So-net無料ブログ作成
検索選択

忘れられないこと [犬・猫のナチュラルケア]

さて、博多のデパートや佐賀のイベントなど、載せたい写真・書きたいことがあるのですが...

今月のパフィーズのニュースレターに合わせて、どうしても書いておきたいことがありまして。

で、今日はあえてテキストが主な内容です。



昔からこのブログを見ていてくださっている方には同じ話になってしまいます。

この時期になると毎年思い出すこと...

それは、肝臓の腫瘍をハーブのサプリで乗り越え、今度は心臓の問題(僧帽弁閉鎖不全症と言われていました)に悩んでいたころ。

私が中国へ出張中に、母から電話がかかってきて「パフィーが吐いちゃった」とのこと。

今でもその広州のホテルの部屋の、茶色いベッドカバーと、同僚の「大丈夫?どうしたの?」というサポートを覚えています。


Mari EIA Trip - Japan and China 2003 014 (Copy).jpg

ゾウの保護キャンペーンの一環で、象牙の市場調査によく行っていた広州。



心臓のことがあったので、頭が一瞬真っ白に。

最近は調子も良かったのにと思っていろいろ聞いているうちにわかったのが...

老齢になってからは止めていた、ノミダニ駆除薬を適用した、ということでした。

「獣医さんが、しておきましょうかね、と言ったから」。

何も知らない(知ろうとしない、というべきか。。。[もうやだ~(悲しい顔)])母は、「だってダニがついてたんだもの」。

あれだけ、ノミダニ駆除薬はしないでね、と念を押していたのに... と思ったものの、留守を頼んで仕事に出ていたという罪悪感もあり。

帰国してすぐに獣医さんで、心臓のせいなのかどうか、理由は何かだけを教えてほしくて聞いたところ、「〇〇(このノミダニ駆除薬)で具合が悪くなることは、100%ありません」。

その返事を聞いただけで、「これは、獣医さんを変えなくてはならない」、と思いました。

それは、その獣医さんへの怒りとかそういうことではなく(現にとても真摯な先生でした)、もっと生き物の体を「わからない」「予測できない」というスタンスに立って考えることがその時のパフィーには必要だったからです。

それは、獣医学の知識はなくとも、環境学(実際には環境条約ですが)に携わって46億年の地球のすごさについて学んできた経験から、「環境=自然=生きもの」について、人間は100%どころかわかっていないことの方が多い、と考えていたからです(現に、生態学など環境学の分野では、そう言われています。多くの場合それは、「予防原則」という国際条約の概念で表現されます。)。

私は「獣医さんが何と言おうと、虫を殺せる薬品を、心臓が弱っている動物に適用するのがいいはずはない」という自分の直観を信じたわけですが...

製薬会社で研究員をしていた Mike さんが、「環境=自然=生きもの」について、人間は100%どころかわかっていないことの方が多い、という私の直観を、科学的な裏付けを持って同意するではありませんか。

そして明日配信予定のパフィーズのニュースレターにある情報で、私の直観が間違っていなかった(らしい)ことがわかりました。


IMG_3953 (Copy).jpg


米国政府、オーストラリア政府の調査で、やはりこうした薬品には adverse effect (有害な影響)についての報告があった、とされています。

読むにつけ、怖いことが多いのですが... そこにある通り、「嘔吐」はよくある有害な影響の一つ、なんだそうです。

これを読んだ時、なんとも言えない気持ちになりました。



その経験から。

健康な、病気を持っていない、他には薬品を投与していないコはともかく、シニア、病気持ち、薬を服用の子、などは、ぜひ控える手立てを考えてあげてください。

その相談に乗ってくれる獣医さんこそが、本当にペットを一緒に守れる獣医さんです。

私はこの時期、アスタミアの増量と、ガーリックペーストで乗り切ります。

本当の病気になった時、月ちゃんの、三ちゃんの内臓には活躍してもらわなくてはならないからです。

普段から、バウンシーでデトックスしていらないものはできるだけ排出、そしてアスタミアで健康な&虫の嫌がる体作り(月ちゃん)、アスタミアを振りかけて虫よけ(三ちゃん)(← これは偶然月ちゃんと耶馬渓でこの方法を再発見して以来試していることですが)。

「何が一番いいか」の答えは、どうやっても出ないけど、「何が一番いいと思って自分が行動したか」は後からでも確認できます。

後悔しない、素敵なオーガニックライフを、みなさんの愛するペットと送ってほしい。

心からそう思っています。



Japan-July-August-2003-049-768x1024 (Copy).jpg


パフィーズHP新しくしました!(いただいたお写真は随時アップです)。
ニュースレターの登録はこのトップページを一番下までスクロール。

IMGP5838(rev) (Copy).jpg




nice!(319)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

あっという間 [オーガニック]

なんだか知らないうちに、すでにGWも終盤です。

何をしたかな?と思うと、前半はほぼ通常勤務、後半は一日だけ学生の頃の親友と、月ちゃんを連れ新緑探索。

IMG_3710.JPG


インスタには人物、つまり私も入ってた方がよい、と写真を撮ってくれた彼女。

さすがウェブデザイナーw

そんなこんなで、一日中一緒でも話は尽きず疲れない。

うちの両親もよく知っているので実家にも寄って家族ぐるみでほっこりしました。

母が庭の野菜でもてなしてくれ、テラスでランチ。


IMG_3753.JPG




実は前々日には、誕生日祝いにとディナーにも連れて行ってくれてた彼女。



IMG_3582.JPG




古民家を改造した隠れ家イタリアンは、それはそれは深いお味でした。

いつもありがとう♡



そして春と言えば、私のだーいすきな、苦い山菜たち。


IMG_3740.JPG





98224CF3-9937-4831-BA49-C708FEDED6BE.jpg



右上はさんちゃんの。

ベニソン、クスクス、青のりとバウンシー。

月ちゃんのは残ったスパゲティとベニソン、そしてアスタミアのローミートボール。


しかしとにかく気になる虫の季節ですね。


IMG_3715.JPG




私はこの時期、ガーリックを増量するためせっせとガーリック入りのペースト作り。

バジルとか、オリーブオイルを混ぜると月ちゃんが「ペッ」としません。



アスタミアの良いところは、ちゃんとバランスが取れるよう配合が研究されている点です。

1つとか2つのスーパーフードだとスーパーなだけに特に犬には強烈になり偏りがちです。

以前、カリフォルニアで、犬には蜂蜜はあげないようにと蜂蜜農家さんから言われたことがあり(時々あげてますが)、やっぱり使い方は気をつけてあげたほうがよさそうだなと思ったことがあります。

Mike さんによればアスタミアのハーブのそれぞれの相乗効果は計り知れないそうw


IMG_3608.JPG




ただ、実はまた。

今回も、アスタミアの材料が、なかなか揃いません。

中国でもスーパーフード人気があり、アユールベーダーのインドもそう。どちらも人口、富裕層ともに増えてますもんね。。。

私たちの場合、オーガニックで産地もより安全な地域を限定しているため、今の時点で半年待っていますがまだなんだそうです。。。

と、いうわけで、もしかしてもしかしたら、今の贅沢版はこの先難しくなるのかも。

でもこのバランスが大切、というMikeさん。

そして品質にも産地にもこだわりたい。

というわけで、やっぱりやるからには最高のものを作りたい!

最善を尽くしますので、待っていてくださいね。


私の instagram ↓

ins_icon.gif

パフィーズの instagram ↓

35980-O0G8Y9(rev) (Copy).jpg

IMGP5838(rev) (Copy).jpg




景色&虫(!) [月ちゃんのこと]

さて、前回の続きです。

大分県の耶馬渓というところ。

奇岩とオオサンショウウオで有名な、新緑が有名な場所です。


RIMG0181 (Copy).jpg


岩のトンネルをくぐる月ちゃん♡

途中、撮影もこなし... (しかしなぜか私が撮影しようとするとすぐに雲が出ます...)


RIMG0192 (Copy).jpg


とにかく虫の季節、どうやってペットを殺虫剤から守るか

先日は近くのマンションの花壇に「〇コロリ」をふりかけている整備員さんを見かけ、時々月ちゃんがそこをクンクンしたがるので目撃してよかった[exclamation]と思いました。

私たちが知らないうちに、より土に近いペットには特に、殺虫剤や薬品が体内に入って来てしまっています。

日常的に殺虫剤はふんだんに使用されていて... それに加えて消臭剤、芳香剤、抗菌剤の大量使用。

そのうえペット達にはこの季節、ワクチン注射、ノミダニ駆除薬、そしてフィラリア駆除薬と、ものすごい量の薬品が直接体内に投入されています。

と、いうわけで、薬物の「引き算」をしっかりしないと、体の処理できる薬物の量は簡単に超えてしまいます。

処理できない薬物や老廃物を抱え、肝臓や腎臓には負担がかかり、皮膚にそれが現れるのが、アレルギーのメカニズムだという説もあり(Dr. Pitcairn というアメリカで有名な獣医さんの説)。

パフィーズでは、特にシニアの子には薬品の量をできるだけ控える方法を獣医さんと相談してください、とお願いしています。



虫には虫の事情があり、自然の営みでもあるのですが....


RIMG0178 (Copy).jpg
野性動物のフン(すみません[あせあせ(飛び散る汗)])を転がしている虫を途中で観察。


「ポチッ」とするのは簡単ですが、その個体が摂取する薬品の総量やその子の臓器の状態を考えないまま使うことは、ペットの健康状態に大きな影響を及ぼす、と Mike さんとワタシは考えています。

なので月ちゃん家ではアスタミアで虫の嫌いな体作り

今から始めれば、本格的なノミ・ダニ大爆発に備えられます(秋はもっとすごいですけど...)。

よく、「他にはなにをあげたらいいでしょうか?」と聞かれますが、健康寿命を保つのに「何かを足す」ことと同じくらい「引き算」は重要です[exclamation]



と、話がそれましたが、月ちゃんと獣道を登っている写真 ↓


RIMG0220 (Copy).jpg


15分くらいの道ですが、険しいのなんの。

「もうこれでこの道はおしまいだと思うよ...」と言ってみたのですがw 「まだまだ」と突き進む月ちゃん。

ついて行くと、本当に、簡単ですがビューポイントがありました[ぴかぴか(新しい)]



RIMG0230 (Copy).jpg



見てください!この「気」の入りかたを!w


RIMG0231 (Copy).jpg


土地の持つパワーって、やっぱりあるなあと私は最近とくに敏感に感じます。

いわゆる少しワイルドな、ミステリーの残る土地というのは、人にも、動物にも、力(それを「気」と表現しましたが)を与えてくれると感じるのです。

これは気功を習い始めてから気づくようになったのですが、健康管理の一つとして、私は月ちゃん(や三ちゃんも時々)をそういうところへ連れて行きます。


で、帰りに初めて寄ってみた、小さな城下町。

レトロな建物が並ぶ通りで、パチリ。


RIMG0258 (Copy).jpg


中も素敵みたいだったけど、月ちゃんとは入れそうになかったので写真だけ。

母に教えてあげたら、「あ、知ってる!この前行った!」。

血は争えないなあw

とっても小さな城下町で、町おこしを素敵にがんばっています。


RIMG0262 (Copy).jpg


ちょっとさびれた感じとか、ワイルドな自然が好きな人は、GW、ここもお勧めですよ♡



旧いものをどんどん壊していく文化から、大切に使い富を蓄積するヨーロッパのような文化に、早く移行したいものです。

世界情勢も、地域情勢(先日月ちゃんの住む福岡市で現金強奪事件が!)も、とにかく不穏な今日この頃。

でも足元から、なのかなあと思います。

そういう意味で、ペットというのは本当にありがたい存在でもあり、どんなにテクノロジーが進んだとしても、決してAIには取って代わられない、本当はすごい存在なのだと思います。


IMGP5733 (Copy).jpg



お知らせ

[かわいい]明日のセミナー、1時からが2時からに変更になってます。詳しくはこちらです。人数少ないので当日の飛び込みOK、好きなことを何でも聞いてもらう座談会式でやろうに考えてます♡

[かわいい]5月7日は、佐賀のToo-Ticki で行われるメイデイのイベントで、対面販売しています。


私の instagram ↓

ins_icon.gif

パフィーズの instagram ↓

35980-O0G8Y9(rev) (Copy).jpg

IMGP5838(rev) (Copy).jpg




nice!(353)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。