So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

犬と暮らすこと [ANIMAL WELFARE]

ゴールデンウィークもとうとう終わってしまいましたね。

とはいえ、月ちゃん家は前半はずっと仕事(なので私はちょっとはみだしGWになります)後半天気が良くなってからも、リチャージの日々と決め、ひたすら家にいました(笑)。

GWの少し前が、私たちが日本へ来た記念日でしたので、ちょっと振り返って写真を眺めたり。


懐かしの、ベイエリアの家の窓からの風景。


035 (Copy).JPG


各所に小さなプールがあったという、今考えたらとっても贅沢な部屋でした。

Mike さんが月ちゃんと私のために探してくれたところ。

裏庭(というには贅沢な広さ)でターキーを追いかけたり、コヨーテに遭遇したり(!)、たくさんの楽しい思い出があります。


059 (Copy).JPG


このころは私も出張以外の時はスケジュールがゆっくりだったから、月ちゃんのおやつまでつくったりしていたのを、写真を見て思い出しました!


085 (Copy).JPG


ふーんわり、幸せな時間。

そういう暮らしをしようと思って広いキッチンと庭のある場所へ引っ越したというのに、忙しい日々を過ごしているのはなぜなのだろう、と反省。

そして引っ越しの朝。

一番最後の荷物は...


036 (Copy).JPG


月ちゃんのベッド(笑)。

荷物を借りてきたトラックに詰め(少なかった)、「さ、月ちゃんは?」と家に入ってこれを見た時、笑ってしまうと同時に、家とのお別れが切なくなりました。



こうして写真を見ると、月ちゃんは本当にずーっと変わらないでいてくれるなあと思います。

この様々なヘンな癖(ベッドが好き、掘るのが好き、寝坊が好き、などなどなど)も、引き取ったころ(5か月くらいかと思われます)と全く変わらない。

犬や猫の、そういう「変わらない」本質的なもの、そして自然にふるまっているところに、人間はほっとし、それを求めるという面があるのだろうな、と思います。


で、荷物の一部を Mike さんの友人へ預け(倉庫に預かってくれています)いざ、サンフランシスコ空港へ。


038 (Copy).JPG


これからどんなことになるのか... って思っているのかな?

でも月ちゃんは一度、日本―サンフランシスコのフライトを経験し、一度もキャンキャン言うこともなく、ケロリとやりおおせていました。

とは言え、やっぱり心配ではありました。


でも、この堂々とした歩き!


048 (Copy).JPG


飛行機に乗る犬なら歩いてもよいので(この辺、海外はおおらかです)、さっそうと空港を歩く月ちゃんは注目の的でした。

でも月ちゃんを載せるのはやっぱり丁寧な日本の航空会社にしました。


055 (Copy).JPG


「ファーストクラス」。

だったらよかったね(笑)。

実際には月ちゃんは、自分のクレートに入り、貨物と同じところにいなくてはいけません。

1か月くらい前からそのトレーニングもやってるし、私は一度フライトを一緒にやったので、「月ちゃんはだいじょうぶ」というのはありましたが。

Mike さんは初めてだったため、かなり神経衰弱に(笑)。

ぎりぎりまで外で一緒にいて、「月ちゃん、ハウス」というと、ちゃーんとすぐに入ってくれた月ちゃん。


165 (Copy).JPG


なんといい子(涙)。

「また、あれだな」とわかっているような、そんな気がしました。

それで、「月ちゃん、日本で会おうね。お昼寝しててね」と声をかけ、もう一頭いっしょのフライトであったラブちゃんのクレートの横でおとなしく待機してました。

姿も見えなくても、このラブちゃんもいてくれたことに、私たちはとても感謝。


もちろんこうして今一緒にいるので、月ちゃんは何事もなく無事に到着。

ケージを開けても、そそうの後もなく、出てきたらとても喜んで再会してくれましたが、ケロッとしてました。

そういうところ、この子はとても強いなーと、ずっと思っています。

その強さに助けられて、今日まで来たかも。

月ちゃんにはいつも、感謝の気持ちでいっぱいです。



そして... 前回同様ですが、ここから小難しくなるため(笑)、楽しく終わりたい方はどうぞご退出ください。

犬猫たちが私たちの人生にもたらしてくれる素晴らしい「贈り物」に、私たちはちゃんと報いているか?

多くのケースでは、本当に残念ながらまだまだ、という話を前回しました。

で、このGWは、初心に帰って研究時代の本を引っ張り出し、犬を含めた動物と人間との関係について考えてみました。

とはいえ、まだそれほどまとまらないので、徐々に徐々に、メモっている程度です。

ひとつ面白いなと思った点は、ペットというのは資本主義の経済において彼らそのものの行動には「生産性」は全くない、という指摘。

それが理由の一つとなり、ペットと人間の関係というのは、真剣に学問的に議論されることはほとんどない、というのです。

たしかに。

本来、これだけペットが増えている社会においてはもっともっと哲学的あるいは心理学的あるいは社会科学的な議論だけでもあってよいと思い、私はそれが許される場合にはかなり自分の研究にもそういう要素を盛り込んでいます。

が、たいてい、(特に男性の)反応は、「ペットねぇ...(そんな場合じゃないんだよ OR 自分には関係ない、というのが暗示される言い方です(笑)」。

しかし、私はずっと以前からそう思っていて、今回引っ張り出してきた本の一つにも、やはりペットというのは自然界の中にいる人間以外の生物で一番人間に近く、しかも野生でも生きることもできるという意味で、人間との関係に多くの学ぶ要素が入っているというようなことが書いてありました。

とにかく、ちょうどタイムリーなことに、また More Than Us (パフィーズのチャリティプロジェクト)でイベントをやることになりました。

今回は、ボランティアメンバーでトレーナーである Misaki さんの地元、長崎市!

すでにお申し込みもかなりあるようで、まだ宣伝前なのに、さすがです。

トレーニングセッションを中心にしながら、人間と動物との関係について考えていただくイベント。

ご興味ある方は、パフィーズまでお申し込みください♡

-----------------------------
犬とのフェアな関係ってなあに?
〜犬のこと、動物のこと、もっと知りたい〜

主催 ボランティアグループ More Than Us
協賛 パフィーズナチュラルライフ(株)

日時: 6月23日(日) 11:00から1時間半程度
場所: ドッキャイスタ室内ドッグラン
参加費: 1家族1,000円(人のみ 500円) 犬は基本1匹で2匹以上要相談
入場料: 1家族1,000円(人のみ500円)
持ってくるもの: クレート(バッグ・マットも可)、首輪、リード、オヤツ
注意点: 犬は、トーク時には、飼い主さんの横でクレート等で待てること。

イベントの内容
・トレーニングレッスン: (アイコンタクトを取る!)
・トーク: 動物と人間の関わりについて 動物とのよりフェアな関係

nice!(236)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

月ちゃん家の春(と私のつぶやき)

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

すっかり春... というより、すでに梅雨を思わせる気候の月ちゃん地方です(ほかのところも、蒸し暑いでしょうか?)。

しかし今日の写真は、春のはじめ、さわやかだったころのもの。


IMGP9748 (Copy).JPG


この時期からしっかり虫よけづくりの準備をしていた月ちゃんと私。

毎年、わんこに注入される薬剤が増えるこの時期、できるだけ必要ないものは使わない、をずーっとモットーに、ノミダニ除けはアスタミアです。(分量を2倍程度増やします)


春は三ちゃんもそわそわ。

お外に出たいという甘えた声がよく聞こえるので、ハーネス付きでお庭タイム。


IMGP9768 (Copy).JPG


猫ちゃんを自由にさせないのはやっぱり酷なことなのか、と悩むこともありますが、三ちゃんの場合は庭である程度過ごすと家に帰りたがるので、助かっています。


IMGP9771 (Copy).JPG


庭にいる時は、お互いをよく確認しあってる二頭。

家の中では三ちゃんにほぼ無関心な月ちゃんが、必ず三ちゃんをチェックしに来ます。

そして、さわやかな時期の一番の楽しみは、これ ↓


IMGP0403 (Copy).JPG


庭での食事。

この日は Mike さんが「ファラフェル」という中近東のメニューを作ってくれました。


そして、すっかりお気に入りとなった久住のレストランにも行ったなぁ...


IMGP0133 (Copy).JPG


なんとなく、時々無性に「本当に美味しいもの」が食べたくなる今日この頃。

私の場合それは、材料からちゃんと作ったものでもとの食べ物の味がしっかりわかるもの。

そしてやっぱり雰囲気が良いところだと、100%楽しめるかなあ。


IMGP0169 (Copy).JPG


ここはまあ、山に囲まれているという点からして、すでに贅沢です。


そして、ほんとう~に忙しかった3月でしたが、もちろんガールズのごはんは手抜きできないため。


IMGP9948 (Copy).JPG


パフィーズの「手作り食キット」が大活躍。

本当は乾燥野菜でなくもちろん新鮮な野菜がベストですが、乾燥させると増す成分もあったりするのが自然の不思議さ。

とにかく、このキットにお肉・お魚を混ぜ、少し煮て、サプリをかければ完成 & ヘルシー、というのは、この時期助かりました。


IMGP9935 (Copy).JPG


今は春バージョンの、フェンネルとキャベツのあま~い香り。

月ちゃんも「フェンネルどうかな」と思いましたが、大好きみたいです。

実は私もこれをミネストローネに入れたりと、借りております(笑)。


月ちゃんのごはんを紹介することが多いですが(バラエティがあるので)、三ちゃんのごはんも紹介 ↓


IMGP9977 (Copy).JPG


これは共通メニューでよく作りますが、キノア(手作りキットでもOK!) を下に敷き、お魚を載せ、お水を半分くらいかぶるまで入れまして...

時にはサービスで(笑)パン粉 + パセリなどハーブ + ココナツオイルやオリーブオイルを魚の水がかぶってない部分にかけます。

で、オーブンインして20分くらい(私は余熱なしでやります)。

これは月ちゃんも三ちゃんも大好きなメニュー。

人間も、キノアでなく茹でたポテトなどに変えて一緒に焼くときもあります。

この下に、いわゆる「小難しく」ネガティブな話が入ってます、さわやかに終わられたい方はどうぞここでご退出ください(笑)。読みたいと思ってくださる方は、下の方までスクロールしてください ↓



私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg



************************

実は、前回書いていた国内最大のペットのイベント、インターペットに出展すべく、ほんとう~にみんながんばったというのに、私は初日から2日間、動けなくなりホテルで休んでいたという失態を。

これまで少々体調が悪かったり嫌なこと/・つらいことがあっても、仕事に穴をあけたことはなかったのです。

一つはやっぱり無理をしすぎたことはあるのですが...

もう一つは、インターペットの雰囲気に「あてられた」というのが正しいでしょうか。

なんというか、俗にいう「憑りつかれた」というのはこういう感じかなあと激しい頭痛の中で思いました。

つまり、犬や猫との暮らしを楽しくするお手伝いを、というスピリットよりも、「ザ・お金儲け!」という雰囲気が圧倒的のように、私には感じられたのでした。

まあこのあたりは、ビジネスである以上、そして購入するのが本犬・本猫でなく人間である以上、ある程度は仕方のないこと、と割り切っていたつもりでした。

何か実際だれかが言ってたことを聞いたとか、そういうのではないので、私の勝手な解釈なのかもしれません。

「そんなことでどうする!しっかりしなさい」というお叱りもあるかもしれません。

でも私(と Mike さん)は、ワンニャンも、その子たちと一緒に暮らしている方も、そしてビジネスとしてのパフィーズも、みんな Win-Win である姿を目指していく、そういうスタイルです。

そしてそういう姿勢に対してそれこそ「理想はいいけどね、小難しいこと考えてると売れないよ、売ってこそなんぼのものでしょ?」と言われることも、実はないわけではありません(というかしょっちゅうあるかも(笑))。


実はこれ、環境の方の仕事でもずっと感じていた違和感。

「理想と現実は違う」「市場経済の中で動いていけないなら意味がない」「だから正論ばかりの環境保護論者はもういらない」というようなことを、言われる、あるいは言われなくてもそう思われているな、と感じることがこのところぐーっと増えてきました。

以前はそれにぶち当たっても、逆に反抗心が芽生えるくらいのガッツと気力があったと思うのですが(こうしてずっとそういう仕事をしているということは)...

今は、その声が大きく、そして情報過多が最大の理由かもしれませんが、いろんなことの背景や影響を本当に理解しない・しようとしない人達が増えてきたような気がするのです。

つまり、以前の私は「情報を知れば自分で判断して動いてくれる人が増えるだろう」と思うことができていたのが、今は、(おそらく自分も含め)多くの人は面倒な話は聞きたくないと思っているのだなあと、ちょっと思ってしまっているということかもしれません。

いわゆるトランプ・Brexit 現象なのでしょうが、Mike さんとか私みたいな、いわゆる「こむずかしいことを色々考えたり言ったりしてる」と思われるタイプの人への風当たり(という言葉はちょっとピンとこないのですが)は、強くなったと思います。

つまり、トランプで言えばプロの政治家やアナリストはもういらない、Brexit で言えばリベラルな理想を追い求めるEUにはもうついて行かない、そういうことなのだなあと、ヘンな話ですがインターペットでそれがよくわかりました。

まあ、ペット業界はおそらくもともと、理想を求めてうんぬん、という雰囲気はなかったのでしょうし、そこに、「なんか変わり種が入ってきた」という風に見られることは、ある意味、私たちにとって一つ別のステージに来た、ということなのかもしれません。

なんというか、特に Mike さんに対して、説教する人の多いこと(笑)。

「真面目だよねー」というようなことをよく言われていますが、それを説教されるとは。

夏目漱石ではないですが、「真面目は大切」です(笑)。



そして、もう一点、今更ですが気づいたことがありまして。

よく、「犬にお洋服を着せる輩(やから)」というような表現がされ、明らかにそういう人たちを歓迎しない(あるいは軽蔑する)コメントを聞きます。

「寒がるから私も月ちゃんにお洋服着せてるけどなあ」と思ったりしていたのですが、そんなレベルの話でない、ということが、よーくわかりました。

ここには非常に深い二重三重の意味があると思うのですが、つまり、犬(や猫)を完全に「おもちゃ」とか「自分が〇〇するため(あるいは〇〇に見えるため)のツール」をしている、そういう印象が、上記の表現となっているのだろうなと。

犬(や猫)と暮らしている人というのは、彼らの健康とか精神の状態が健やかであること、これを最優先するのが当然だろう、とのんびり思っていたところがあったのだなあと、反省しました。

みんながみんな、そうではなかったのですね。

えーと、そういう人はたぶん、考えが変わらない限りはパフィーズのお客様になることはないでしょうから(笑)遠慮せずはっきり書いてしまいますと。

別にパフィーズのものを選んでいただかずともいいのですが、明らかに状態が悪いのに「うちは若いから/予算がないから」という反応である場合、その子の運命は暗たんとしています。

それがなんであれ、限られた予算を、自分にこれだけの楽しみを与えてくれるワン・ニャンの身体と精神の健康にとって必要なものに使わないというのは、まさに「自分の都合」しかないのです。

たとえば、「かわいい」と(自分が思っている)洋服を何十枚と買っていたり(犬のファスト・ファッション、どうにかしないとですね)、「オフ会」でランチする余裕はあるけど健康状態を改善するための予算はないとか。

いわゆる「チワワにお洋服着せる人たち」という表現は、犬の幸せ自体ではなく自己満足の投影を優先することを揶揄して批判するものであって、犬とか犬を連れて歩くこと自体を批判しているわけでは本来ないのだろうと思います。

でもそれが、犬や、犬と暮らす一定のグループの人のイメージを損ねていることは、あるだろうと思っています。

バイアスというのは、どうしてもかかってしまうものなので、そうでない、本当に二人六脚で(笑)「一緒に楽しもうね」という人だって、そういう風に見られているのだ、ということは、とても残念なことです。

まあそれは、我慢できるとして。

これだけ無償の愛情を持ってくれ、自分では何も選べない・動けない生きもの達が、彼らのニーズを汲むことができない人間と暮らさなくてはならないこと。

そもそもまだ、インターペットに一緒にお出かけできるお家の子たちは、幸せなうちにもちろん入るでしょう。

ブリーダー崩壊などでよく聞く、「一度もお散歩に出たことがない」子だって、ものすごくいっぱいいるのです。

そう思うと、以前、研究者の先輩が言っていた、「犬(猫)と暮らすことは彼らにとって本当に幸せでしょうか?」という質問が、私の頭をぐるぐるとまわってしまいます。

今の私に言えるたった一つのことは、せめて、意図的にそんな命を増やす行為は、もうやめましょう、そして保護犬(猫)が一頭もいなくなって人間が犬と暮らせないという時が視野に入ったら、そこからルールを考えたい、ということかなあ...

長くなりすみません。読んでくださった方には、お礼を申し上げます。




nice!(248)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

インターペット 2019 [Organic]

そろそろ本格的に春ですね。

月ちゃん地方、桜は咲き始めで、今が一番わくわくする時。

だけど、一番の盛りは、昨年と同じく見られない予感です。

なぜなら、今年は「インターペット」という、国内最大のペット用品の展示会に、はじめての出展をするからです!


IMG_3266 (Copy).JPG


準備がたーくさんあり、3月に入ってからのパフィーズは大忙しです。

委託工場というスタイルから、すべて自分たちで品質管理をしようと決めて以来、今のパフィーズの商品は完全ハンドメイドなので、それはもう大変なことに。

見ていると、スタッフみんな遅くまでがんばってくれています。

新しいリーフレット、プロのデザイナーさんにすべてをお願いしましたが、やっぱり違いますね。


IMG_2977 (Copy).jpg


おかげで、「おしゃれだけど親しみが持てる」というスタッフの評どおり、素敵なリーフレットが出来ました。

いろいろと迷いましたが、中に入れる写真はやはりリアルなアイコンを優先し、月ちゃん&三ちゃんのコンビ。

ペット用品を製造したり販売しているところでよく、「うちは犬を飼ってません」というところがありますが、私たちの場合は私たち個人のニーズから始まってますので(笑)。

私たちのお客様はきっと「自分の犬や猫にあげたいもの」をつくっている、自分の犬や猫と「こんなくらしがしたい」という私たちの気持ちに共感いただいていると思います。

そんな気持ちをつづったりしている、会社情報のリーフレットも、新しく作成していただきました(会場で見ていただけます)↓


8BEE6C5F-B74A-418B-8D2A-105E4DD3E51D (Copy).JPG


そのほか、新しい商品の開発と製造も。

バウンシープレミアムだけを入れた、デトックスビスケット↓


IMG_3122 (Copy).jpg


手作り食キット、フェンネルとキャベツを入れた春のバージョン。


IMG_2962 (Copy).jpg


そして、一番大きな変化といえば、プラスチックボトルの全廃!→ アスタミア・バウンシーのレギュラーが、「ベーシック」として生まれ変わったこと。


IMG_3118 (Copy).jpg



そして、スローなコラボ商品であるフードボウルはすでに定着してきましたが、新たなコラボ商品!


IMG_3200 (Copy).jpg


ヨーロピアンヴィンテージのアレンジが得意なデザイナーさんが月ちゃんにインスピレーションを感じて立ち上げてくれた、"enveloppe"(アンヴェロッぺ)というブランド!

大切なものをそっと包む、という願いが込められた、素敵なネーミングです。


IMG_3234 (Copy).jpg


こちらはスプリング/レインコート。

詳しくはパフィーズのインスタ&FBに載せていますが、「犬の服」という概念がまったく抜け落ちている贅沢さ。

でもとっても機能的で、本当に、私はずっとこういうワンのものを日本で探していたのですが、なかなかないので仕事で海外に行ったときに調達することが多かったのです。

こういう、高級感があり、シックで機能的な服って、どんなワンも引き立ててくれると思います。

なのですでに月ちゃんのものは1枚、予約してしまいました(笑)。



そして~!

これらもろもろに関する手配を一気に引き受けさらに箱詰めするという作業は、パフィーズのスーパーウーマン Kanako さんが、「楽しいですねー!」とテキパキやってくれました。

自分たちで印刷をする膨大なあれこれも、すべて Kanako さんです。


IMG_3260 (Copy).jpg


そしてもう一人のスーパーウーマン、Mina さんは、SNSやNL全般、そしてパソコンを使ういろんな作業をものすごいスピードでやってくれますので、私はほんとう~に楽になりました。

なので、Mina さんには申し訳ないけど、写真を撮ったり選んだり、たまにテキストを考えるだけでよくなったSNS。私が全部やってると思われがちなんですが、違うのですよ~!

そして、おかげで、写真や色を決めたりという楽しいことだけをさせてもらったリーフレットやポスター ↓


IMG_3062 (Copy).PNG


このポスターを、ブースの左右の両壁に、一枚ずつ貼りますが、ものすごい大きさ!

でもプロのデザイナーさんが、この大きさでよいというのですから、間違いないのでしょう。

で、スタッフががんばってくれるおかげで、月ちゃんや三ちゃんとクオリティの高い時間を過ごすことも、よりできるようになりました。


IMG_3019 (Copy).jpg


そして、今回も、ちょこまかとしたお役立ち品を選ぶのを手伝ってくれた実家の父に感謝。


IMG_3321 (Copy).jpg


月ちゃんが大すきな父のところへ寄ったついでの、素敵なお花屋さん。

みなさまをお迎えする準備がやっと完成に近づきつつあります。


Screenshot 2019-03-03 09.37.01.png



私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg


nice!(267)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | -

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。