So-net無料ブログ作成
月ちゃん、San Francisco へ ブログトップ

保護わんこ月ちゃん、San Francisco へ (その4) [月ちゃん、San Francisco へ]

ご訪問ありがとうございます[三日月]

027_500x375.jpg

月ちゃん地方、昨日も[晴れ]でした。

*******************

保護わんこ月ちゃん、サンフランシスコへ、今回が最終エピソードになります。


成田でベルトコンベアに乗っていった月ちゃんを見送り、私も搭乗ゲートへ。
外を見ると、私たちの乗る飛行機に、貨物が積み込まれています。
月ちゃんいるかな...と一生懸命見てみましたが、特別な貨物として別途運ばれているようで、見ることができず。

飛行機に乗ってすぐ、「あの~、犬を連れて行くんですが、もう乗りましたか?」と思わず聞いてしまいました。
すると、CAさん、「はい、機長を含め、搭乗員全員わんちゃんがいることは知らされております。ちゃんとお預かりしております。」との素晴らしいお答え[ぴかぴか(新しい)]


今度は気温が気になり...
私: 「あの~、犬のいるところの空調は、人間と同じですよね?ちゃんとあったかくなってますよね?」
CAさん: 「はい、大丈夫でございますが、ただいまコックピットに行って機長に確認してまいります」
そしてにっこりと、「大丈夫でございます。ちゃんと客室と同じ空調になっております。」との確認[ぴかぴか(新しい)]


287_375x500.jpg

その時の画像ではありませんが...


とにかく神経衰弱気味だったワタシ、それでやっとうつらうつらできました。
ANAの方の優しく丁寧な応対、ほんとに感謝しております。


成田―SFは9時間ちょっと。
いつもは仕事をしたり映画を見たり、割と短く感じるフライトですが、この時ばかりは飛行機が揺れるたびに月ちゃんが気になり、とても長く感じました。
月ちゃん、怖がってないかな...

やっとのことでSFO空港到着。天気は[曇り]でした。
イミグレーションを抜けると一目散に月ちゃんの出てくるという検疫エリアの近くへ行き、ケージの中の月ちゃんと再会[ハートたち(複数ハート)]
書類検査も何もなく、あっけなくスル―。
さっすがアメリカ、おおざっぱというかおおらかというか。


RIMG1115_500x375.jpg


こわごわケージを覗いてみると、ふーむ。
おチッコもう○ちもしていないし[exclamation]、ちょっと目線を合わせないものの、他は普段と変わりない様子...。
お月さま、す、すごすぎる~[ぴかぴか(新しい)]
あなた、ほんとに子犬ですか[exclamation&question]


迎えに来てくれていたナルトさんを見てホッ。
とにかく無事についたあ~。もう一人じゃないし[ハートたち(複数ハート)]


RIMG1116_500x375.jpg


早速お手製のご飯を用意してくれてたナルトさん。
すると、いつもものすごい人見知りをする月ちゃんが、ナルトさんからお手製ご飯をもらうではありませんか[exclamation]


そして、車に乗ったあとも...


RIMG1136_500x375.jpg


なんとぉぉぉ~[exclamation×2]
ありえない... 初めて会った人の膝に乗るなんて~。
後にも先にもこれっきりです。
いつもビデオ電話で声を聞いていたからでしょうか。


RIMG1128_500x375.jpg


そして、今度は私の膝に戻ってきたと思ったとたん、じわ~っとあたたかい感触。
「?」と思っているうちに、ナルトさんの膝に戻る月ちゃん。
私の膝の上でおチッコをしたんです[がく~(落胆した顔)]
コンクリートしかなかったSFO空港から、もう我慢できなかったんだね...。


とにかく最後まで、私を驚かせっぱなしだった月ちゃん。


332_375x500.jpg


今はのんきに過ごしてる月ちゃんですが、私はこの時とても落ち着いていてくれた月ちゃんに感謝するとともに、彼女をひそかに尊敬しています[ぴかぴか(新しい)]


いつでも里親募集中

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

nice!(67)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

保護わんこ月ちゃん、San Francisco へ(その3) [月ちゃん、San Francisco へ]

ご訪問ありがとうございます[揺れるハート]

068_500x375.jpg

月ちゃん地方、今日も[晴れ]でした。

********************

さて、保護わんこ月ちゃん、サンフランシスコへの道のりの続きです。


まずは成田まで飛んで、そこで一度月ちゃんと再会。
ケージから出しても、普通通りでした[exclamation] 
まずは第一段階クリア、ホッ。
鞄やケージを到着ロビーにある荷物預かり場所に預け、おチッコとう○ちをさせるべく、お散歩に。


しかし成田というところ、行けども行けども土や緑がないではありませんか[がく~(落胆した顔)]
そのころ月ちゃんは、土か草(かトイレシート)の上でしか用を足さなかったので、必死になってあちこち聞きまわりました。
でもどの係員さんやお店の方も、「さあ... 緑ねえ... ないのよねえ...」というお返事。

仕方なく教えてもらった、駐車場を突っ切った場外にある、中央分離帯の緑でおチッコだけすませました。


RIMG1096_500x375.jpg


う○ちはとうとうせず[たらーっ(汗)]
この時、少しだけいきつけのドッグカフェ Taro&Hana さんからいただいたゴートミルクを飲ませました。


ようやく無事に用を足し、荷物を取りに行きました。
これからが本番。もう飛行機はいやっていうかな....。
ところが[exclamation]ケージをあけるとなんと自分から入っていく月ちゃん[exclamation]
ふ~ん、フライト、嫌じゃなかったんだぁ~。すごい~[ぴかぴか(新しい)]


m_4df70dad.jpg


そして国際線のカウンターでも、スーツケースを置くベルトコンベアに載せてもぴくりともしません。


0b42f11e_500x375.jpg


ANAの方、またまた感心されて、「寝てますね[揺れるハート]起こさないようお連れしますね。」と優しい一言。
しかも、あまりに心配な私をみてとったのか、月ちゃんが見えなくなるぎりぎりのところまで係りの方が一緒に連れて行ってくださいました。
やっぱりANAにしてよかった~。
外国のエアラインだったらさぞあっさり連れて行かれちゃったでしょう。


係りの人と着いたところは、ゲート手前の特別なエリア。
ここで、特別な荷物をベルトコンベアで運ぶんですね。
今度も私の見送る中、無言で行っちゃった月ちゃん。


ca32d05c-s_500x375.jpg


あらら、月ちゃんの方がしっかりしてる~[ふらふら]
どうなんだろう、やっぱり練習の成果はあったのかな...?
さて、次はいよいよ到着です[グッド(上向き矢印)]


いつでも里親募集中

*********************

久しぶりに、オーガニックチキンロースト。
塩分は控えめにして、月ちゃんにもさましたチキンに生野菜をすりおろしたものを混ぜてあげます。
野菜は、人間のサラダに使ったニンジン・キャベツ・パセリ。比率は、お肉が2/3くらいかな。
うちは普段は穀物もあげますが、こういう時は、穀物はなしにしてバリエーションを。

051_500x375.jpg

あとはフラックスオイルやビーポーレン、サプリなどを混ぜてできあがり。
人間のメニューと合わせると、手作りも楽ちんですよ~。
ちなみに恐ろしいことに、オーガニックのチキンは普通のチキンよりぐんと小さい。
つまり、普通のチキンはホルモン剤などでお肉がたくさんつくようにしてあるんです。
いろいろ考えると、(お値段上の理由で)たまにしか食べられなくても私はやっぱり安全な食べ物がいいかな...。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています

ちなみに、いつもは個別にお返事書けないでいますが、二つ前の記事からコメントにお返事書いてます。
コメントくださった方、よろしければ見てみてくださいね~。

nice!(57)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

保護わんこ月ちゃん、San Francisco へ (その2) [月ちゃん、San Francisco へ]

ご訪問ありがとうございます[揺れるハート]


114_500x375.jpg

ようやくお日さまが顔を出してきた月ちゃん地方です。

*******************

さて、保護わんこ月ちゃん、サンフランシスコへの道のりの続きです。

前回は飛行機にのる練習のことを書きました。
が、練習は練習... と、キンチョーしていた出発の朝。
父や母も下に敷く毛布やなんやかや、あれこれ心配してくれていましたが、一人でこれを乗り越えなければならない私は神経衰弱寸前です[がく~(落胆した顔)]


RIMG1073_500x375.jpg


本犬はなんのその、椅子の上によじのぼり、朝ごはんが気になるようす。
この日は月ちゃんは、長時間のフライトに備え、気持ち悪くならないようほんのちょっぴりのフードにサプリメントだけにしておきました。


なのに、というか、だからなのか、いつも通りアトムとお散歩へ行きましたが、お月さま、う○ちをしません[がく~(落胆した顔)]
仕方なくそのままアトムとお別れし、空港へ出発[ダッシュ(走り出すさま)]
アトムも月ちゃんも、さびしくなっちゃうね...。


RIMG0814_500x375.jpg


よく質問されるのですが、今は渡米するとき、狂犬病の注射さえしていて書類(基本的には注射の証明・健康診断書・日本の動物検疫所に出す申請書など)をそろえれば検疫のための抑留は基本的にありません。


空港の隣にある福岡の動物検疫所で、月ちゃんのボディーチェックを済ませます。
私は事前に書類をそろえ、何度も検疫所の方とはお話ししていたので、「あ、これが月ちゃんですね」とスムーズにいきました。
この検査は単なる目視と触診なので、すぐに終わりました。


そして、いざカウンターへ。
航空会社もいろいろ悩み調べましたが、いつも使っているANAにしました。
最近は日本の航空会社もペットをよく運んでいるし、電話などの対応も親切でした。
万が一手違いなどがあったとき、海外の航空会社だとかなり自己責任で動かなければなりませんから...(航空会社に限ったことではないですが)。


ついてきてくれた両親と一緒にカウンターで名残を惜しみ、月ちゃんをケージに。
どこの航空会社でも、(特に5kg以上の)わんこの乗るところは、貨物と同じ暗い場所。
空調だけは人間と同じにしてあるセクションにいるのだそうですが、やっぱりかわいそう[もうやだ~(悲しい顔)]
でも一緒にアメリカで暮らすためには、月ちゃんにも乗り越えてもらわなければならない試練です。


RIMG1089_500x375.jpg


... と、ハラハラしているワタシや両親をよそに、どうですか、この堂々っぷり~
ケージが開いたり壊れたりした時用に網をかけられても....


RIMG1093_500x375.jpg


... この通り、堂々の寝そべりよう!
ANAの方たちが「おとなしいですね~」としきりに褒めてくださり、わざわざカウンターの向こう側から写真を撮ってくださいました。

とうとうウンともスンとも言わず、しずか~に連れられて行った月ちゃん...
私の方がおろおろしてて、はたで全部見ていた人がいたら、おかしかっただろうなあ~。
とにかくホッとし、私も搭乗。成田まではあっという間でした。
これからが本番、なのに成田で思わぬことに~。


*******************

わんこを飛行機に乗せるときの準備ポイントは...

[やや欠け月]ケージに慣れさせておく(ケージトレーニング、ってやつです)
[やや欠け月]できればケージに入れたまま、布をかぶせて真っ暗にしたり、揺らしたりしてみる
[やや欠け月]空港の雰囲気に慣れさせておく(できれば制服姿の人などに声をかけてもらうなどもポイント、かな)
[やや欠け月]数日前から健康管理は特に気をつける
[やや欠け月]前日と当日は絶食か、ご飯は消化のいいものをほんの少し
[やや欠け月]水分補給はしっかりと (飛行機って人間でもかなり乾燥しますよね)


というわけで、私なりにまとめてみましたが、ほかにもみなさんやってらっしゃることがあれば聞いてみたいです。で、米国への入国に必要な書類などについてはまた別途ご紹介します[かわいい]


さて、続きはまた明日...。かな...。

031_500x375.jpg

昨日のお散歩。わん友のジェンガちゃんと。[かわいい]


いつでも里親募集中

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています
nice!(66)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

保護わんこ月ちゃん、San Francisco へ [月ちゃん、San Francisco へ]

ご訪問ありがとうございます[揺れるハート]

昨年、家族記念日に始めた、月ちゃんが家に来てからの記録。
渡米エピソードが途中になってたので続きを書きたいと思います~。
できれば連日で一気にアップしようと目論んでいます[かわいい]


029_500x375.jpg

私がいない間にもう桜が咲いて今は散りかけています。咲いてる頃が見られなくて残念。

ちなみに、引き取ってから渡米までのエピソードはこちらから。
長いので、数回にわけて書きます、よろしければおつきあいください[揺れるハート]


022_500x375.jpg

アムステルダムではまったのが、このフレッシュ・ミント・ティー。ミント(ちぎることもなくそのままで)をグラスに入れ、お湯を注いで5分ほど蓋をしておくだけですが、おいしくて見た目にもいい感じ[ぴかぴか(新しい)] ミントはたっぷり入れて、デトックス効果は抜群です(飲んでみるとわかるかも...)。月ちゃんも少し一緒に飲んでいます。

*******************

さて、本題です。が、渡米の前に、もう一度おさらい(?!)...。
月ちゃんが対馬で生まれたことは以前にも書きました(って、トップのところにも書いてましたね)。
なぜこれをわざわざ言うのかっていうと、対馬がミステリアスな場所だからであります。


054_500x375.jpg


ちょうど帰りの飛行機で(ANAです)機内雑誌をめくっていたら、対馬の特集が。
韓国の釜山から50キロのこの島は、全島の89%が山なんだそうで、原始林の残る、自然信仰も残っているところ。

大陸に近いこの島は、古代から文化的にも軍事的にも重要な役割を占めていたのだそう。
なんと、かの『魏志倭人伝』(3世紀の書物です)にも登場していて、機内誌にあった引用文を借りると...☆


 初めて一海を渡る千余里、対馬国に至る。
 其の大官を卑狗と曰い、副を卑奴母離と曰う。
 居る所絶島、方四百余里可り。
 土地は山険しく、深林多く、道路は禽鹿の径(みち)の如し。

と続いています。
☆ ANAグループ機内誌『翼の王国』(2011年2月)p. 115

057_375x500.jpg


白村江の戦いや、遣唐使の舞台になった、深い森や岩に覆われた山のある対馬。
そういう目で見ると、月ちゃんがますますミステリアスに見えるから不思議。
まだ行ったことがないのですが、月ちゃんが来てからすごく興味がわいて、いつかナルトさんと3人で対馬に行くのが夢になっています。


********************


さて、そんな対馬から、私のいた福岡へとやってきた月ちゃん。
それが今度は、日本を越えて、太平洋を渡りサンフランシスコへ向かいます。


046_500x375.jpg


この距離がかわいそうだと思い、なかなかわんこを迎える決心がつかなかったのですが、縁あって月ちゃんはがんばってくれました。


渡米したのは1年と少し前、1月の終わり。
月ちゃん、推定5か月くらいです。
とにかく心配でしかたなかったので、準備だけは万端にと、暗いところでケージに月ちゃんを入れて揺らしてみたり、一人でケージでお留守番させたり。
どうやら、月ちゃん暗いのは全然平気なようでした。


さらに、空港でカートに乗せてぐるぐる歩き回るという練習は何度も。
その時もとってもおりこうさんだった月ちゃん。
ケージに入るとすぐに寝そべって、知らない人が「かわいい~」と指を入れたりしてもしっかり落ち着いてます。
普段の月ちゃんは、知らない人が手を出そうものなら猛ダッシュで逃げるのに...。


RIMG0893_500x375.jpg

狂犬病の注射のために行った獣医さんで、月ちゃんは保護犬で、これから渡米するという話をしたところ、「まあ、シンデレラ...」と泣き出したお隣に座っていた女性。保護犬を預かる活動をしているそうで、このラブちゃんもそうなんだそう。


ケージの中の月ちゃんを観察してると、すでに「ここに入っていれば大丈夫」と思っているみたいです。
こういう性質、先代犬パフィーにはなかったので(←ケージだいっきらい[あせあせ(飛び散る汗)])、びっくりするとともに、素晴らしいわんこをよこしてくれたパフィーに感謝。


RIMG2343_500x375.jpg


さらに、この空港での練習の間に、わんこをいつも飛行機に乗せているという方にたくさん会って、ちょっと勇気づけられました。
あれ、私ってやっぱり神経質なのね... わんこのことに関しては、ですが。


そしていよいよ、当日の朝です。キンチョーして眠れなかった私[あせあせ(飛び散る汗)]
続きはまた明日~。...かな。

いつでも里親募集中

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティッ
クケアへ
にほんブログ村
参加しています
nice!(59)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
月ちゃん、San Francisco へ ブログトップ

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。