So-net無料ブログ作成
わんこのナチュラル・ケア ブログトップ
前の10件 | -

鶏肉が... になってしまった時代 [わんこのナチュラル・ケア]

みなさま、寒い日々が続いていますが、いかがお過ごしですか?

先々週のうえらんから糸島さんでのセミナーと、先週のフードボウル受注会に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました!


57C01B88-D441-4309-8BD0-8EC9ECFF0A0F (Copy).jpg


楽しい時間でした。

ちなみにこの赤い箱は、バレンタインビスケット。限定品です。


そして、今度の土曜日もまた、イムズでセミナーです(お問い合わせはパフィーズまで)。

実は、トピックはオーガニック&エシカルでとなっていましたが、考えるにつけ「こんな話(つまり楽しくはない話、自分や自分のペットには直接関係ない話も入ってしまう)、一般的に言って聞きたくないだろうなあ...」と思い...

スタッフから「内容を早く宣伝しましょう」と言われていたのにずっと出さないでおりましたw

もんもんとした私につきあってくれた月ちゃん ↓


IMG_1282 (Copy).jpg


森の中では完全に野生化しておりますw



とうとう、よんどころない事情もあり、腹をくくり、大切だと自分が信じる話をすることに。


というわけで、みなさん、あまり聞きたくもないでしょうがw、この部分は自分にも、自分のペットにも重大な部分。

現代の食べものには栄養素が圧倒的に欠けているという研究結果が出ております。

つまり、例えば1940年代と比較すると、鶏肉についての衝撃的な数字!(この研究はロンドンメトロポリタン大学のもの)

その他にも例がありますが、これらはセミナーにもし誰か来てくれた場合の特典に取っておきたいのでw、終わってから紹介します。

つまり、普通に食べ物を食べていても健康だった私たちの祖父母の時代とは、もう圧倒的に時代が違うのです。

ワンコで言えば、パフィーズが始まった7年前から比べても、病気の種類も重度も増している気がします。

ワンコの場合はそれに過剰繁殖のための近親交配など、遺伝的にすでにスタート地点が悪い子がたくさん。

それに加えてこのような、お肉にも、野菜にも含まれる栄養素が激減している時代。

つまりもう、「ニンジン100g中のカルシウムは28mg」というような、そんなのんきな表はあてにならないのです。(いつの時代に測定したのか?!)

よって、手づくりと言えども、もう、「栄養満点」というわけにはいかない。

少量でも「栄養価が圧倒的に高い」スーパーフード、そしてさらには薬物のない(あるいは少ない)オーガニック、そしてそれをちゃんと科学的なリサーチに基づいて配合したパフィーズのサプリは、必要なのです。


IMG_1277 (2) (Copy).jpg



私達がちょっと心配しているのは、バウンシーだけを使うケースが多いこと。

この二つは、二つで一つ。

バウンシーは毒を排出するためのもの。これは体を機能させるためにはもちろん欠かせません。

でも犬に必要な(そして現代のお肉や野菜に欠乏している)ビタミン・ミネラルがぜんぶ入っているのは、アスタミアの方なのです。

(スーパーフードの場合、よく使われる生産性を求められる野菜と違い、農法に今のところは比較的無理が少ないことが、栄養価の高い理由の一つでもあります。)

今こそ、きちんとそれを与えてほしい。このスライドを作りながら思い直しました。



実は私はこのことは、ずいぶん前から情報としては持っていたのですが、あまりネガティブなメッセージを発するのは嫌だったので書いていませんでした。

よく、「これをしないとこんな怖いことがあります!だから私の言うことを聞きなさ~い!」という、いわゆる「宗教ビジネス」があります。

時々、ドキッとするようなことを簡単に勧めたりというのも見かけます。

例えば、お肉をたくさんあげれば健康になる!的なw

お肉のリスクを説明したうえならともかく、分量だけでは今の時代、計算できなリスクが潜んでいるからです。

ただそれは、非常に複雑かつ流動的なこと。その領域に踏み込むことは、自分で考えるという責任を負わなくてはなりません。

それは孤独な道でもあります。それはよくわかります。でもそれが、本当に自分のペットのことを考えて守るということだろうとも思います。

私とMike さんは、ペットを囲む環境(物理的にも、人的にも)を本当に変えたいと考えているので、人が自主的に、自分のタイミングで変わることを後押しするスタイルを取るようにしています。

まあ、二人の性格からしても、「~しなさ~い!!」は無理ですねw

とにかく、そのような私たちが、こんな「怖い情報」を出すくらい、状況が危機的ということです。

みなさま、ペットの健康管理、やっぱり見直してみてください。

金銭的なことはあると思いますが、医療費もさることながら、自分やペットにかかるストレス、それを少しでも予防できれば、それが一番です。

私は自分がそうなので、健康フリークになりましたw


今は健康でいてくれるガールズ。


IMG_1249 (Copy).jpg


この貴重な時間を本当に大切にしたいと思っています。

三ちゃんも、よく見るといますよ、奥にw


~お知らせ~

♡ ウィンターブレンド、各限定70袋、残り少なくなってきました!(プレミアムバージョンのみ。現在すべてウィンターブレンドです)

♡ バレンタイン限定オーガニックビスケット、残りわずか!食いつきぶり90%を超える人気商品です。今回はプレミアムサプリ入り。

♡ 2/3(土)福岡市天神イムズデパート6F「ナチュ村」セミナールームにてセミナー。2:00PM~。詳しくはパフィーズのインスタをどうぞ。バレンタインビスケットも販売します。セミナーに参加されなくても奥の部屋にいるスタッフまでお声がけください。

♡ 2/18(日)うえらんから糸島セミナー。残席わずかとなりました。

♡ 2月半ば、福岡市内でまた一つ、パフィーズのサプリを買える場所ができます!詳細は後日。お楽しみに。


私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg



nice!(242)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット

ウィンター&ホリスティック&フードボウル [わんこのナチュラル・ケア]

毎日お天気の悪い月ちゃん地方。

イギリスを彷彿とさせる、暗くて寒くて小雨の続く日々...

そういえばイギリスにいた頃は、毎年冬になると本当に春が恋しく、春の兆しである snowdrop や クロッカスが待ち遠しかったものです。

ロンドンて、都会でもそういう自然を感じる場所が多々あったような...


IMG_0854 (Copy).jpg


大濠公園のキツネさん、毎年違うマフラーやマント(?)を着ています。

月ちゃんも、会話に参加。


そして昨日は、本物の犬(笑)と過ごした月ちゃん ↓


IMG_0889 (Copy).jpg


ふとした拍子に、いとこが時々はこのラブちゃんを預かってくれるところが必要だったのを知り...

月ちゃんがいつもお世話になっているので、せめてものお返しに。

そしてこの夜、月ちゃんはいつも残す納豆を全部食べましたw


しかしこのラブちゃんは、飼い主放棄の子でいとこが引き取ったコであるという悲しい過去を持っています。

でも明るく甘えん坊なよい子。

いると知らないで部屋に戻ってきた三ちゃんが、びびり足の模様 ↓


IMG_0896 (Copy).jpg


と、夜は楽しく更けていきました。


けもの道から様子をうかがう三ちゃん ↓


IMG_0886 (Copy).jpg



このペット用の穴は、設計士さんがつけてくれたのですが、マイクさんの書斎の壁にあります。

もともとは和室の続きの間を二つにし、一つがマイクさんの書斎に。

ここがお気に入りの三ちゃん。よく穴から出たり入ったりを見かけます。


さて、ウィンターブレンドの、注目の素材。


IMG_0761 (Copy).jpg


アスタミアプレミアムに入ってる、「スリッパリー・エルム」。

実は私も、カリフォルニアにいた時は、時々飲んでおりました!

ニレの木の一種で、粘膜を保護してくれる成分が入っているのです。

なので、名前が、「スリッパリー」。滑る・滑らか、という意味です。

粘膜の保護は、胸やけや逆流動性食道炎、咳などの呼吸器官形のトラブルにぴったり。

下痢と便秘という、二つの相反する症状にもよく使われる、天然の植物ならではのアダプトゲンの働きを持ちます。

もちろんハーブは使い方は気をつけるべきなので、これだけをたくさんあげる、というのはお勧めではありません。

その点、アスタミアはバランスが取れているので、安心です。


さて、過去記事振り返り。

引き続き、「ホリスティックとは何か」という2011年の記事からですが、今見ると、ほんとう~に、環境問題とそれに対する人の認識が、本当に大きく変わりました ↓

--------------------------------------------

そして、自然科学の分野で(ホリスティックの)アプローチが目立つようになったのは、自然保護運動やヒッピーがさかんになった1960年代から70年代。

環境の問題を科学技術で克服しようとするのではなく、人間も、植物も、動物も、森も海も、無機質な機械ではなく生きている存在。

そしてその存在も、それぞれの存在がしていることも、目に見える部分も見えない部分も含めてお互いにつながっているものだと考えます。

わかりやすいのは、イギリスの科学者J.ラブロックの提唱した、地球をひとつの「ガイア」という生命体として見た考えです。

-------------------------------------------

今やもう、地球が病んでいる、という残念な段階に来てしまっていますね...

これを書き始めると何週間もかかると思われますが、実は深刻なことになっていた、ということがあまりに多くわかってきていて、仕事柄そういう情報の渦にいる私は、実は「もうだめかもしれない」と無力さを痛感しておりました。

例えば、2050年には海には魚よりプラスチックの方が多くなる、とか。

だから、世界の水道水83%から、マイクロプラスチックが発見されている、とか。

例えば、第6回目の大量絶滅期に、すでに突入した、とか。

例えば、パリ協定で合意した2 度を達成する見込みは、5%以下、とか。

ですから、2011年に私の書いたこの文章は、ロマンチスト(ワーズワースに代表されるようなロマン派の自然保護家)の文章に見えてしまいます。

かと言って、今の私がダークな皮肉家かと言えば、そうでもありません。

人間が騒いでいるのは、「人間にとって」地球が危ないから、ということかもしれない、と最近は思うからです。

46億歳の地球です。人間がいなくなってもよほどの外的要因がない限り、存続していくのではないかと最近は思うようになりました。

ただもちろん、「人間にとって」危ない地球は、犬や猫にとっても危ない地球です。

だから、犬や猫をもっと健康にするためにも、地球によいことは、続けていきたい、そんな気持ちでパフィーズと関わっています。

私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg

~お知らせ~

ウィンターブレンド、各限定70袋、オンラインで発売開始!(プレミアムバージョンのみ。現在すべてウィンターブレンドです)

1/21(日)パフィーズセミナー@福岡県糸島市うえらんから糸島さんにて。(満席となりました)

1/27(土)、パフィーズボウル受注会@福岡県朝倉市の木々の葉雑器さんにて。13:00-16:00。カフェ併設。サプリメントも販売しますので、それだけ買いに来られる方も大丈夫です!(残念ながら場所柄、わんこは店内には入れません。ご了承ください。)

ボウルはこれです(文字のパターンは2種類あります)↓ 

IMG_0559 (Copy).jpg

木々の葉雑器さんと、何度も形は相談してプロトタイプもたくさん作っていただき、月&三ちゃんだけでなくモニターさんにも使い心地は試してもらったものです。

器好きな私とモニターさんは、イチ押しです!

nice!(354)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット

ウィンターブレンド&ホリスティック [わんこのナチュラル・ケア]

寒くても元気な三ちゃん ↓


IMG_0694 (Copy).jpg


暖房の入っていない部屋に積極的に行って窓の外を眺めたりしているところを見ると、この子はあまり寒がりではないみたい。

月ちゃんの方が、ずっと寒がりw


IMG_0722 (Copy).jpg


細い体で毛も短いため、寒がり月ちゃんの冬のケアはちょっと気になっていたところ。

時々はごはんにしょうがを増量したり、とやっていましたが...

このたび、パフィーズのプレミアムバージョンに、ウィンターブレンドが登場しました!


IMG_0753 (Copy).jpg


詳しくはこちらから、新たに入ったり増量したハーブが確認できますが、冬に気になる血行、風邪、消化不良などに良いとされるものです。

個人的に気になる素材は「スリッパリー・エルム」。

ニレの木の一種で、樹皮の内側に粘膜を保護してくれる「スリッパリー(滑る)」成分が豊富に含まれています。

小型犬の子に意外と咳や気管虚脱など呼吸器系の病気が多いのですね。

粘膜を保護して血行にもよいウィンターブレンドは、そういうのにもぴったりです。


冬でも元気に!


IMG_0784 (Copy).jpg


そしてそして、猫ちゃんにもパフィーズから朗報があります。

Mike さんはこのお正月ずっと、猫ちゃんブレンドを研究しておりまして、ついに秘密のブレンドが完成!

発売までもう少しお待ちくださいね。


IMG_0745 (Copy).jpg


さて、過去記事整理... 主に、ナチュラルケアとアニマルウェルフェアのカテゴリーから整理していってますが、一番基本となる記事から。

2010年ですからもう8年前!

でも、こういう客観的な情報に基づいて書いた感情を入れない記事は、やはり色あせることはないのだなーと思いました ↓

-------------------------

ホリスティック(holistic) という言葉が最初に使われたのは、20世紀に入ってからJ.C.スマッツの書いた Holism and Evolution という本だと言われています。

全体、という言葉は英語だと whole なのですが、holism は「聖なるもの」、つまりスピリチュアルな要素をも含んだ言葉になります。

ですから、科学や事実だけではない、目に見えないものも含めて、モノやコトは構成されていて、それがお互いにつながっているという考え方に基づいています。

(中略)

これはいろんなレベルで言えることで、体についても、同じことですね。

例えば、いろいろな臓器を循環する血液をきれいにする「肝臓」。

この臓器の調子が悪くなると、特に腎臓や膵臓、その他の臓器、皮膚や毛並み、など、つながっているところに影響がでます。

(特に、耳のトラブルが多い場合はご注意を。)

そしてもちろん、Holism という言葉そのものが示すように、精神的な要素は大切です。

-------------------------

と、過去記事(最小限の編集入れました)はここまで。

この記事を書いた頃は、まだ日本においてはペットに手作り食をあげることにはものすごい疑念や反対(特に獣医さん)があったと記憶しています。

今や、獣医さんが手作りを勧める時代になりました。

このままでは、地球も、そこに生きる生きものも、ダメになってしまうという危機感が、社会全体になんとなく浸透してきた証拠かもしれません。

もはや「自然保護」という言葉より、「自然回復」がふさわしくなってしまった今。

この過去記事にその部分があるので、次回はそれを。

みなさま、よい土曜日をお過ごしくださいね。


私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg

~お知らせ~

ウィンターブレンド、各限定70袋、オンラインで発売開始!(プレミアムバージョンのみ。現在すべてウィンターブレンドです)

1/21(日)パフィーズセミナー@福岡県糸島市うえらんから糸島さんにて。(満席となりました)

1/27(土)、パフィーズボウル受注会@福岡県朝倉市の木々の葉雑器さんにて。13:00-16:00。カフェ併設。サプリメントも販売します。(残念ながら場所柄、わんこは店内には入れません。ご了承ください。)


nice!(290)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

夏のケア [わんこのナチュラル・ケア]

とうとう7月ですね。

1年も半分、過ぎてしまったこと、毎年、時間の経過の速さに驚きます。

そして、暑い、あつ~い日本の(西日本は特に)夏。

特にわんこと暮らす私たちは、夏はもう、日中外に出られず。

そんな中、心配事の一つはやっぱり肉球ですね。


RIMG0996 (Copy).jpg


わんこの肉球って、本来とても丈夫で、雪山を歩いたりしているくらいですが、アスファルトやコンクリートは土よりもずっと熱くなります。

彼らの肉球が造られた本来の自然の意図(土の上を歩く)よりも負荷が高い暮らし。

残念ながら、現代の犬猫たちは、そういう暮らしをしています。

と、いうわけで。

肉球ケア、始めませんか?パフィーズのオリジナル、オーガニックバージンココナツオイルは、ご飯にかける以外の用途の一つとして、肉球ケアがあります。


IMG_4593 (Copy).jpg


上の写真がケア前、下がケア後です。(しかしよく見たらこの後つめきりしたんだけど、その後に写真がよかったですねw)

実は、月ちゃんの場合ですが、道路についている油汚れなど、石鹸でなかなか落ちないものもきれいになります。

肉球が固くて平らになっている、という状態は、弾力のない状態。

これ、足にも負荷がかかりますので、ふっくら・しっとり・つやのある肉球を目指して。


IMG_4594 (Copy).jpg


とにかくこのオイルが大・大好きな月ちゃんは、ケアしてると舐めようとするのでそれも楽しいです(歯磨きもこれです)♪

しかも人間の皮膚にももちろんバツグンに良いため、私の手もつるつるに。

いいことづくし!

ワンコにとっていいことが少なくなる夏の楽しみ、となればよいなあ、と思います。



IMG_5659 (Copy).jpg



夏は特に、我が家はアスタミアが大活躍。

寄生虫含め、ノミダニなどの虫よけ(寄生虫は健康体では体内で生き残れません)、ミネラル補給、基礎体力サポート。

どうやって食べさせるか、だけが面倒なところでw

お肉に混ぜる、ココナツオイルに混ぜる、をやってますが、ココナツオイルで何かアスタミア入りおやつを考えているところです。

何かお知恵があったら~、募集してます!



私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

1494736631_9_-_Instagram.png

オリジナルココナツオイルもこちらから ↓

RIMG0066 (Copy).jpg



☆ オリジナルココナツオイルについて、パフィーズHPより抜粋:

ココナツオイルには、ココナツの香りを取り除くために乾燥ココナツの実から熱を利用してオイルを取りだしているものが多く市場に出回っています。これをする時には発がん物質でもあるヘキサンという薬剤や、漂白剤を使っている場合もあります。

パフィーズのペット用ココナツオイルは、熱や化学溶剤を加えず、白い果肉部分を圧縮した一番搾りのバージンココナツオイル。もちろん、オーガニックです。自然が創ったココナツの恵みをそのままお届けする、高品質のオイルです。

ココナツオイルのいいところ

♡ 熱によって酸化しにくい

♡ 皮膚からでる皮脂と非常によくにた脂質、中鎖脂肪酸を含む。皮膚と似たような保護機能をする → 傷の手当、肉球ケアに

♡ 中鎖脂肪酸は、ダイエットだけでなく、アルツハイマーの緩和や予防にも効果的という研究結果も[1]

♡ 中鎖脂肪酸が体内で変化する「ケトン体」は、老化の原因「活性酸素」を除去(活性酸素は体をさび付かせ、細胞内の遺伝子情報が改変されるとガンになることも

♡ たいていの場合、特に犬はココナツオイルの味も大好き


nice!(263)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

駆虫剤なしの虫よけ対策 [わんこのナチュラル・ケア]

ご訪問、ありがとうございます♡

さてさて、とうとう、さわやかだけど、ペットと暮らす私たちにとってあのいや~な季節がやってきましたね。

むし。

とにかくすぐに刺される私としては、虫の季節は月ちゃん・三ちゃんとともに格闘の季節。

そして月ちゃん家は、三ちゃんは1か月私も耐えて毎日格闘しましたが(猫ちゃんのホリスティックケアはほんとう~に難しいですね)、1度だけ、月ちゃんは、1度も駆虫剤の「ぽちっ」はしたことがありません。

なぜかというと、月ちゃんの場合は虫の嫌いなものを食べてきちんとブラッシングしていれば、ほぼ必要ないから。

なので、早めに月ちゃんのケア。

チキンのミンチと、レンコンのしぼり汁、そしてアスタミア&バウンシーをたっぷり入れた、寒天ゼリー。



20160410_130745 (Copy).jpg



アスタミアにはガーリックの他虫の嫌がるハーブが入っています。

でも、アスタミアの嫌いな月ちゃん。

同じくアスタミア苦手のわんこと暮らす方はお判りでしょうが、あまり分量を増やすと「プイ」とされてしまうので、あの手この手で苦労しています。

だけど、今すっごく仕事も忙しいため、どうしようかーと思ってたどり着いたのがこれ。

アスタミアと、大好物のチキン入り、寒天。

ついでにバウンシーも粉にして入れました。

かわいくするためにタイムの花を固まる直前に載せ、できあがり。

朝ごはんのボリュームは少ない月ちゃんは、今週は朝ごはんはこれと豆乳ヨーグルト。

ぺろりと食べてくれます!

「アスタミア苦手」のわんこと暮らすみなさま、こんなのいかがでしょうか?

すっごく楽ちんです。


20160404_164610 (Copy).jpg


もう一つのブログ、アップしてます。

-------------------------------------
前回、パーム油について、そのパーム油を生産するために奪われるゾウやオランウータンなどの野生生物について、そしてそのパーム油を消費している私たちの責任について書きました。

-------------------------------------
お土産の好きな日本人の私たち。

軽い気持ちで買っているお菓子のお土産、大丈夫かな?

-------------------------------------

以前から思っていたのですが、お土産やプレゼントの文化(本当に文化であるのか、という点も含め)、見直す時期に来ていると思います。

資源を大切に、ということは、本当にそれを必要としていたりエンジョイする場合のために、そうでない場合の消費を見直すということではないでしょうか。

だから私はめったにお土産やプレゼントは買いません。失礼にあたっていたら、ごめんなさい(笑)。

この記事のリンクはこちらです。



puffy_logo_brown_small.png
わん&にゃんのオーガニックサプリメント にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

抗生物質の効かない世界になるおはなし [わんこのナチュラル・ケア]

ご訪問、ありがとうございます♡

やっとお家へ戻りました。

まずは、出張先の京都の写真から。

雪の朝、ホテルの窓から見える御所がきれいだったので、ミーティングの前に一人お散歩。



Kyoto1 (Copy).jpg



雪と梅が清楚な感じでとても素敵でした。




そして、京都に来るとやっぱり神社やお寺でパワーをもらいたくなります。

護王神社と六角堂の写真です。



Kyoto2 (Copy).jpg




今回の京都、森林保護の研究者で集まってシンポジウム・ミーティング、ということで、中国、韓国、インド、オランダ、アメリカからの方々と、少人数での行動。

なので動きやすく、ミーティングの合間に、昨年インドネシアで一緒だった中国人N先生と街歩き。



Kyoto3 (Copy).jpg



女性が二人だけだったのもあり、年齢も近いことから、インドネシア以来とても意気投合している私達。

昔からの知り合いのように、おしゃべりがつきません。

中国人ですがいわゆる「移民」で、フィンランドにもう30年住んでいる彼女は、視野が広くて話が面白い。



20160302_122353 (Copy).jpg



イノダコーヒ(と書くのが本当だそう)。

なんとなく雰囲気が好きで、比較的行きやすいところにもあるので京都に来ると寄ることにしています。

そういう、「習性」みたいなものって、ちょっとほっとできるポイントとして旅が多い人には助かる部分もあります。



この時の朝食で、N先生からとても面白い話を聞きました。

彼女のお母様は西洋医学のお医者さんなのですが、中国だけあり(ご両親は広東州在住)、漢方も処方しているそう。

私がフィリピンでまたもやお腹の調子が怪しくなった話をすると、こう言うのです。

「私の母はいつも、衛生状態が自分の国より悪いところへ行くときは、行く前に土を少し食べるようにしなさい、と言うのよ」。




20160302_113434 (Copy).jpg



あら!

これって、ナルトさんがいつも言っていること!!

そして、4年前のブログにも書いています(こちら)。

-----------------------------------------------------------
いつもナルトさんが言っている、「赤ちゃんはばい菌にさらして土を食べるくらいにしておいた方が強くなる」(← 例え、です、例え)ということですね。
-----------------------------------------------------------

ケンブリッジの友達(フィリピンで一緒だった彼女)が自分の赤ちゃんを風邪の菌にわざとさらして強くする、という育て方をしていることについて書いた記事。

この後、記事で私は抗菌スプレーへの抗議をしています(笑)。



実は、Nさんのお母様と、ナルトさんは正しいのです。

そして、私の抗菌スプレー抗議も(これもナルトさんの影響はありますが)。

---------------------------------------------------------
私たちはペニシリンと後継の抗生物質によって獲得した利点を無駄遣いしてしまいました。耐性菌の存在は、私たちが「抗生物質以後の世界」に入りつつあることを意味しています。 (Maryn McKenna, TED talk)
---------------------------------------------------------

これ、すでに欧米ではよく知られる事実。

抗生物質が効果を全く持たなくなる日が近づいています。

つまり、手術などができなくなってしまうのです。





理由は、抗菌スプレー(笑)。

... に代表されるような、本当に必要ではないのに処方されている抗菌製品。

もちろん、わん&にゃんを病院に連れて行って「とりあえず」処方される抗生物質も入ります。

彼らもまた、私たち人間の抗菌製品オーバーユースによって、手術が不可能となってしまうことになります。



よく言いますよね。

「相手を変えることはできないけれど、自分が変わることはできる」。

これ、人間と環境にも当てはまる部分はあるかもしれません。

もちろん、環境を大々的に改変する力を持っている人間ですが、すべてをコントロールできないのは、マクロで見れば気候変動、ミクロで見れば微生物や(害)虫との闘いを見ると明らかです。

ケンブリッジの記事を書いたのは2012年ですが、それ以前から抗菌スプレーや除菌グッズについてはここでも書いてきました。

それは、効果の問題はさておき(99%の菌を除菌すると残りの1%が強くなる)、環境というのはつながっているため(水の循環を考えてもらうとわかりやすいかな)、ちょっと皮肉に聞こえるのを覚悟して書くと、日本人の好きな「周りの人に迷惑をかける」というフレーズが、とても当てはまるからです。

この場合、「周りの人」というよりは、「周りの生きもの」です。

つまり、例えば「迷惑」の一つの例として、手術ができなくなってしまう環境を作り出してしまったのです。

このことが大々的に日本で報道されない理由はわかりませんが、製薬会社のプレッシャーなどがあるのかもしれません。

だって、除菌抗菌グッズの売れ行きはすごいですものね。

インドの先生も、いろんなナチュラルケアの仕方を教えてくれ(この話はまた今度)、「先進国」では古代からの人間と自然との付き合い方が薄れてナチュラルケアが途切れているのだなーと改めて感じました。



三ちゃんが家に来て以来、ナルトさんと私が苦労しているのが、「抗菌」してなく、香りのついていないトイレの砂。




20160111_223419 (Copy).jpg

かわゆい寝あたま♡




我が家の場合それに「環境負荷の低いもの」というカテゴリーも加わって、探すのに苦労しました。

環境負荷の方は、木質(ウッドチップなど)あるいは植物ベース(おからなど)を選ぶことでクリアできるのですが(万全ではないと思いますが)、抗菌・香りの方は、何度も失敗しました。

これが当たり前になっているからでしょう。

でも、にゃんこというのは足をぺろぺろしますから、抗菌のトイレの砂を使うというのは、彼らに抗生物質を飲ませるのと等しい行為なのです。



というわけで、人もどうぶつも、月ちゃん家では抗生物質は手術(ガールズの避妊)の時だけしか使ったことはありません。

実は三ちゃんは家に来た時すでに猫風邪ウイルスに冒されていたため、病院で「とりあえず」の抗生物質が出されましたが飲ませていません。

これは抗生物質では治らない慢性の病気。

いずれにせよ、抗生物質はなるだけ避けている月ちゃんも三ちゃんも、パフィーズのものを食べさせることで対応。




RIMG0967 (Copy) (Copy).jpg

やぶにらみですが(笑)。

こちら、細かく割ったバウンシー。



動物のディフェンスメカニズムは、まさに自分の体です。

菌を完全にコントロールするのは不可能。




20160112_171926 (Copy).jpg

カールちゃんの顔が切れてしまってますが(ごめんね)、あぷろくん待ちのみんな(笑)。




なので、普段から睡眠・食事・運動のバランスを大切に。

そして忘れてはいけないのは、「ペット」にとっては飼い主である私たちの精神状態や家の中の状態が、一番身近な「環境」であること。

そこを抗菌スプレーまみれにしていたら、彼らに抗生物質を飲ませているのと同じことです。

菌のコントロールは、自然の食べ物を上手に使って、体を作ることで対応。





20160305_180526 (Copy).jpg

普段は生食の多い月ちゃんですが、出張続きのお詫びに♡

アスタミア入り、低温で蒸らしたパンケーキ。

豚肉(下にひいてあります)、山芋、放し飼いの鶏の卵、春菊、アスタミア。

飾りで春菊とカモミール。



20160305_180545 (Copy).jpg



アスタミア苦手の月ちゃんも、これはあっという間にたいらげました。

酵素を壊さない程度の温度でじっくり蒸すのがアスタミアの恩恵を受ける秘訣です。

バウンシーとともに、100%天然材料だから副作用の心配もほとんどなく。

私たちも、月ちゃん・三ちゃんとともに、健康な体を作って、手術のできなくなるかもしれない時代にも備えようと思っています。

その日は残念ながら、意外と早くやってきそう...

ナルトさんの知り合いが足を怪我して手術したところ、抗生物質がどれも効かなくて感染症にかかり大変なことになりました。

みなさまも、今から備えましょう。

その時頼りになるのは、ナチュラルケアです。

知っておいて損はありません。


puffy_logo_brown_small.png
ナチュラルケアしてますか? にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
nice!(50)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

雑誌に載せていただきました! [わんこのナチュラル・ケア]

ご訪問、ありがとうございます。

さてさて、タイトル通り、九州のフリーペーパー「Nasse」という雑誌に、月ちゃん家のインタビュー記事を載せていただいております!



c20160125_1_1.jpg




サプリメントを愛用してくださっているお客様からのご紹介ということで、インタビューの依頼があり、このような素敵な記事が Nasse 今月号に載っています ↓



Nasse1 (Copy).jpg


月ちゃんはもちろん「マーケティングディレクター」として写真に載っておりますが、インタビューしてくださったTさんが何度もトライしてくださったのですが、さすが月ちゃん(笑)、よそ見のものしか撮れず。

でもなんか、自然な感じで私は好きです。

三ちゃんは不参加だったので、無理を言って写真を添えてもらいました。

Tさんは、パフィーズのHPなどをすでに熟読されていて、こんなにきちんと下準備をしていただいているインタビュー、珍しいのではないかと思いました!

この「ペット通信」は、福岡市内と北九州市内の版だけですが、今回気を付けて見ていたら、割といろいろなところに置いてありますので、みなさま、見てみてください♡

記事は後日、パフィーズのHPに載せてもらいますね。

なので、福岡でない方で、「読みたいよ~」という方は、少々お待ちください!



そして私だけの「つぼ」ポイント ↓



Nasse2 (Copy).jpg




送っていただいたコピーの裏表紙は、なんと対馬の宣伝!

あ~、やっぱり、なんだかご縁の繋がりでここに来たんだな~と思いました。

ところで対馬は食べ物だけでなく、すばらしい自然と太古の歴史が魅力です。



結局あれからまた出張に出まして、さらに来週も(汗)。

というわけで年明けからずっと休みなく働いておりますが、先週末の雪の日は、半日休んで月ちゃんと思い切り走り回りました。



12615558_1775384959268532_5763253980266366160_o.jpg



最初に雪を見たときは、食べようとパクパクしていた月ちゃんも、今ではすっかり雪に慣れたみたい。

ビーチと同じような感覚になるのでしょうか、いつもよりずっとエキサイトしてました。




三ちゃんにも、雪を体験させてあげようとお外に出してみたところ...



12496214_1775385855935109_1253872380086607463_o.jpg



意外に好評(笑)。

いつまでも、「わあ~♡」と歩き回っておりました。



そんなこんなで、来月もなんだか出張続きとなりそうですが、元気にやっております。



puffy_logo_brown_small.png
月ちゃん・三ちゃんの雪の写真は、FBに載せたものです。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
nice!(47)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

イムズにあります! [わんこのナチュラル・ケア]

ご訪問、ありがとうございます。

パリはひどいことになりましたね。

パリだけでなく、ヨーロッパ全体、そしてアメリカでも、緊迫した空気に包まれていて、これからどうなってしまうのか、心配です。

ロンドンにいた頃も、そして帰国してからも、パリはヨーロッパで一番好きな街...

パリの人達に、気持ちを寄せています。

何もできませんが、地球の上に愛が少しでも多く存在するように。



DSCN0099 (Copy).JPG






さてさて、月ちゃんですが、もうすっかり平常通り。



20151112_140156 (Copy).jpg



このポーズは、お散歩途中の「帰らない」ポーズ。

ついつい負けてしまうあま~い私です。



そして、前回の続きですが...

福岡市の一番の繁華街、天神。

その一番メジャーな横断歩道の前にあるのが、このビル。



20151112_161657 (Copy).jpg



イムズ、というビルですが、Inter Media Station (IMS) の名の通り、情報発信をするショッピングビルなのです。

いろんなイベントや展覧会など、いつもアートな雰囲気が満載。

中に入っているお店も、ちょっとひねりのある個性的なブランドがたくさん。




この6Fに、「ナチュ村」という自然食品のお店があり、今回そこにパフィーズの商品を置かせてもらえることになったのですが....[exclamation]





「こんなにいい材料がこれだけ入っていて、この価格で出せるのはなぜですか??」と、店長さんから最初のひとこと。




androidapp/29357151113184355-244817174.png




こんなにすぐに商品を理解していただけたのもうれしかったし...

大型犬やたくさんの子に使ってもらうため、品質に妥協せず価格を抑えるこの5年間の努力が認めていただけたのも、うれしかったです[ぴかぴか(新しい)]

パフィーズのサプリメント、ペット用品に慣れている方には「卸値が高い」と言われたことがありますが(ドッグフードなどは卸値がものっすごく安いらしいですね)、人間用の商品と並ぶとそうでもないのですね。

もちろん、バウンシー&アスタミアともに人間用の材料のみ。

そのうえオーガニックですから原価があり仕方ないのですが...

それを言われるたびにちょっぴり肩身の狭い思いをしてきました(笑)。

いろんなお店にアプローチしていなかったのも、これが一つの理由ですが、これからはもっと自信もってよさそう!

なのでこれも、うれしかったポイント[かわいい]

でも、当たり前ですよね、本来は。

なのでもしご愛用されてる方で、「近くのお店に置いてほしいな」という方は、どうぞパフィーズまでご一報ください。

がんばってみます!




そしてこのナチュ村さん、私が海外で買っていた商品や、遠くまで調達しに行くような食材がそれはもう豊富に揃っています。



20151112_163006 (Copy).jpg



フェアトレードブランドの、people tree のチョコレート。

クリスマスのちょっとしたプレゼントなどに、お勧めです。




そして、しっかり月ちゃんのご飯用の食材を調達しました!



20151112_173104 (Copy).jpg



オーガニックの野菜もたくさん種類があり、お値段もリーズナブルです。


そしてそして、パフィーズのサプリメントは、こちら ↓



20151112_171644 (Copy).jpg



もちろん、にゃんこ用バウンシーも♡

店員さんが最初に手に取られて「いや~ん、かわいい♡」とおっしゃったのは、このパッケージ。

そしてここにすでにさりげな~く登場しておりますが、これ、月ちゃん家のにゃんこ。

写真や経緯は詳しくはまずこちらを見ていただきたいのですが、ナルトさんが「拾ってきた」ノラ猫ちゃん。

最初は壁や家具にいたずらしないかずーっと慎重に観察してました(笑)。

結果、戸建てなので広いこともありますが、まったく爪とぎポストや(私たちの)ソファー以外では爪とぎしないではありませんか!!

なので、月ちゃんの了承を経てこの子を「三ちゃん」と名付けました。



IMGP1062 (Copy).JPG




これについて書き出すと止まらないので、また次回以降、「拾った」時の様子なども詳しくお伝えしますね。




さて、というわけで、わん&にゃんを愛するみなさま、イムズでパフィーズのサプリメントをお買い上げいただいた方に、月ちゃんから(とってもささやかな(汗))プレゼントがあります♡


20151112_184647 (Copy).jpg



とはいえ、まだ準備ができていないので(スタッフに準備の協力はお願いしました!)、できてからこちらでお知らせします。

もしお知らせの前にすでにご購入していただける方は、どうぞ、それがわかるもの(写真やレシート)を取っておいてくださいね。

「もうしちゃったよ!」という方は、どうぞパフィーズまでご一報ください。



イムズでのお勧め、いろいろあるので時々ご紹介しようかと思いますが、まずはこの本屋さん&カフェ。


20151112_174917 (Copy).jpg



ワインがないのが残念ですが(笑)、先進的なテイストでセレクトされた本が並ぶスペースと続きで、本を持ち込んで読めるカフェがあります。

「新しい考え方」的なことを知りたい時、必ずここで本をチェックしています。

お勧めです。



そして引き続き、一筆箋、たくさんご購入ほんとにありがとうございます!

So-net のお仲間のみなさんだけでなく、いろんな方に、直接お礼を言えないのが残念なほど!

多めに印刷しておいて、よかった(笑)。



IMGP3320 (Copy).JPG




みなさんやっぱり、わん&にゃんのために何かしたい!と思っていらっしゃるんだなあ~と、思います。

そしてついでにですね、コレ、森林認証用紙なるものを使っておりまして。

自然を守るようなやり方でお世話されている森から来た木から作った紙なのです。

なので、実は環境保護にも貢献できる、一石二鳥のチャリティーグッズです。

原価がそういう理由で高いのでお値段はちょっとしますが(650円)、でも、自然にいいもの、わん&にゃんにいいもの、しかも紙はとても上質です。

そして、コーヒーステインの模様でちょっと、カリフォルニア風のデザインにしてみてます。

クリスマスに向けて、小さな寄付、ご協力お願いできましたら。

すでにお買い上げいただいた方は、よかったらご紹介ください。

追記:So-net のお仲間、マリエさんのところの肉球クラブ(にゃん&わん保護ネットワーク)さんが、ご紹介くださっています(こちら)♡ パフィーズも来年からは、猫ちゃんもコンセプトに入れてチャリティーグッズを考える予定です!




IMGP2892 (Copy).JPG



みなさま、よい週末をお過ごしくださいね。

イムズでのお買い物へのプレゼント、にゃんこアップデート、お楽しみに。それまでは、パフィーズのブログで写真をどうぞ。




puffy_logo_brown_small.png
犬のオーガニックサプリメント にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
nice!(46)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お薬でなく体が病気を直すお話 [わんこのナチュラル・ケア]

ご訪問、ありがとうございます。

また、前回の記事にもたくさんコメントをいただき、すごくうれしいです。

その前の記事から、ゆっくり返信させていただきますね。(追記:コメントお返事書いてます。)

あと、メールでもいろんな方からご連絡いただき、ご心配おかけしました。

そしてそして、早速に一筆箋を購入してくださったみなさま、本当にありがとうございます!

実はある方から「カレンダーより使いやすい」とのご意見もいただいており、ほんとだな~と、予想外にたくさんご注文いただいているのを見て思いました。

お友達にあげていただけるのだろうな~という感じのご注文が多いです。

スタッフのナイスアイデアです☆



IMGP3320 (Copy).JPG



使い心地など、試された方はぜひ教えてくださいね。





さて。

あれからの月ちゃん、お水をたくさん飲んでいました。

もちろん、オシッコもじゃんじゃんと。

手作りしてるから普段はあまり飲まないため、あんまり続いたら腎臓系のトラブルもあり得るからと心配しました。

でも、3日で普段通りお水を飲まない子に戻りました(笑)。









これは恐らく、体内にある異物(点滴の成分かな)を外に出そうとする現象だったのだろう、とナルトさんと話しました。

とすれば、体とは、なんと良くできているのか。

そしてやっぱりお薬は、できるだけ早く体を通過してもらわなくてはならないものだな、と。

バウンシーのありがたみが、身にしみました。







普段からバウンシーでケアしてたから、さっさとデトックスしたのかは分かりませんが、ちょっとびっくり。

月ちゃんて、やっぱりすごい子かも。







そして昨日、ビッグニュースがありました。

10代の頃から福岡市で一番好きだったデパート、イムズで昨日からパフィーズのサプリメントが買えるようになりました!

「ナチュ村さん」という自然食品のお店。

ありがたいことに、ご紹介でのご縁ですが、とにかくいつかはこのビルに、と数週間前にスタッフに話していたので、今日は感慨深い日です。






月ちゃんはお散歩もご飯も済んでるし、真っ直ぐ帰るのももったいないから、ナルトさんを呼び出しました。






まずは、一人で祝杯(笑)。

とは言え、結果が出せなければもちろん継続もできないので、これからがまたチャレンジです。

みなさま、天神に行かれたら、ぜひお店を覗いてみてくださいね。

でもこの話は、また次回に詳しく。


puffy_logo_brown_small.png
犬のオーガニックサプリメント にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村

元気になりました! [わんこのナチュラル・ケア]

ご訪問、ありがとうございます。

前回の記事には、月ちゃんへのコメントを、そして、メールやFBなどで月ちゃんへのお気遣いメッセージなどいただき、みなさま、ありがとうございます。

記事へのお返事はおいおいさせていただくとして、まずは、月ちゃん、元気です!



RIMG0174 (Copy).JPG




あれから嘔吐も下痢もなく、食欲もありますし、お散歩も普段通りで「帰らない」コール。

通常通りです。



月ちゃんとの歴史を考えていて、ひさしぶりに、カリフォルニア時代の写真を引っ張り出してみました。



012 (Copy).JPG



よく散歩に行っていた Regional Park で、お馬さんに迫る勢いの月ちゃん。この頃は、放牧の牛さんを追いかけて私たちをひやひやさせたりしてました。


うーん、改めてちょっと読み返してみるとこの頃は、毎日のように記事をアップしています!

しかも、人間用だってお料理も楽しんでいた様子が我ながらはるか昔のことのようです(笑)。

なぜこれほど生活を楽しむゆとり時間があったのか、と考えてみると、やはり私自身が「海外にいる人」と他の人が思っていたので仕事でも連絡は今のように多くなかったこと、があるかな~。

あとは、様々な事務的なことをすべてナルトさんがやってくれていた、というのは大きいですね。

今は全部、ワタシなので... しかもこういうのが得意な彼と違い、私の場合やたらと時間はかかるし間違ってやり直しが多いのです...



091 (Copy).JPG

Dog Park (ドッグラン)もよく行きました。広大だったから開放的で、月ちゃんもこの広さなら怖くなかったみたいです。




月ちゃんのことですが、数日経ってみると、「半日早く獣医さんへ行き過ぎたかな」とも思います。

この様子と、回復の速さからすると、特に何もしていなくても、時間は少し長くなっても自然と治まったのではないかと思います。

本当ならそうしたかったところです。

ただ、わからないのがツライところですね。

この判断、本当に難しいところです。

獣医さんへ行ったのは、分析、つまり、症状の原因を教えてもらいたかったから、なのですが、獣医さんのお仕事は処置をすること、というような向きもあり...

今回は、幸いそれほど「それは要りません」というようなものは下痢止めくらいであったので(本当は吐き気どめの注射も question ではありますが)、あまり悩まず素直に先生に協力しました。




もし、もし、ですね、「そんなに薬をあげて大丈夫かな...」となった時には、やっぱり普段のケアと、そのあとのデトックスが大切です。

だから、わんこのナチュラルケア、やっぱり始めましょう。

私の場合、「普段からケアしてるしお薬はほとんど摂取したことがない」という自負はあり、落ち着いて対処できました。

やはり、なんでもないのにお薬を多用すると、健康というのは損なわれます。

病期を治すのは、体です。お薬ではありません。

そして健康な体を作るのは、やっぱり、食事と環境。

ここは、獣医さんでなく私たちの担当です。




134 (Copy).JPG




わかっていたことではありますが、ちょうど先月、WHO(世界保健機構)が、加工肉を食べると発がんのリスクがアップすることを発表しました(詳しい BBC の日本語記事はこちら)。

喫煙やディーゼル排ガスなどとも比較されるリスクだとか。

ただ、このことだけが独り歩きして業界から猛反発もある宣言ですが。




でも、加工したお肉をまったく食べないわんこ(やにゃんこ)は、あまりいませんよね。

月ちゃんも、多くは生肉をあげますが、やっぱり調理したものが匂いもよくて好き。

だいすきな、おこのみやき(低い温度で焼いた、アスタミア入り: 本来は加熱しないのがベストです!) ↓



RIMG0404 (Copy).JPG




おいしく食べることも、やっぱり大切(Body & Soul & Spirit です!)。

すべてはバランスの問題でもあります。その分、ビタミンやミネラルをきちんと補給して、バランスのいい食事をとって健康を維持することです。

それに生肉だって、ホルモン剤や抗生物質の他、飼料になってる穀物などは遺伝子組換え作物や農薬・化学肥料のリスクが。

現代のわんこ、にゃんこには、それなりにリスクがつきものです。

人間は、ベジでもいけますが。

だから、よく言われる、お肉を食べたらそれだけ緑の野菜を、ということを、月ちゃん家はアスタミアをうまく使って実行しています。



本当はお魚を主に食べさせたいのですが、お魚もこれまたジレンマの多い食べ物。



RIMG0201 (Copy).JPG




まずはお魚自体が劇的に減っていて、このままだと世界の様々な漁場で崩壊が起こると言われています(だから大きなお魚はほどほどに)。

そして... 海の汚染がありますし、養殖だとえさにする魚を大量に捕獲して効率が悪いという環境問題のほかにお肉と同じ抗生物質などの問題が。

もちろん、だからと言ってお魚みたいに栄養価に優れたものをあげないわけではないので、とにかく「リスク」があることは、意識した方が無難だと私は思います。



だからやっぱり、環境は大切にしなければなりません。

私は環境問題とずっと関わって来て、私たちのようになぜか自然を保護したいとティーンの頃から強く思ったような人は別とすると、一般の人が一番納得する理由付けの一つは「食」に関する問題が自分のことになった時ではないかと思っています。

だから、食に関することに関わりたいと思いました。

完璧ではないものの、やはりオーガニックがこれからの時代の農業や食べ物のあり方を表していると思います。



RIMG0208 (Copy).JPG




私達以上に動物性たんぱく質を必要とする、リスクのあるわんこ・にゃんこ達。

ナチュラルケアではそのリスクの深刻さをまず、考えることも大切だと思います。

そうしてケアしていれば、何かあった時、より落ち着いて向かい合えるかな、と。




RIMG2924 (Copy).JPG




みなさまも、そなえあればうれいなし。

今日からナチュラルケアを始めましょう!






前回の記事に書いたチャリティー一筆箋、今日からウェブサイトで買えます!



IMGP3320 (Copy).JPG



利益は全額、どうぶつのために寄付します。送料はパフィーズ負担です(詳しくはHPをどうぞ)。

お友達にも、お声がけいただければ、うれしいです♡(つまり、「拡散希望」です!)



puffy_logo_brown_small.png
犬のオーガニックサプリメント にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
nice!(47)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | - わんこのナチュラル・ケア ブログトップ

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。