So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年06月 | 2018年07月 |- ブログトップ

More Than Us 自分たち以上を考える [SDGs・サステナビリティ]

西日本を中心とした豪雨でまたとても大きな被害が出てしまいました。

本当はブログを書いているのもはばかられるのですが、亡くなられた方々に深くお悔やみ申し上げるとともに、一刻も早いみなさんの救助をお祈りします。

避難されている方々は、この暑い中どうしていらっしゃるだろうと思い、日常生活を普通に続けることが心苦しい限りです。

本当に微力ながら、募金クリックを設置しました。パフィーズでおつきあいのある小売店さんが中心となっている岡山県での活動を支援させていただきます(http://www.japan.puffysnaturallife.com/)。



そんな中、やはり「助け合い」精神も生きていることにほっとしたりもします。

そしてその枠を動物に広げている人から、サポートの依頼がきました。

「ネコは迷惑」系の流れをなんとか変えたいと、ずっと地道に活動されている So-net マリエさんです。

一度は長野へおじゃましてボランティア講演をさせていただいたこともあり、またパフィーズのサプリを譲渡会で販売して活動費にあてていただいている、よい関係を続けさせていただいているマリエさん。

急きょ、More Than Us (ボランティア活動グループ)としてメッセージを作成しました。

(以下に紹介していなのでます)



tsukiandsan (Copy).jpg


カレンダーにも使わせていただいた、井上さんがボランティアで描いてくださった月ちゃん・三ちゃんがモデルのイラスト。More Than Us の資料にも使わせていただくことを快く許していただきました。

これとは別に、それなりの面積がある庭のある場所に住んでいると、つくづく思うことがあります。

それは、私たちの「常識」的なものがいかに地球環境にダメージを与えるか、ということです。

これはおそらく、今回の豪雨において治山工事をやたらとしていた場所で土砂災害が多かったことや、抗生物質の効かない菌の台頭や、アレルギーの蔓延などにも関係する「態度」ではないかと最近つくづく考えています。

例えば、蜘蛛の巣というのは実は虫をキャッチしてくれる大切な役割を果たしているわけですが、ガーデニング用品なる棚へいくと、蜘蛛や蟻(同じく「益虫」)の殺虫剤が並んでいたり。

トカゲやヤモリも、ムカデなど人間にとってうれしくない虫を食べてくれる生きものたちですが、意味もなく嫌われていることも。

私たちは、月ちゃん・三ちゃんが庭に出て自由に動いていいように、いわゆる「観賞用」の植物はミニマムにしています。

その代わり雑草をうまくコントロールして、好きな雑草でグランドカバーをしようという試みです。

セイタカアワダチソウなど背の高くなるものは見つけたら抜く、こまめに(気分転換には最適です)雑草を短く切っておく、そして好きな雑草があればそれがはびこるよう、周りの雑草を抜いてあげる、というやり方です。

今のところはまだ、手に負えなくはなっていません。

さて、どうなるか。

でも、丸々と太ったトカゲたちや、ひっそりを巣を張っている蜘蛛を見ると実にいろんな種類がいて、それぞれに好む場所が違うようです。

そして、彼らが庭仕事をしてくれると思った最大の例が、「カイガラムシ」のついてしまった観葉植物を庭に出しておいたら、すっかりきれいになっていたこと。

テントウムシの幼虫はちょっと見かけが気持ち悪いので誤解され排除される恐れがありますが、本で見ていたのでそのままにしておいたのですが、どうも、彼らが食べてくれたようです。

今のところは「害虫」系を見ていないので、さてそれが発生した時どうするか。ドキドキです。

これは、「表面の土を全部新しく”きれいな”土に入れ替える」というガーデン業者さんによくある意見に対する、私たちの挑戦でもあります。

地球って、そんなものではない。そう思った私たちはかなり何度も頑固にそれを拒否したわけですw

この話は、長くなるのでまた次回以降に。

------------- More Than Us の活動趣旨の紹介です ↓
morethanus (Copy).jpg
More Than Us とは…
地球上の人や生き物を大切にする社会の構築に貢献する普及啓発活動を行う小さなボランティアの集まりです。

活動の趣旨  国連持続可能開発目標(SDGs)は、2015年に合意された、人類共通の目標です。飢餓の撲滅・人権尊重・自然環境の回復など17の目標と169のターゲットからなるSDGsは、日本でも自治体や企業を始めすでに取組が進んでいます。特に、私達が身近などうぶつ達とどう向き合うかは、この精神の身近な例と言えます。「犬や猫(あるいは虫や「害獣」)は迷惑です」、と排除し切り捨てや隔離を推進するのではなく、この地球をどう他の生き物とシェアするかを考えなくては、地球に未来はもうありません。そして排除や切り捨てではない共存の姿勢が社会的弱者を尊重する動きとつながるように。More Than Usでは具体的にエシカル消費やアニマルウェルフェア(動物福祉)について理解を広げていくために、専門知識を活かした活動をしていきます。

代表メッセージ
今は、様々な環境や社会の問題に同じ方針で向き合うことが求められる時代です。食べるもの、着るもの、住むところ、私たちは生活のすべてを地球と他の人や生き物に依存しています。地球は人間だけのものではない、先進国の豊かな生活を途上国が支えるものでもない。SDGsが掲げる「誰も置き去りにしない社会」とは、動物を含めた弱者の搾取や排除ではなく、地球の人や生き物と、ともに生きる社会です。



今回は割愛となった(笑)月ちゃん・三ちゃんの日常 ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


プレミアムバージョン、Spring-Summer ブレンドです。猫ちゃんのサプリも新発売 ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg














nice!(214)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット

2018年06月 |2018年07月 |- ブログトップ

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。