So-net無料ブログ作成
検索選択
わんちゃんの健康 ブログトップ
前の10件 | -

わんわんイベント [わんちゃんの健康]

ご訪問、ありがとうございます[かわいい]

今日から12月ですね。



忘れないうちに... わんわんイベントの写真です。




008_500x375.jpg



一番のりのお客様たち(だったかな?!)。


なにしろ開店と同時にたくさんサポーターのみなさんが(笑)お客様を連れてきてくださったので、写真が数えるほどしか撮れていません[あせあせ(飛び散る汗)]



010_500x375.jpg



みんな、飼い主さんにとってはかけがえのないパートナーであり、友だちであり、時には子どものような存在。



013_500x375_500x375.jpg



それは、できるだけ長く一緒にいたいし、健康でハッピーでいてほしい。



012_500x375.jpg

クールな表情を崩さない看板犬、月ちゃんが写ってます[あせあせ(飛び散る汗)]だけど大好きなジライヤくんやジラママさん、うちの父が来たとたん、豹変する月ちゃんです[かわいい]


その気持ちは私もパフィーと一緒にいて、彼女の健康状態が加齢により維持できなくなった頃、いやというほど経験しています。



014_500x375.jpg



だから、「ずっと健康でいてほしい」「病気を治すためにどんなことでもしてあげたい」という飼い主さんの気持ちは、とってもよくわかるし、そんな不安に寄り添える自分でありたいと思います。



018_375x500.jpg


幸い、サプリメントは、一番乗りでたくさん仕入れてくださったたろはなさんのところでも、わんこ達からのフィードバックはとてもよく... (たろはなさんは、バウンシー&スパンキーのポイントカードを作られていますので、ぜひ行ける方はご利用ください~。それにホリスティックケアカウンセラーのオーナーさんから、直接アドバイスももらえます[るんるん]



041_500x375.jpg

癌細胞を取り除いたムサシ君(以前に書いた「闘病わんこ」の子)、今は手作り食とサプリメントの大量摂取でとりあえずは落ち着いている状態だそうです。むさしくんのブログはこちら



サプリメントを使ってくれている子に会えたり、悩んでいる飼い主さんといろいろお話できたこの日は、ばたばたしつつも楽しい日でした[揺れるハート]



019_500x375.jpg

↑ しつこく、一目ぼれしたはな(羽菜)ちゃんをさわりまくっているワタシ。



supplement_418x375.jpg



みんな、ありがとう[揺れるハート]

少しだけど、被災地へ寄付もできました(利益の10%)。

またいい笑顔に会えますように[ぴかぴか(新しい)]



次は、サプリメント製造の裏話[揺れるハート]「ナルト秘話」にしようかと思います(笑)。


オーガニック・サプリメントの詳細はこちら:www.japan.puffysnaturallife.com

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村



nice!(72)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

感動の再会?とわんこのお好み焼き [わんちゃんの健康]

パフィーのおくすり@カリフォルニアです。
ようやくブログを更新できましたあ~[三日月]

長い、なが~い移動とホテルと外食の日々。


RIMG1544_500x375.jpg

最後の夜の豪華ディナー。素材といい、味付けといい、盛り付けといい、全部すばらしかった[ぴかぴか(新しい)]


3週間強で、SF→日本→ロンドン→アムステルダム→ブリュッセル→アムステルダム→東京→群馬→兵庫→福岡→SF、というものすごい日程。
中でも東京から福岡の間は3日間でのハードスケジュールでした。

今回はさすがに相当こたえたみたいで、戻ってから数日間は眠り続けました[眠い(睡眠)]
それでも、病気にならなかったことに感謝です。

月ちゃんは、また空港にお迎えに来てくれていました[黒ハート]


RIMG1589_500x375.jpg


ナルトさんの車の後部座席で、反対側の窓に鼻をくっつけてた月ちゃん。
ワタシがドアを開けて名前を呼ぶと、飛び出てきて大歓迎してくれました[ハートたち(複数ハート)]
やわらかい月ちゃんの白い毛並を抱きしめつつ、涙しそうになった私です[かわいい]


上の写真は、感動の(?)再会を果たして、おみやげの首輪をつけた月ちゃんです。
首輪の写真、明るい光のなかで撮るのを忘れちゃったので、次回に詳しくご紹介します。


そして、まだご飯の時間ではなかったけれど、何か月ちゃんに作りたくて仕方なかった私は、特別にお好み焼きを作りました。


RIMG1587_500x375.jpg


お留守番のご褒美、ってことでね[るんるん]


そして、バレンタインの日はナルトさんにアムステルダムで一つ一つ選んで箱に入れてもらったチョコを。


RIMG1585_500x375.jpg


ラベンダー、ジンジャー、レモン、ヘーゼルナッツ、シャンペン、などなど、珍しい手作りのチョコ。
手刷のカードと一緒にプレゼントしました。
留守中、自分はテイクアウトものでも月ちゃんにはずっと手作りしてくれてたナルトさん。
かなりいいパパです。


ちなみに、月ちゃんのお好み焼きですが私はよく作るメニュー。
今回は、大豆パウダーでタンパク質をとり、卵はなし。
キャベツのみじん切りのほか、アオサやシイタケの粉、オキアミの粉(←ちょっぴりです)などを入れました。
で、お水は昆布をひたしておいた、ミネラル分いっぱいのお水で大豆パウダーを溶きました。


RIMG1588_500x375.jpg


ナルトさんのことだから、お肉がおおいメニューだったろうな~、と思ってベジ仕立てにしましたが、やっぱり正解[グッド(上向き矢印)]
たくさん作っておいて、夜はこれを少し温めたものをあげましたが、お肉が少なかったようで少し残した月ちゃん。
奥の手の、鰹節のふりかけをかけると完食でした。


これで通常の生活に... と言いたいところですが、3月は締切がたくさん。
なかなか一息つけません~[ふらふら]
でも月ちゃんと一緒の生活は、やっぱり何物にも代えがたいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

nice!(79)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこの健康レベル低下...? [わんちゃんの健康]

みなさま、前回の記事にはたくさんコメントありがとうございます☆
そのことに関連したことは、後半に書きますね。


最近さむ~い日が続いている月ちゃん地方。


002_375x500.jpg


去年寒波が来たときにあわてて買ったウールのセーターをお家では着せてます。
このセーター、デザインが好きで手に取ったのですがオーガニックウール100%、フェアトレードのものでした。
染料も自然素材を使っているらしく、ふんわり優しいにおいがします。

セーターを着たまま寝転んで、初めてのブタミミおやつを眺めてる月ちゃん。


006_375x500.jpg


うちはたまにしかおやつはあげないので、パフィーの大好きだったブタミミ、よろこぶかと思いきや。
大きすぎて噛むのが面倒みたい[たらーっ(汗)]
はさみで少し切ってあげるとようやくおいしさを認識しました。


月ちゃんは好き嫌いがかなりはっきりしてて、普通のわんこであれば喜んで食べるじゃがいもとかもあまり好きじゃないのですが...


001_500x375.jpg


この間作って失敗した[ふらふら]ニョッキ。
どうも、マッシュドポテトにした時点で水分が多すぎたみたい。
ゆでてると溶け出して半分になっちゃいました。
これはゆでてないものを焼いてあげたら喜んでました[揺れるハート]
全部月ちゃんの好きじゃない素材(じゃがいも、小麦粉、卵)なのに... 
へーんなの。   


004_500x375.jpg


人間用の分は、ナルトさんの知恵でチーズをかけて焼いたらお焼きみたいでおいしかった[るんるん]


残り物活用の時、こうして月ちゃんに食べてもらえると得した気分[かわいい]
前回の記事にいただいたコメントにあったように、昔はほんと、お味噌汁とか残り物を食べてても結構わんこは丈夫で長生きでしたよね。
健康な子は、いらない塩分もちゃんと排出できるんだし。


やっぱりたくましかったのかな、と思っていたら、一理ありそうです。
ここから先は、わんこの健康トピックに関係ある方だけどうぞ~。


「特定の外見を追い求めてせまい遺伝子プールの中でヘビーに交配させてるから、現代のわんこは遺伝的な疾患の多い子がものすごく多い」という内容の1994年のタイム誌の記事を見つけました("A Terrible Beauty", Time, December 1994)


1101941212_400_375x493.jpg


血のつながったわんこどうしで交配させるってことは、遺伝的な問題がずっと引き継がれ、その特徴が強化されていくということ。
もうひとつ記事を見てなるほどな~と思ったのは、犬種の特徴とされる外見(耳や鼻の形、足の長さや尻尾の形などなど)をつきつめていくと、その特徴を表すための遺伝子が特定の疾患とセットになっていることもある、ということでした。


この記事は、今読んでいるわんこのホリスティックケアの本に引用があってインターネットで探して見つけたのですが、この本でも現代のわんこの健康レベルがいかに低いかが、せつせつと嘆いてありました。
この本ではその二大理由として、近親交配と粗悪な商業フードをあげています。


082_500x375.jpg


というわけで、遺伝子上のことを考えると、特定の犬種がかかりやすい病気はいろんなところで情報があるので、見ておいた方がいいですね。
特に、親戚わんこが周りに多いという場合、遺伝子プールが狭い可能性があるかも[ふらふら]


記事にも書いてあるんですが「どんな外見が望ましいか」はケンネルクラブなどがスタンダードを決め、アメリカでは「純血種としての登録」をすることが可能になっています。
ただ、その際に遺伝的な問題や健康上の問題はまったく加味されないのだそう。
ブリーダーさんも、なかなかつらい状況であると記事には書いてあります。


こうした問題を根本的に解決するには、純血種へのこだわりをなくすということが挙げられてはいますが、現実的ではないだろう、とも。
(たしかに、特定の犬種の性格的な魅力は、私もあると思うしゴールデンが懐かしい時もありますから...)


そして、雑種なら安心かというと、今は純血種の血の入った雑種(?!)も多いため、まったく安心ではないそうですが、リスクは一般的には低くはなるみたいです。


073_500x375.jpg


カリフォルニアなんかだと、保護犬雑種の方がいい!というカルチャーがあって、裕福な人ほど「明らかに雑種」というわんこを連れていて、それがステータス。
(「私は保護犬雑種のママです」っていうTシャツもお店で発見[あせあせ(飛び散る汗)]
将来的にはそういう方向に進む人たちが増えることが、わんこ全体の幸せだけじゃなく健康にとってもいいことだと言えそうです。
というわけで、これからわんちゃんを迎えようという方は、ぜひ保護犬雑種もご検討を[かわいい]

やっぱり、昔のわんこは残り物で強く生きられたのは一理あるのですね~。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています
nice!(73)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

チキンのホネを食べてるわんこたち [わんちゃんの健康]

パフィーのおくすり@フィリピンです。


Philippines 027_500x375.jpg


... な~んてね。整理してたら出てきたおととしの写真です~。
なのでちょっとフィリピンのわんこ事情をご紹介しようかなっと、思いまして。

それに、これはわんこご飯トピックの続き、「ドッグフードしかあげてはだめ」という意見について、にもちょっと関係してくるので...。
(ドッグフードのトピックは、台湾にお住まいの、cello さんがトリマーさんからこう言われているのです、というコメントがベースです[かわいい]


Philippines 169_500x375.jpg


ちなみにここは、世界でも有数の自然が豊かな場所、シエラ・マドレ国立公園から続く(もと)森林地帯。
すでに80年代からの伐採で森林がなくなったところに、環境保護団体が村の人々を巻き込んで植林活動をしています。
村はいくつかあって、この村で一番「お金持ち」の人のお家へお邪魔したときのこと。


Philippines 066_500x375.jpg


誰かのお誕生日ということで、庭で大量のヤギのシチューが用意されているところですが...


Philippines 056_500x375.jpg


そこをうろうろしてるこのわんこ、月ちゃんに似ています。(でもこの時は、月ちゃんの「つ」の字もなかった私でした。)
おすそ分けを狙っているんですが、名前もなく、年齢もわからないとのこと。
「飼うとはなしに飼っている」という感じみたい。


Philippines 090_500x375.jpg


村の方々が作ってくださったお食事[揺れるハート]
フィリピンの料理は基本的にあまいお肉とお米が基本ですが、普通の人が食べてる山菜やお魚はとってもおいしかった~。
そして、お食事の後、なんとはなしに女の人たちが片づけをしてるところへ行くと...


Philippines 094_500x375.jpg


なんと~。残り物をむさぼるわんこちゃん。
大きな魚のホネや、鶏肉のホネなど、日本やアメリカでは「わんこにやっちゃダメ!」とされてるものも、きれいにたいらげています。
...て、日本もドッグフードなんてものができたのは、割と最近ですね。
で今は手作りが流行ってる。
そう考えると不思議なものです。


Philippines 093_500x375.jpg


さらには、そのおこぼれを狙うニワトリさんも登場。(トリ肉は倫理的に問題あるんじゃ...[たらーっ(汗)]
私が見ていたら、これまた月ちゃん似のわんこちゃんは「ぐるる~」と歯をむき出してました。

でも... そこを去る時ずっとついてきてたわんこちゃん。


Philippines 121_500x375.jpg


途中このおじさんに会って、「犬」が変わりました。
ダンスも踊っちゃう[るんるん]


Philippines 127_500x375.jpg


他のわんちゃんも、大なり小なりこんな感じ...
なんとはなしに、背景の一部になってて、みんなのおこぼれをもらいつつの生活は、飼い主さんの手作りおやつや虫除け対策なんてまったくの無縁。
でもここにいると、人間の生活だって日本やアメリカの平均的なお家とは全然違っていて。
だけどわんこは自由そのものだし、人間に関しては、経済的には豊かとは言えないけど、とくに子ども達は顔がきらきらしてました[ぴかぴか(新しい)]


Philippines 183_500x375.jpg


一番最初の「一番お金持ち」の人のお家だって、やっと村でただ一つのガスが通ったところ。
人間だってほとんどは森から取って来た薬草で、民間療法による治療をしています。
だから獣医さんなんてもちろんなし。


Philippines 132_500x375.jpg


このわんこちゃんなんて、今見ると、月ちゃんに似てて...
こんなに暮らしがかけ離れているのが、不思議な気持ちです。
きっとこの子もチキンの骨を食べているはず。
で、それがごちそうなはずです。


Philippines 152_500x375.jpg


例えば日本やアメリカではトリのホネは喉や内臓にささってしまうこともあるので「絶対にNG」とされています。
フィリッピンでこのことについて聞いた時には「は?何言ってんの~?」というリアクションをされました。
とりさんなどはしょっちゅう襲っているわんこちゃんたち(←この場合は生肉だから骨の危険度は下がりますが...)。
(ちなみに、この間あったナイジェリアの人も同じリアクションでした。そうだよね[あせあせ(飛び散る汗)]


075_500x375.jpg


もちろん日本のお家で飼われてるわんこちゃん達は(特に小型のわんちゃんは注意です~)、こういう生活してきていないので、たとえばトリのホネは軟骨部分以外は月ちゃんにはあげたことはありません。


なのでトリの骨をあげてもいいと言っているわけではないのですが、やっぱり、特に生きものの体や食べ物に関することは、○○はxxです!とシンプルに言い切れることは意外に少ないのかな、と思います。 ドッグフードが主流になり、今また手作り食が流行ってきているように、何がいいかということが、時代によっても変わるのが現実。 それを忘れずに、いろんな場面に遭遇した時に自分のわんこのためにある程度適切な判断をすることができるようにする、ってことが、ホリスティックな考え方の基本だと私は思っています。

いつも書いてますが、単なる栄養素とかの問題だけじゃなくて、全体での健康ってことを考えると、フィリピンで見たわんこたちは自然の中で自由な生活をして、野生の勘もきっと研ぎ澄まされているはず。 本来は、わんこのこの野生の勘というのが食べ物を選ぶうえで一番頼りになる指針なのですよね。 都会に住むにしては月ちゃんはなかなか野性味があるけれど、とてもフィリピンのわんこにはかなわない。 だから、私と二人三脚でがんばろう~[かわいい]


ただ、わんこちゃんが病気になったりしたとき獣医さんとの考え方の相違などでこの考え方を実践するのが難しくなる時もありますが、そのお話はまた今度に~。


251_500x375.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています


それから... いつもプロ並みのほんとに素敵なお料理を載せてらっしゃるせついぬさんが、パフィーズマルシェで買ってくださったわんこ用のボウルとお食事マットをこちら(http://setuinumanmarubakery.blog.so-net.ne.jp/2011-01-09)にアップしてくださいました。
せついぬさん、ありがとうございます[揺れるハート]

nice!(115)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこご飯 セロリはOK? NG? [わんちゃんの健康]

手作りご飯トピック、ちょっと順番が違ってしまうのですが、杏子ママさんから質問があったセロリの件、みなさんにもご興味あるかな?と思ったのでここで書いてみますね~。(杏子ママさんは、ミニチュアシュナウザーの大河くんのママで、やんちゃで頼りになる大河くんとの日々を綴ったブログを持っていらっしゃいます。大河くんは、この間突然虹の橋を渡ってしまったぴりちよちゃんにも、すごく頼りになる紳士だったみたいです。ぴりちよちゃん、今度はママやみんなを見守ってね...)

えっとつまり、セロリはあげても大丈夫か?というトピックです。


131_500x375.jpg


セロリについては「気をつけた方がいいわよ~」って、最初は月ちゃんの獣医さんとの雑談で聞いたのですが、ウェブサイトで読めるものは(英語ですが)こちらがあります:http://www.webanswers.com/pets/dogs/is-it-okay-to-give-a-dog-a-stick-of-celery-48778b

上記のサイトでこの獣医さんの言っていることを要約すると「セロリはすじを取ってあげること。でなければ理由は分からないが腸閉塞を起こすことがある」と書いてあります。


それで、人間でも同じ症例があったらしいのですが、人間用の医学研究論文 (http://www.ispub.com/journal/the_internet_journal_of_surgery/volume_18_number_1_1/article/phytobezoar_a_rare_cause_of_intestinal_obstruction_and_perforation.html) には、「植物性胃石」の原因となる食べ物としてぶどう、プルーン、かぼちゃ、柿の他、セロリなどが挙げられています。


087_375x500.jpg

1日少しだけは、ケージでひとりで過ごすことがお約束の月ちゃん。でもすっごく嫌がってたので、ある時遊び半分でケージを何かに使えると思って買っておいた古キルト布で飾り、(ピンク禁止令を出してるナルトさんにナイショで)毛布とお揃いのキルトを敷いてみました。すると...


この論文の関連部分をそのまま引用すると...

"Phytobezoars are rare, accounting for only 0.3-6% of all intestinal obstructions (8) . There are 4 types of bezoars. Most common are phytobezoars which are concretions of vegetable matter such as celery, pumpkin, grape skin, prune and simmons which contain large amounts of non-digestable material such as cellulose, lignin, hemicellulose and tannium".


ちなみにこの資料は2009年のですが、古いものだと1930年代からセロリの名前があがってました(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1390333/pdf/annsurg00542-0073.pdf 65ページ目)。

英語の資料ばかりで恐縮ですが[たらーっ(汗)]
そこまで時間を割いていないのですが、日本語ではセロリと植物性胃石の資料がちょっと見た限りでは見つからなかったので...。


091_375x500.jpg

なんと、すっかりお気に入りになり、関係ない時も自分から入って行きます。さらにお姫様気分アップのため、クッションもつけ、薄い布もたらしちゃいました。完全におままごとの世界。でも、ナルトさんの許可を得るのと、布の端を縫わなくちゃね...。月ちゃんのためなら「ウン」って言うかな~。


私はこの専門家ではないので、あくまで上記は一部の?専門家の意見として読んでいただきたいですが、参考になれば幸いです。
ただ、この症状になるのはとっても珍しい(0.3-6%という数字があります)ということなので、神経質にならなくてもいいのかなっと(←あくまで私の個人的意見ですが[ふらふら])。
どうも、人間で言うと子どもやお年寄りに多そうです。ナルトさんのおばあちゃんもレタスを食べてなったとか.... そうなると、もう野菜のチョイスというよりその個体の状態による、って感じですよね。


099_500x375.jpg

昨晩の月ちゃんのご飯。白い陶器のわんこ用ボウルをずっと探してて、やっといいのが見つかりました。



私はカレーなどを作って月ちゃんに(ルーを入れる前のモノをあげたいとき)、セロリをみじん切りして使うことがあります。
だから、私の中では、一応あげすぎやあげ方には気をつけた方がよいけど、あげちゃだめ~!という位置にセロリはいません。


070_375x500.jpg

最近ちょっと写真撮影に協力してくれる月ちゃん。光が一番きれいに入るこのスポットに連れてくると、観念してる模様。(あ、このバンダナは、R.MiLLさんで作っていただいたものです。)


また無理やりまとめてみると、セロリで胃石ができるのは、とっても珍しい症状だから、それほど神経質になることはなさそうな気がします。 胃石が腸閉塞を引き起こすということも、まれだけどあるみたい。 つまり、いずれにしろ「まれ」、ってことでいいのではないかと思います。 実際、セロリはわんこにいいのよ~、とする情報も結構あるし、「こんなこともある」ぐらいで気にとめておけば、あげすぎないようになるのでいいのかなと思いました。 心配であれば、繊維質が多くて消化のあまりよろしくない食べ物は、わんこにはプロセッサーかみじん切りにしておいた方がより安心、ということでしょうか、ね?


ちなみに月ちゃん家では、野菜の場合はニンジンやズッキーニなどを(ニンジンだって繊維質ですし)時々そのままあげる時以外は、なんとな~くですが、みじん切りがほとんどです。
でもこれは、そうしないと食べないという月ちゃんの面倒な性質によるところも大きいかも[たらーっ(汗)]


121_375x500.jpg

最後に、昨日の三日月と月ちゃんです[揺れるハート]

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています


nice!(95)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこの歯磨き [わんちゃんの健康]

えっと... 本当は先週末の続きをアップするはずだったのですが[あせあせ(飛び散る汗)]
なかなか写真を整理する時間がとれず、今日は前から用意しておいた「歯磨き」についての記事をアップさせていただきます[かわいい]


みなさんは、歯のケアはどうなさっていますか~?
骨をばりばり食べるわんこなら、歯は磨かなくてもある程度歯石なんか取れちゃうので、前の子はあまり歯磨きしていなかったワタシ。
でも月ちゃんは... 骨は隠すものと思っています[もうやだ~(悲しい顔)]


002_500x375.jpg

こんな感じ[たらーっ(汗)]
歯磨き代わりにもいいと言われて買ってみた、お魚の皮... ナルトさんの枕の下に発見[がく~(落胆した顔)]
皮は結局、お隣のわんちゃんにあげました。


でもわんこの歯磨きって、結構難しい~[あせあせ(飛び散る汗)]
だけど歯から来る病気って、心臓病など重大なものもあったりして、なかなかあなどれません。

歯ブラシ派、タオル派、いろいろあるようですが、私はどちらも使ってます。
特に柔らかい食べ物が多い手作り食は、タオルの方が拭きとりやすいけど、歯ブラシだと、歯茎も刺激できるし、ってわけです。
歯ブラシは月ちゃんがやりたがるので、遊びも兼ねて、寝る前に。

だけど人間と違ってくちゅくちゅ~♪ができないから、なんかすっきりしない[ふらふら]という声もちらほら。
そんな、すっきりしたい時に使うのが、コレ。


028_500x375.jpg


ウェットティッシューみたいになってる、歯磨きパッド。
歯石にきくとしてよくホリスティックストアで見るグレープフルーツシードの抽出液と、重曹入りです。
ペパーミントなどハーブが入ってて優しい香り。
月ちゃんに息さわやかでいてほしい時に使ってます。


032_500x375.jpg


人間には全然わかりませんが、レバーの香りつきで、そのせいか月ちゃんもすぐにペロペロしたがります。
基本食べ物が成分だから、舐めても安心~。


038_500x375.jpg


歯の形もしっかりわかって、人間的には満足な仕上がりです。


049_500x375.jpg


あまりいろいろいじらせない月ちゃんですが、歯磨きは観念してる模様。
爪もこの間切るのに成功しました~[グッド(上向き矢印)]


これ、リクエストがあったのもあり、数は少ないのですがお友達(まるさん)が制作・運営してくれているサイト(パフィーのマルシェ)でお求めいただけるようになっています。
もしご興味あれば、どうぞ覗いてみてください~。

次こそは続きをアップ... あ、わんこご飯の続きもまだでしたね[たらーっ(汗)]


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

nice!(111)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

わんこにとっての環境問題 [わんちゃんの健康]

トップのデザインを、変えました。
と言っても私がしたのではなく、お友達がしてくれたんです、ありがとう~。
いつもパソコンを使っている割に、こういうことは非常~に苦手な私です。


さて、先日、以前一緒にお仕事してた人と、情報交換も兼ねてランチを食べに行きました。
「正義の味方参上、私・オレの言うことを聞け~!」タイプも多い欧米人の仕事仲間たちの中、彼女みたいな国際的でフレキシブルな考えの人とお話するのは大好きです。


016_375x500.jpg


場所はSF中心部、モンゴメリー駅の近く。


017_500x375.jpg


地下鉄の駅のタイルって、なんか好きです。
パリなんかでは、駅のタイルと同じものをインテリアに使いたいという人もたくさんいるみたい。


020_375x500.jpg


この辺りはオフィス街ですが、彼女はかわいいお店を知っていて、そこで待ち合わせ。


022_500x375.jpg


ちょっとヨーロピアンテイストのカフェです。


おいしそう... でもランチだから、私はキッシュを注文しました。


021_375x500.jpg


なかなかおいしかった~[かわいい]
ま、アメリカの味ですが...


今彼女は、環境保護団体の太陽光や風力発電など代替エネルギーの担当。
政府の消費刺激パッケージの補助金で、代替エネルギーを扱う会社が雨後のタケノコのように出現してるカリフォルニア。
日本みたいに、「まずエネルギーを節約しよう」ってとこに行かないのがやっぱりアメリカ[たらーっ(汗)]


141_500x375.jpg


太陽光パネルや風車などを設置する場所は、土地としての価値は様々でも、野生生物にとっては貴重な生息地であるところもいっぱい。
できるだけ自然を壊さないよう、そして壊した部分は他の土地で相殺するように、彼女は企業にアドバイスをしているのです。
こういうところは、やっぱり進んでいるアメリカです。
なかなか楽しいランチでした。


雑草が生えてるような土地、なくなっても関係ないじゃない?というのがデベロパーのスタンスであることは多いのですが...。 「この地球のものはみ~んなつながっていますから、そんな土地が少しずつ継続的になくなっていくと、結局は大きな影響がありますよ」、と説明するも、あまり実感はないのが本当のところ。 でも、きれいなお水、おいしい空気、安全な食べ物、住みやすい気候(←今年の夏などいい例です)、などなど、人間にとってもですがもちろんわんこにとっても大切なものの質は、どんどん低下してきています。 このままいくと、安心してお散歩に連れて行ける森や海がなくなったり、、安全な食べ物が入手しづらくなる日は私たちが考えているよりずっと早くやって来る可能性も。 これって結局、わんこの健康にものすごい影響しますよね~。


もっとわかりやすい例で言えば、すでに枯渇していると言われてるお魚資源も、どのみち海洋汚染が心配です。
だから大きなお魚はあまり頻繁には月ちゃんにあげないようにしていたり。
たとえば、マグロやサーモンなどの大きなお魚は、水銀などが蓄積されるとしてこちらのスーパーでは妊婦さんや子供への注意書きがしてあるところも。


032_500x375.jpg


サーモンはわんこにもいいので、上の写真のようにたまには生サーモンをあげるときもありますが、本当にとき~どき。
この前も書きましたが、環境負荷を少なくしてあげることも、いい食べ物をあげることと同じくらい大切かなと私は思うので、あまり神経質になる必要はないけれど気にするようにはしています。


この、環境の喪失や質の低下、それによって私たちにもたらされる不利益は、非常に心配な現象として、各国政府がいろいろな取決めをしています。
それが、今度10月に名古屋で開かれる国際会議で話し合われることのうちの一つのテーマです。
って、皆さんもうご存知ですよね、メディアで「生物多様性バブル」が起こってるから~。
私も会議には参加することになっていますが、どうなることやら...。(←なので、月ちゃんよ、またまたゴメンナサイ~[もうやだ~(悲しい顔)]なのです。)


075_500x375.jpg

この間買った「お肉~」と書いてあった箱にハーブを植えてみました。 以前ブログを読ませていただいている方が、枯らさないコツは大きな鉢に植えること、と教えてくださったので、余裕をもったつもりですが... どうかな...


というわけで、また10日間ほど日本へ行くことになり... そのあとも出張が立て続けにあり...。
その準備などいろいろとすることがいっぱい。
(ちょっと話が飛ぶようですが[あせあせ(飛び散る汗)])自分へのゴホウビというか必要にもかられ、ナルトさんと共同で使っていた机に加え、自分だけの新しい机を買ってリビングの隅に置きました。


102_375x500.jpg


IKEAの机・椅子・ランプですが(IKEA はアメリカでは環境に配慮した木材を使うようチームを編成しているので比較的安心して購入できます)、壁の色と合わせて白にしたので意外に目立たなくアレンジできました。
色の力は偉大ですね~。
さ、これでまたがんばるぞっと。


049_500x375.jpg

珍しくいたずらして(私に)叱られた月ちゃん。避難場所はいつもこのテーブルの下で、大げさなので「もういいよ」と言ってもなかなか出てきません。こういうとこにナルトさんが帰ってきたりするとすごく大げさに喜びます。私たちはそんな月ちゃんを drama queen (芝居がかった人)と呼んでいます。


普段は結構べったり一緒にいるから、月ちゃんに会えない日が続くのはやっぱりさみしいです[もうやだ~(悲しい顔)]
でも! おいしくて安全な食べ物と、マイナスイオンいっぱいのお散歩環境。
わんこのためにも環境をいかにして守っていくのか~。
名古屋の会議で何が決まるのか(正直今までの感じからして何もこれといった進捗がないってこともあり得るかもですが...)、気になるところです。


ついでなので... こういう話をすると「じゃあ具体的には何をすればいいんですか?自分には何ができるの?」という質問を(特に学生さんから)よく受けますが、特別な活動をしなくても、例えば買い物で自然を守るってことは一番手軽で毎日できる方法です。本当に必要なものなのか、今買おうとしてるものはどこから来てどんな風に現地の環境に影響してるのか(木などいい例です)、使った後はどんな風に処理しなければならないモノなのか、などなど、いつもじゃなくても、そんなことを意識して買うモノをふるいにかけるだけでも違ってきますよね~。でもこの話は長くなるのでまたいつか~。


066_375x500.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています




nice!(96)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ベースのわんこご飯レシピ [わんちゃんの健康]

今日は、「バランス」が難しいから、きちんとしたレシピがあると安心、という、しつけの先生、ヨンタローさんのコメントについて考えてみました。ちなみに、ヨンタローさんも保護活動に関わっておられ、里子派です[ぴかぴか(新しい)]

きちんとしたレシピ... となると、例えば1週間分の材料と分量のリスト、ということになるのでしょうが、その通りに作るというのは、ちょっと負担が大きいですよね。
各レシピは各手作り食の本にお任せして...(と、最初からもうきちんとしていませんが[あせあせ(飛び散る汗)])もうちょっとゆる~い、いろんなアレンジの基本になるもの。
これを、Dr. Pitcairn's Complete Guide to Natural Health for Dogs & Cats という本をベースに私がアレンジしたものをご紹介します。


Image2.jpg

これはホリスティックケアの百科事典みたいなものなんですが、日本語版は、「イヌの食事ガイド」というタイトルで、食事についてだけの本になっています。でもこの本、食事の部分はちょっと実際にやるのは難しいという声も。私もこの4-5年この本とつきあって、やっとなんとなくつかめたかな~って感じです。ちなみに、日本語版も見たことありますが、初めてトライするなら、日本で今流行っている手作り本の方が参考になりそうです。


ごはん......1カップ
お肉.........1カップ
お豆.........1カップ
お野菜......適宜
オイル.......大さじ1
ガーリック..少量
おしょうゆ..ほんのちょっぴり。(小さじ1、と本にはあります)


上記は、本に書いてある割合。最後の二つはオプションでもいいと思います。本では、カルシウムやビタミンA, D, E などをビタミンサプリメントなどで補うレシピになっていますが、私はできるだけその部分を、食べ物・おやつの「いりこ」・自然素材のサプリメントで補うようにしています。

以下、私がやってることをご紹介しますが、「個体間の差」を忘れずに、ご自分のわんこちゃんに合った食事を探してみてくださいね[揺れるハート]
で、例えばパフィーは前、「肝臓が悪い」時があって、それによいとされる食べ物を積極的にあげました。
でも基本的なレシピはほとんど同じでした。


ごはん:冷ご飯を使います。できるだけ有機玄米。クスクスやキノアを使う時も。


Image4.jpg


お肉:いろいろローテーションさせます。よく使うのは、ターキー、チキン、ポーク、ラムなど。お値段的にお得なのは骨付きチキンで、味もおいしいようです。骨はお肉がやわらかくなったら取り除きます。


Image5.jpg


Image6.jpg
私は、自分が8年くらいベジだったこともあり、よくわからないお肉を食べるのは苦手。なので自分のためにも量は少なくなってもできるだけ上質の(オーガニックなど)お肉を選びます。日本であれば、信頼できるお肉屋さんがあるのですが、こちらでは抗生物質やホルモン剤を投与せず、植物ベースで育てたお肉を売ってる、Whole Foods というスーパーで購入します。


お豆:日本だと(大豆アレルギーのない子は)お豆腐も使ってました。こちらでよく使うのが、レンズ豆。下ごしらえをしなくて済むので便利です。インゲン豆やひよこ豆、グリーンピースもOK。ちなみにアズキはNGです。


Image3.jpg


お野菜:絶対にNGとわかってる玉ねぎなど以外の野菜(やフルーツ)を、細かく刻んであげます。生であげられるものはできるだけ生であげます。ニンジン、パセリ、ズッキーニなどはよくレシピ本に載っています。私はキャベツやブロッコリーもあげますが、この2つをNGとする本も。というわけで、説はいろいろですが、生であげるのに安全かつポピュラーなものに上記3つがあります。また、煮るものとしては、根野菜や、乾物もよく使います。おじやを作るときそのままポイ。


オイル:特に皮膚にトラブルがある場合、オイルでずいぶん解決することも。うちはフラックスシードオイルをあげてますが、この本にはベジタブルオイルとあります。いずれにしても高温処理していない、コールドプレスのオイルでなければNGです。


RIMG0444.JPG


ガーリック:ガーリックはNGとする説もありますが、積極的にあげよう!とする説もまたそれ以上にあります。私は虫除け対策にもあげています。月ちゃんの獣医さんもあげてるそうです。でも貧血の子はNGです!


おしょうゆ:これは、最後にちょっぴりたらす程度で、お味噌と同じく酵素を補給するもの。上記の本では生のにんにくをおしょうゆに漬けこんでおくとわんこも大喜びって書いてありました。でも内臓や排泄に支障があって塩気を控えた方がいい子はやめておいた方がいいかな~。ちなみに、良質なお塩もミネラルの補給によいとする本もあります。


Image1.jpg


私もいつもオーガニックのものをあげられるわけではありません。
オーガニック、があまり意味をなさない場合もありますし、オーガニックなど売ってるスーパーは遠いのですが、wholesome な食べ物は、私の趣味。
とにかくどんな食べ物がどんな風によいか、ってことを考えるのが楽しいので、私の場合はよい食べ物にはお金を使うって決めています。
その代わり、例えば外食は仕事・社交を除いてはほとんどしませんし、お弁当やデリバリーも一切なし。
でも、そうじゃない場合は、「できる範囲で」で全然いいと思いますし、フードが主で時々トッピングでも。
とにかく、楽しく♪ おいしく♪ =わんこも飼い主さんもハッピー。これが大切ですよねっ。

長くなるので、今日はここまで...。
最後に、しゃべる豆柴が欲しくてヘンな声を出してる月ちゃんをどうぞ~。


Aug7 064_500x375_500x375.jpg


Aug7 061_500x375_500x375.jpg


次は、作り方と実際の例です~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

nice!(98)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

夜の森と... わんこのごはん! [わんちゃんの健康]

はあ~、負けてしまいましたね、ニッポン。でもすごくがんばりましたね!
家は父がサッカーをしているので、昔から身近にあるスポーツですが、こんなに強くなる日が来るなんて、感慨深いです。

さて、前回のサプライズです。
そんなすごいものではありませんが...

画像 069_500x375.jpg

夜もふけ、虫の鳴き声がしてきたころ...
宿のオーナーさんが、ほたるを見に連れて行ってくださいました!

画像 070_500x375.jpg

雨上がりということで、それほど多くないということでしたがそれでも、クリスマスツリーのように木々にたくさんの蛍が見えました。
耶馬渓は開発の手をかなりのがれているので、真っ暗な森で見る蛍は、とても幻想的でした。

画像 071_500x375.jpg

オーナーさんがつかまえてきてくれた(ゴメンネ)蛍。
写真を撮った後また飛び立っていきました。

それから... 本当は旅の続きをアップしようと思ったのですが、アメリカから楽しい写真が届きました[るんるん]

月ちゃんのごはん、私が日本にいる間は「できるだけ手作りしてあげてね」とナルトさんにお願いしていました。
そしたらほぼ毎日(ナルトさんの場合はいっぱい作って冷凍)、手作りごはんの日々みたい。

06.26.10 00052_500x375.jpg

今回送ってくれたごはんの材料はこんな感じ。
いつもこういう風に手作りしてくれてますが、今回はお肉の量がスペシャル[ぴかぴか(新しい)]、とのこと。

たいてい、ごはんを作り始めるとチェックしにくる月ちゃん。

06.26.10 00062_500x375.jpg

キッチン横に陣取ります。

06.26.10 00066_500x375.jpg

06.26.10 00067_500x375.jpg

材料を弱火で煮込み...

06.26.10 00059_500x375.jpg

にんじんをすりいれ...

06.26.10 00061_500x375.jpg

ピューレにして... バルコニーでもう少し冷ますときが、月ちゃんには一番「?!」かも。

06.26.10 00072_500x375.jpg

06.26.10 00073_500x375.jpg

ようやくごはん[揺れるハート]

06.26.10 00075_500x375.jpg

お肉が多いとあり(でもちょっと野菜が多いような気がしますが?!)、もちろん、完食だったそうです[るんるん]
数日前、獣医さんに行ってきた月ちゃん。
引き取る前に夏が終わっていたので、昨年フィラリア対策はできませんでした。検査の結果はどうだったか気になるところです。

ナルトさんいわく、「月ちゃんのお世話は楽しい」。
アメリカに戻ったら、お世話係の争奪戦が始まるかも!?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

nice!(58)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

おなかをこわしちゃいました [わんちゃんの健康]

さて、前回の月ちゃんは何枚に写ってるでしょう、の正解は、その日全体では7枚、リンクのページでは、5枚、だと思います(というのは自信がありませ~ん!)。

私的には、この写真が一番好きです。
4527143838_c801999563.jpg
トップを疾走してる月ちゃん!

さて、ちょっと前のことになりますが、月ちゃんが、初めておなかをこわしました[もうやだ~(悲しい顔)]
家へ迎えてから、ただの一度もおなかをこわしたことのなかった月ちゃん。

RIMG0729.JPG
来てから初めての週末に、「ナフコ」でカートにのった月ちゃん。とってもおとなしかったのでびっくり!今のおてんばぶりは何なんでしょう!

最初から環境が変わっておなかを壊さないようにと、消化酵素&抗酸化成分の自然サプリをあげていたせいもあるんですが、最近は、普通のビタミンハーブに切り替えていました。でもしばらく大丈夫だったんだけどな~。
その前の晩は特に変わったものも食べていなかったので、風邪か、何かヘンなものを拾って食べたか、小川の水がいけなかったかだろうなあと思いました。
(もちろん心配性の私は、伝染病?!とも考えましたが...。)

tsuki (25).jpg
うふ、小川の水、おいしい。ついでに言うと、水溜りの水もおいしいよー。カートに乗ってた頃のへなへなボディーも、最近筋肉質になってきました。

ま、子犬だし。時々はおなかもゆるくなるでしょう。とりあえず様子を見ることにして、今晩はお食事は控えめに~。
下痢ならアトムでお手のもの。野菜やいりこを煮て、その煮汁だけをあげます。これに、調子をみながらですが消化のいいドライフードを少し加えます。(あ、手作りしかあげていない場合は、急にフードはあげないほうがいいと思いますが。私は忙しくて作れないときもあるので、月ちゃんには、いつもスナック代わりに少しあげています。)

野菜の煮汁だけにする、という方法は、以前もご紹介したわんこ版の『家庭の医学書』のようなこの本にも書いてあって、普段でもときどきは水分だけ補給して絶食するといいようです。
これって人間にもあてはまるそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

Book.jpg
犬限定の日本語版は『イヌの食事ガイド―ペットとホリスティックに暮らす』

そこで今日は、人間用にだしを取ったので、昆布、いりこ(←人間用だし)、にんじん、ブロッコリーの茎、キャベツの茎、マッシュルームの茎(つまり、残り物ですね!)を低~い温度で煮出したお汁をあげました。

1.jpg
マッシュルームの茎以外を取り除いた状態。

それから、アトムにあげている酵素のサプリを少し多めにあげます。多分これで一発!なはず。

2.jpg

お月さま、フードはお嫌いなのもあり、お汁だけを完食。ま、いっか。気分はよさそうだし。

RIMG2914.JPG

ゆっくり寝て... ソファーのクッションの形はもうぐしゃぐしゃです... それにしてもなんで上のせま~い幅のところに寝るの?まあこんな体勢で寝ることからしても、具合は悪くないのでしょう。

3.jpg

次の日は、見事にころんとしたウ○チでした(すみません)[るんるん]
うーん、何だったのかなあ。

人間の場合もですが、症状が深刻でないなら、下痢は下痢止めで止めたりしない派です。
もちろん症状が深刻な場合はお医者さんへいかなければなりませんが。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

nice!(64)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | - わんちゃんの健康 ブログトップ

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。