So-net無料ブログ作成
月ちゃんとの出会い ブログトップ

シンプルわんこご飯&わが家にお迎えした時のこと [月ちゃんとの出会い]

みなさま、前回の記事にはたくさんのあたたかいコメント、ありがとうございます[揺れるハート]
(あ、そうそう、プレゼントに当選した方、"サポートスタッフ"によると、金曜日に発送しているそうですので、もうお手元に届くと思います。)


最近多い月ちゃんのメニュー。


040_500x375.jpg


みなさんのわんちゃんもいろいろ好きな食べ物があると思うんですが、月ちゃんが一番好き(そう)なのが、骨付きの鶏肉。
今回は、オーガニックチキンをミネラルいっぱいの昆布と一緒に煮ています。(←長時間煮る時は、たま~にそのとろとろになった昆布も一緒にあげてます。)
骨から身を外すのは、熱いうちにやった方が簡単。
なので煮たチキンをお皿に置いて、身を外しているうちにちょうどいい頃合いに冷めてきます。


041_500x375.jpg


それに、一緒に煮ておいた穀物と野菜を合わせます(お肉が半分くらい、穀物と野菜が1/4ずつくらい)。
この日は、朝食べなかったので(←朝はあまり食べないのです)早めの夕食。
どうも月ちゃんは夜に胃が活発になるのか、朝食べない日は夜ご飯を2回食べるため、上の写真は、量としては1回分の1/2くらいです。
野菜はキャベツだけですが、たまには消化の負担を軽くするために、時々は野菜や果物などの種類を少なくしたこういうシンプルメニューにしています。


さて....前回の続き....


最初にうちに来た日。
車の中でフリーズしてた月ちゃんは、「こいぬ」にしてはミョーにおとなしく、ずっと静かに助手席に座っていました。
(途中、ちょっと変な声で鳴いて、一瞬「?これは犬ではない?!」と思ったけど[あせあせ(飛び散る汗)]


041_500x375.jpg

相変わらずソファーの高いところを陣取っている最近の月ちゃん。


初めて月ちゃんを見たときの私の感想は、「やせてる」「気が弱そう」というどちらかというと心配に近い感想でした。
で、その心配が的中した[がく~(落胆した顔)]と思ったのは、車から降ろす時に異常に怖がったとき。
ようやくなだめすかして降ろし、まずはお散歩へ。


近くの公園へ連れて行ってみましたが、ものすごいビビリよう。
近づく人・わんこ・自転車・車、すべてがものすごく怖いようで、「キャンキャン」と泣き叫び逃げようとするので、そうそうにマンションへ。



RIMG0650_500x375.jpg



「...うまく順応してくれるかな...」と不安になりつつ部屋へ連れて行くと、月ちゃんの態度は一変。
私が何日も前から楽しみにして用意しておいた毛布やケージ、ベッドを見て、すぐに「自分のもの」とわかったようで大喜びで突進していきました。
そしてひとしきりあばれた後は、毛布をほりほり。
この時ほりほりした毛玉、取ってあって、いつかフェルト小物でも作ろうかと思ってます[三日月]
そして、早速一足先にサンフランシスコに行っていたナルトさんに報告するために、ビデオ電話。



ナルトさんも心待ちにしていたので、二人ともコーフン気味。
ビデオ電話の間、月ちゃんは私のおひざに頭を乗せていて、すでにラブ[揺れるハート]な感じ。
ナルトさんはその時「彼女は自分の運命を知っている犬だ」と思ったそう。
でも、ほんとにそうかも。(←だって、月ちゃんに限って絶対にあり得ないんです。知らない人に一発でなつくなんて!)



RIMG0653_500x375.jpg

二日目。早速お裁縫箱の上に置いておいた私のジャケットの上に乗ってます。


その日は急に環境も変わったし、食事は今まで食べていたというフードをあげました。
(ただ、月ちゃんがかなり健康でストレスにも意外に強いと思ったのは、初めてのところでもしっかり硬いう○ちをした時でした。)
夜は、早速ケージでくつろいでましたが、私が座っていると、ひざの上に乗ってきました。
「やっぱりきょうだいと離れてさみしいのかな」... うう、月ちゃん[もうやだ~(悲しい顔)]


でも私がお風呂に入ったりしている間に自分のベッドですやすや[眠い(睡眠)]
これなら大丈夫、と私が自分のベッドに上がると、また例の変な鳴き声が。
よく「犬をベッドにあげてはいけない」と言いますが、私は「ひとりで寝られるなら一人で寝かせよう、そうでなければ一緒に寝てあげよう」と決めてたので、「いっしょに寝る?じゃあおいで」と手招きすると、ジャンプしてお布団の上の私の足元に丸まりました。
そして朝、そーっと足元を見てみると、私が起きたのを見て超喜ぶ月ちゃん。
一緒に寝てたのに... かわいい[ハートたち(複数ハート)]


その日の朝ごはんから、徐々におじやを混ぜ始めましたが、とにかくおいしかったようですごい喜びようでした。(←ああ~、今の月ちゃんに教えてやりたい....)


RIMG0164_500x375.jpg


ご飯の後少しだけ近所をお散歩し、途中、仲よくしていたジルクくん(↑)&飼い主さんにばったり。
「あら~、なんか二人似てるわね~」と飼い主さん[たらーっ(汗)]
このとっても優しい飼い主さんが頭をさわろうとするのですがものすごい勢いで泣き叫んで拒否する月ちゃん。
ちょっと不安になった私に、「いっぱい愛情あげればね、だいじょうぶよ、きっと。」とまっすぐ目を見て言ってくださいました。


気を取り直し、車で実家へ。
道中、大型トラックにビビり、助手席の下にずっともぐっていた月ちゃん[たらーっ(汗)]
実家へ着いたら着いたで、「あら~、いらっしゃい~」と手を出す母をすごい勢いで拒否。
だけど、やっぱり何かわかるのか、母とは数時間ですぐに打ち解けました。
これも、ほかの人ではナルトさん以外まだありません。


RIMG0839_500x375.jpg


そして、実家のわんこ、アトムにご挨拶。
わんこ&にゃんこと暮らしていた月ちゃんは、すぐにアトムに打ち解けました。
すぐに「単細胞」(ごめん!!アトム!)と見抜いたみたい。
「賢く繊細な妹」と、「単純なお兄ちゃん」風です。


わんこ大好きな父も帰ってきて(この日は父には最後まで近寄りませんでした[たらーっ(汗)])、みんなで団らん。
母が月ちゃんを観察してて、「この子いいかもよ」。


なぜなら、母の大切な無垢材の床や家具にもいたずらすることなく、おとなしく自分の毛布の上で過ごしていたんです~。
さらに、「だめ」というとすぐにやめるし、トイレも完璧。
うーん、パフィーの時にはあり得ない聞き分けの良さ!
もうちょっとやんちゃしてもいいのにな、なんて思ってたこの頃ののんきなワタシ[ふらふら]


123_500x375.jpg


だって、今は、コレ(↑)[たらーっ(汗)]


夕食を終えて、再びマンションへ。
その日の夜もベッドに上がってきた月ちゃん。
昨日とおなじく布団の上で寝るのだろうと思ったらなんと
最初の日は、猫をかぶっていたのね。
2日目からは、「すぽっ」と掛布団の中にもぐりこんで来たんです。
これには私もびっくり[exclamation]


RIMG0646_500x375.jpg

初めて来た日、私の作っておいたスリングの上で寝ちゃった月ちゃん。 上からこれまた用意しておいたかわいいブランケットをかけてあげました。

「おしっこしないかな」とか「つぶさないかな」と心配しましたが、全然だいじょうぶ。
朝までピクリともせずにずっとお布団の中、私のおなかあたりですやすや。
寒い夜に、月ちゃんが掛布団の上で寝ていたのは、この1年間であの最初の夜だけでした...

次回へ続く~

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

家族になった日のこと(ミートボールでお祝い!) [月ちゃんとの出会い]

さて、この間お話しした、月ちゃんの家族記念日。

おたんじょうびにはキャンプに行って、(覚えてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが)ハンバーグをバースデーバーグとして作りました(こちら)。
今度はどうしようかなあ... と思ったけど、やっぱりお肉でしょ[るんるん]
ってことで、ミートボール!


016_500x375.jpg


ミートボールには、オーガニックビーフ、有機卵、あとは適当にあまりものを活用。
ほかに入れたのは、マッシュドポテトの残り(塩なし)、パセリ、各種ドライハーブに豆乳パウダー。
ミニトマトを少し刻んだのをお鍋の底に敷いて、5-6分でミートボールを蒸し焼きにしました。
ケールの残りがあったので、それも刻んで投入。
特別メニューだったけど、栄養バランスは意外に高得点、かな?


025_500x375.jpg


これ、一つ味見しましたが、ナルトさんが悲しそうな[もうやだ~(悲しい顔)]顔をしたほどおいしかったです。


032_375x500.jpg


じゃあ、ってことで人間の方は、一度作ってみたかった、巨大ミートボールスパゲティ。
ミートボールは、ゴルフボールより大きなものを、オーブンで10分焼きました。

034_375x500.jpg


焼きあがったミートボールを、ガーリックや玉ねぎと炒めたトマトソースの中に入れ、ソースをパスタにからめて上にミートボールを乗せればできあがり。
そんなこんなで、月ちゃんと家族になった日をワイワイ言いながらおいしく過ごしました。

さて。ここから先は、ちょっと長いので、月ちゃんとのなれそめに興味のある方だけどうぞ~。

月ちゃんは、長崎県の「対馬」という島でうまれました。


049_500x375.jpg


もっと詳しい地図はこちらにありますが、九州本土からは100キロちょっと、韓国へはたったの50キロ。
「ツシマヤマネコ」はじめ、ここにしかいない希少種がたくさんいる、森におおわれた島なんです。


ここで毎年のようにこいぬを生んでいるというノラのお母さんから生まれたのが月ちゃん。
去年の11月のある日、ほかのきょうだい3匹と一緒に、福岡どうぶつ会議所さんの、「里親募集中」のわんことしてこの写真があったのです↓
(このときは私は福岡県にいました。)


m_d133koinu2.jpg


その前の日に、亡くなった先代犬パフィーが初めて出てきて、「白いたれ耳のわんこ」が次のわんこになるということを教えてもらった夢を見たわたし。


その前からずっと里子を探していたので、いつものように朝どうぶつ会議所さんのHPを開いてびっくり。
4匹いるわんこのうち(写真は4枚ありました)、写真を見てすぐに月ちゃんだと思いました。
(←ほんとうは、もっとお気楽&ハッピ~な性格の子をって思ってたんですが、月ちゃんを一目見て「ああ、たぶん自分はこの繊細そうな子を選ぶだろうな」と思いました。)


RIMG0640_375x500.jpg

初めてうちに来た日。引き渡してもらってから1時間くらいかな。

ところが!
保護された方へ連絡しても、3週間何のお返事もなく...
もうほかに決まっちゃったかもしれないし、あきらめようかな、という私の背中を強く押してくれたのはナルトさん。


そこで「もういないかも」と思いつつ保護団体さんに問い合わせると、「ジャンクメールに入ってました」と保護されたお姉さんから連絡がきました。
「あの、赤い首輪の子はまだいますか?」と聞くと、「いますよ」!
3週間たっても、幸か不幸か、やっぱりまだ飼い主さん候補がいませんでした。


4dce3996.jpg


早速また写真を送ってもらい(↑横にきょうだいたちが写ってます。みんなお家が見つかったそうです。)、月ちゃんの性格を電話で根掘り葉掘り。「一番おとなしい」「一番ききわけがよい」「あまえんぼう」「お散歩好き」「知らない人がくると吠える時もある」「近所のおばさんとお散歩にいったりする」「トイレのしつけはできている」「おなかに虫がいたが、特に気づく健康上の問題はない」。


本当は、会わないで迎えるなんて絶対にありえないと思っていたし、お勧めできないことですが... (理想的にはトライアルを経て慎重に選びましょう~。)
いろんなわんこをずっと見てきて月ちゃんはピーンときたこと、里子を引き取るからにはある程度の問題は受け入れようという最初からの決心、それに代々保護団体からクセありにゃんこを引き取ってきた経験を持つナルトさんからの強いサポートが、私に珍しくこういうことではありえない行動をとらせたのでしょう。


そして、パフィーからの「お告げ」と、彼女からもらった愛情があったからこそ。
行き場のない子で、でも自分のパートナーとしてピンとくる子。
それが難しい条件であったことは、数か月の里子探しでわかっていたので、パフィーのお告げと自分の勘に従おうかなと思いました。


PuffyColour_500x375.jpg



まあ、写真の顔つきやお姉さんからいろいろ聞いて月ちゃんがどんな子かだいたいわかる気がしたし、極度にひどい人ぎらいや、攻撃性がないのであれば私の方は大丈夫。
「連れてきてください」とお願いしました。


そして、対馬からフェリーで福岡へ連れてきてくださるという日。
フェリー乗り場にある、大きな水槽の前でキンチョーしながら待っていたのを思い出します。
大きな亀さんが、空を飛ぶみたいにひらりと泳いでいたっけ。なんか、デートの待ち合わせをしてる気分でした。


RIMG0674_500x375.jpg


そしてやってきたお姉さんと、スポーツバッグに入って、小刻みに震えていた月ちゃん。
本当はお茶でも一緒にと思っていたのが、お姉さんは福岡で用事があるということで、その近くまで車でお送りしました。


お姉さんが車から降りていよいよ二人っきり。
意外におとなしく助手席に座っていた月ちゃん。
今思うとフリーズしてたのかもね(笑)。


024_500x375.jpg


また長くなっちゃいました…
このお話、自分の記録のためもあるので、引き続きいよければおつきあいください~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

半年目の記念日 [月ちゃんとの出会い]

楽しいカーメル旅行もおしまい。最後は、わんこが主役になれるカーメルでナンバーワン(私が決めました~)のホテル、Cypress Inn で乾杯しました。

RIMG4522~_500x375.jpg

乾杯と言えば今日は、月ちゃんと出会ってちょうど半年目の日です。
その記念すべき日を一緒に過ごせなくて、とっても残念。

月ちゃんとの出会いは、以前こちらに書いたのですが、月ちゃんが里親募集のサイトに出たのが去年の11月13日。

保護された方とのやりとりがスムーズにいかず(迷惑メールに入ってたそうで...)あきらめかけたころやっと私のところに来たのが12月13日。
だから、今日、5月13日が、半年目の日です。

これが、その時のサイトに3匹の姉妹たちと写っていた月ちゃんの写真です。

d133koinu2.jpg

1年くらいずっと自分に合いそうな里親募集中の子を探してて、初めて「ピーン」と来たのが月ちゃん。
もちろん月ちゃんの写真を見て「この子だ!」と思ったのですが、実はその前の晩、亡くなった先代犬パフィーが初めて夢にでてきて、そのあとにたれ耳の白い犬がでてきたのです。
ぼんやりと、「ああ、これが次のパフィーなんだな」と思って目が覚めました...

だから次の日の朝、いつものように癖になっていた里親募集のサイトを開き、月ちゃんたちがいるのを見て、その場で立候補しました(なぜ月ちゃんかって、なんだかすぐにわかったんですよ~、これが!)。
で、月ちゃんが生まれたのは8月のいつか。うちに来たのが13日だし、パフィーが亡くなったのが実は8月13日。
だから、月ちゃんのおたんじょうびはパフィーの命日です。

その月ちゃんですが、お昼のお留守番がお気に召さないらしく(当たり前ですね)、腹いせを...

DSCF1323.jpg

あらら、ナルトさんのノート。ごめんね月ちゃん。(←ナルトさん、ではない!?)
でも、ドッグランで元気にストレスも発散しているようです。ナルトさんが送ってくれた、この写真、なんかスゴイ...

DSCF1430.jpg

このわんちゃんを、襲っているのではなく、とても気に入って遊んでほしかったようです~。
月ちゃん、ますますたくましく、大きくなあれ♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています
月ちゃんとの出会い ブログトップ

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。