらは月ちゃん・三ちゃん・私の日常 ↓

ins_icon.gif


nice!(292)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

撮影トリップ No. 2 [日常]

3.11 から6年。

まだまだ助けや応援を必要とする人や動物がいっぱいいるというのに、つい遠くなってしまってい日常に埋もれてしまいがちな毎日。


RIMG0083 (Copy).jpg


気を引き締めて、一緒に考えていくことを続けていかなくてはいけませんね。

しかし世界のありとあらゆるところで助けや応援が必要なところがありすぎて、ともすると何から始めたらよいのか... というマヒ状態に陥ってしまいそうな今日この頃です。

地球の状態だって、生きものが過去60%も減っているという状態。

自然・動物をライフワークとしている身からすると、憂鬱にならずに過ごすのは難しい毎日です。

でもそんなことは言っていられない。

まずは日常から。私の場合、できる範囲で「エシカル」な毎日を送ることで、世界各地の人達・動物たちとつながっています。

普段、自分にとって大切なもの、心が惹かれるものは、エシカルなものを買ったり。

何年か前から使ってるオーガニックコットンの復興応援タオルは今もお気に入りの一つ ですが...

img_header_other (Copy).jpg

安全性の確認をしたものだけ出荷、これ見ると、放射能被害は日常なんだなあと、感じます。

この「人災」が重く、暗く心にのしかかったままです。


撮影トリップがしたくなったのは、こんなこととも関係があったのかも。


RIMG0093 (Copy).jpg


便利なこと、新しいもの、それを追求していくときりがなくて。

心が休まる、ほっとする、不便を楽しむ、そんなことも大切にしていきたい、と思っていたはずなのに。

ドイツにいる時に半ば強制的にそんな生活をして、戻ってみたらこのめまぐるしい都会の利便性にまたひっぱり込まれ。


RIMG0099 (Copy).jpg


例えば家の気密性とか、断熱性というのは、いい面もあるのでしょうが、本来は外の空気と似たような空気を吸っていないと、一歩も外に出ない場合は別として、どうしても体調は維持しづらいと思います。

今は埃や花粉や汚染物質が大気中にあるとは言え、それを完全に避けることはできないし、そういう大気にしてしまった(なってしまった)こともまた、風通しのいい家に住んでいれば気づいていくし気にかけていくようになるだろうからです。

シャットアウトするよりも、きれいな空気を取り戻そうという方に、もっとたくさんのエネルギーが割かれたらうれしいな、と思います。


おまけ:前々回の記事の「犬はどんなジャンルの音楽を好むか」。

_93820443_dogsmusic (Copy).jpg

写真:BBCのリンクより

BBCの記事によると、クラシックかと思いきや、ソフトロックとレゲエが一番、リラックス効果が見られたのだそう!

すでに「猫が好む音」というのも研究がされているようです。

----------------------------------

サイトが見られないという問題が発生していた方がいらっしゃるようですが(大変ご迷惑をおかけしました)、昨日からみなそれでてんやわんやしていたので、解決した... はずです!

もし、「チェックしてあげる」と思う方がいらしたら、下の画像をクリックして表示されなかったら、こちらにコメントいただけるとありがたいです ↓

IMGP5838(rev) (Copy).jpg


FaceBook-64.png


こちらは月ちゃん・三ちゃん・私の日常 ↓

ins_icon.gif


nice!(253)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

撮影トリップ [日常]

さて、ここ数日とっても寒い月ちゃん地方ですが...


RIMG0043 (Copy).jpg


自然に癒されることにゼイタクだったドイツの一週間が尾を引いているのか...

最近とってもバブリーで建設ラッシュ、古いものがどんどん壊されていくこの都市にいるのがちょっと疲れるようになりました。

今、日本で唯一人口が増えている都市の一つであり、明らかにそれを見越した建設ラッシュ。

「いいな」と思ってたゆったりした木造建築、何でもない空き地(に生えてた草花)、雑木林。

そういうのがどんどん新しいビルやマンション、住宅に変わっていくのを見ていると、仕方ないとは知りつつも、なんだかストレスを感じるようになりました。

日本は人口が減っていて、高齢化が進んでいる。ということは、本来は建設ラッシュでなく今あるものをどう減らしていくかに注力しなくてはいけないと思うのですが。。。

人にサステナブルライフを推奨する仕事をしているからには、こういう動きに疲れている場合ではないのですが、やっぱり疲れてしまう心を持つこともまた、大切にしようかな、と思います。

しかしこんな気持ちで来週のセミナーで話すことはできない!(来週東京でセミナー)


というわけで、充電をすべく、月ちゃんに本格的なカントリーサイドへつきあってもらいました。

しばらくやってなかった撮影も兼ね、カメラを2台とスマホでの撮影。

とはいえ、私は説明書を読むのが面倒でカメラの勉強を怠っているため、仕事でレイアウトや光の当たり具合は勉強しましたが、あとは完全に勘と雰囲気(笑)。


RIMG0026 (Copy).jpg


やっぱり好きな、Ricoh のカメラ。

Ricoh は、環境やCSRでも優等生なのもあってブランド自体が好きです。

ただ、一番最初のCXはそれこそアラスカだの熱帯林だのと連れてって3年くらいは全然大丈夫だったのに、壊れるのが早くなってる気がして残念。

気に入ったらそればかり使うタイプなので、今のものは4代目ですが、あまりに壊れるのが早いため、レビューなども読んで中古で購入。遜色なしです。



寒くても、そこにちょっぴり控えめな草花が色をつけてくれる今の季節。


RIMG0077 (Copy).jpg


きれいな水が流れているところって、ほっとします。

ついでに言うと、農作業をしている人を見て、この日は心底ほっとしました。

何か生きものとしての本能なのかなと思います。



小さな草花の芽吹きは、元気をくれました。


RIMG0085 (Copy).jpg


出る前は、なんだかほんとにこの商業ラッシュが憂鬱で気分がぼんやりしてたのですが、深々と癒されました。

わんこ・にゃんこ達にもそんな自然のパワーを感じてもらいたく、何でもない草花が芽を吹きだしていた川原にて、撮影。


RIMG0023 (Copy).jpg


途中、月ちゃんが興味を示すというアクシデントがあり、HPには月ちゃんが映ったものを採用しました。

写真の加工は、いつもシンプルに留めているので、今回は、春の植物がいっぱい芽を出している雰囲気を出したくて、サプリメントに入ってるハーブや食べものの名前を並べ、普段より楽しく&ゴチャっとさせました。

お時間ある方は、サイトのトップページ、チェックしてみてください(下の画像をクリックすると飛びます) ↓


IMGP5838(rev) (Copy).jpg


FaceBook-64.png


おまけ:ドイツのログキャビンの食堂 ↓


Photo 2017-02-22 20 42 04 (Copy).jpg


シンプルライフがすでに懐かしく。


ins_icon.gif


nice!(252)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

三ちゃん♡ & ナチュラルケアの軽い話 [三ちゃんのこと]

さて、今度は三ちゃんの写真...

とある日、下で用事を済ませ2Fのリビングへ上がってくると...

月ちゃんとのバトルが始まってました。


IMGP5568 (Copy).jpg


月ちゃんと遊ぶ時、「遊んでね」と、こうやって低姿勢な偉い子。

でもヘンな顔(笑)。

ポルトガルから重いのを抱えて持って帰ってきた大切な私のラグをぐちゃぐちゃにして何をしていたかというと...


IMGP5614 (Copy).jpg


今お気に入りの遊び。

これまたスコットランドから持って帰った私の大切なブランケットの中に入り(笑)、月ちゃんとかくれんぼです。

この遊び、いいんだけど、かなりの確率でブランケット&ラグが乱れてます。



ドイツで wifi を求め歩いて行った村の牧場のわんこ ↓


Photo 2017-02-22 1 22 43 (Copy).jpg


私たちが通る間ずっと遠吠えしてました。

大きな牛たちは、さすがヨーロッパ、広い牛舎が用意されていて、アニマルウェルフェアが徹底してる感じがしました。

そして、林業がさかんな黒い森ならではか、木造建築が古く味があるのがたくさん。


Photo 2017-02-22 1 23 17 (Copy).jpg


私たちが泊まっていたキャビンもこんな感じの木目。

いいなあ~。

自然素材って、人の心を休めると思います。

そしてそれはたぶん、犬や猫も同じではないかと思います。

ここから先は、ナチュラルケア・ナチュラルライフに興味のある方のための情報です:

-----------------
ちなみに昨日のBBCラジオで言ってましたが、スコットランドで犬を対象とした実験で、音楽をかけると圧倒的に立ってる時間は短く、寝そべる時間は長くなる、という結果が出たそう。

実はこれ、パフィー、月ちゃん、三ちゃんと、3頭の一緒に暮らした動物の中だと、三ちゃんが一番顕著(笑)。

気持ちが落ち着かなさそうな時(よくあります)、音楽かけると、不思議と大人しくなります。なので猫にも当てはまるんじゃないかなと思いますが、みなさまのにゃんこはどうですか??


IMGP5428(rev) (Copy).jpg



月ちゃんのベッドにまた勝手に寝てる子。



そしてジャンル別では、(犬は)ソフトロック、モータウン、ポップ、レゲエ、クラシックというジャンルの中だと、どれを好むと思いますか?

ちなみに月ちゃん家では、一番よく聞くのはインディーズ(ソフトロックに入るのかな?)か、クラシック。

さて、グラスゴー大の実験ではどうだったか、答えは次回に書きますね。

でも、音楽もやっぱりいいんだということ。

癲癇の発作など、お薬や食事でもなかなか難しいケースだと、こういうことは絶対に試してみる価値があると思います。

ホリスティックというとつい手作りご飯とかそれこそナチュラルサプリなどに目が行きがちですが、全体のバランスが、何よりも大切だろうと思います。

私たちの場合、サプリメントは「体が病気を治してくれる」という考え方のもとお勧めしているので(今2種類しかないのも、そういう理由です。体をいい状態に持って行く・維持するという考えなのであれこれ迷って飼い主さんがストレスを感じなくて済むように、という理由もあって、今は、シンプルです。ただ、もう少しバラエティはあった方が良さそうだということで今検討中です!)...

少々食生活が完璧でなくても、体がこうしてストレスを軽減したりすることで元気になれば、いろんな症状もおのずと体が治していくことは多いと思います。

自然というのは、ほっておいても良くなろうとする機能をもともと備えているからです。

今、人間のガンの治療でも免疫療法が増えてきましたが、体ってほんとにすごい神秘的なパワーを秘めていて、そのパワーというのは生き物が自然から受け継いで脈々を体内を流れるパワーなのだと、私は思っています。

だから自然の中に入ると体調は良くなるし(実際アマゾンで数か月過ごすという療法の映画も見たことがあります)、体ってすごいのです。

ペットが病気になると、神経質になりがちですが、「全体」のバランスを保つために、ゆったりした気持ちで家を満たす、ということも私は大切にしています。

そして~!すごい花粉ですね....!

とうとうMikeさんが「目がかゆい」と言い出しました!

普段のケアのたまものか、ガールズは全くなんともありません。

さて、Mikeさんの目のカイカイを治すため、今日はバウンシー(人間用の材料しか使ってません)で半日絶食かな( ´艸`)


IMGP4323(rev) (Copy).jpg


ターメリック(うこん)の黄色がきいてるバウンシー。

飲みすぎた夜に、飲んでおくと次の日すっきり目覚められます(笑)。

ただちょっと、デトックスのバウンシーは、アレルギーや薬品大量投入の時期の必需品と思っていただいてるためか、現在すごく在庫が少なくなっております。

必要な方に行きわたるよう、できたら大量のご注文は控えていただけるとありがたいです(勝手なことばかり言ってすみません(汗))。


FotorCreated1 (Copy).jpg


わんこ・にゃんこと一緒にデトックスしませう!


ins_icon.gif

nice!(310)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

月ちゃんと♡ [月ちゃんのこと]

ドイツの写真、パフィーの話とたくさん宿題があるブログですが...

まずは何を置いても、月ちゃん(&三ちゃん.. は別途載せます)との時間♡


IMG_0965 (Copy).jpg


時差ボケ解消の意味もあり、戻ってから毎日、森の中を歩いてます。

お昼もドイツでの習慣をそのまま引き継ぎ、簡単サンドイッチ。

月ちゃんのおやつも持参で、森で静かなピクニック。


IMG_0863 (Copy).jpg



写真撮ってる間に勝手に始めるお月さま(笑)。

とはいえ、電話が鳴ったり、メールが来たりとそうドイツのようにはいきませんが...

月ちゃんと、自然に癒された今週前半です。


森を歩いていたら春をいろいろ見つけました♡


Photo 2017-02-18 13 04 02 (Copy).jpg


今日はトランプ(呼び捨て)のスピーチでしたね。

Mike さんは、彼が当選して以来、ニュースを読むのが嫌になったと言って朝のBBCを見なくなってしまいました(オンラインは読んでます)。

Mike さんはじめ、私の友人達もみな、同じ気持ちでアメリカの未来を心配しています。

しかし、政治やメディアにもともと期待できない日本人からすると、アメリカ人は今回初めて本当に政治やメディアに失望した、ということなのだなーと、Mikeさんを見ていて思う私です。



月ちゃんと春を見つけに行って、ふと、パフィーズのリンクの写真が真冬のものだったことに気づき...

変えました ( ´艸`) ↓ (ところで、この日本特有の絵文字の読み方が最近やっと掴めてきました(笑))

FotorCreated1 (Copy).jpg


春に向けて、わんこ・にゃんこと一緒にデトックスしませう!

毎週月曜日はデトックスマンデー。トライしてみたい方、ファスティングやベジメニュー、お魚メニューを紹介してますので覗いてみてください。


ins_icon.gif
nice!(263)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。